復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

復縁したい人は自己改善をしなさいという言葉を信じて自分の悪い所を直そうとします。

自分の悪い所を直そうとし、悪い所を直せば復縁出来ると信じている訳ではないのですが、何かをしなければならないので「とりあえず」悪い所を改善しなければならない。という反省に「似た」様な事をします。

反省するのではなく、反省したフリ、反省したフリを反省しています。

自分は間違っていた。

そう思い込み、実際は何も変わっていないにしてもとりあえず復縁して欲しいという気持ちもあり、反省したフリを続けます。

しかし、反省したフリは自分が悪かったという事を認めておらず、自分が悪かったフリをすれば復縁してくれるよね?というある種復縁したい相手を騙そうとする様な姑息な手段であり、その姑息な手段に騙され、一度は復縁を考えてくれた相手と復縁した後は、反省したフリは所詮反省したフリなのでスグに別れが来てしまいます。

一度騙した形で復縁出来たとしても、また別れが来てしまうのは、騙された相手が「復縁したいって言ってた相手のはずなのに自分の事を騙すんだ…」と思うのですから自分に置き換えていただければ、もう一度やり直したいと思わない事に気付くのではないでしょうか?

復縁したい相手にしてみれば、自分は騙されたという認識を持ち、「本当に好きな人を騙すのか?」という疑問を持ちます。

復縁屋に相談する人の中には第三者の力を借りて復縁したくない…復縁工作に頼るのは気が引ける…と仰る人もいらっしゃいますが、復縁したい相手との仲を取り持とうという復縁工作と復縁したい人を騙してまで復縁する反省したフリのどちらが気が引けるのか?

正直疑問を感じます。

自分の力で何とかしたいんです。と言いながらも何が原因で別れに至ったのか?根本的な部分に気付いていない人の方が復縁工作に頼るのは気が引けます…と仰います。

復縁屋の立場からしてみれば、相手が自分と別れた原因について何も考えてもらえない状態で反省したフリをして誰かの力を借りたくない…という人とキチンと自分との関係を考え直し、反省した後に誰かの力を借りて仲直りする事はどちらを望むのか?答えは明らかです。

明らかな答えに対しても理解が出来なければ、復縁したい相手を騙してでも一時的な関係を取り戻したいという事と変わりません。

復縁屋を頼れという訳ではありませんが自分がやろうとしている事は正しい事なのかどうか?をもう一度考えていただければと思います。

復縁したいのか?それとも復縁したい相手を騙して瞬間的に関係を取り戻したいのか?

自分は反省したフリをしていないかどうかをもう一度自分自身で振り返っていただきたいと思います。

■⇒復縁したいので相談にのって下さい!!

■⇒復縁屋と友人への相談の違い