復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁したい人が復縁屋によく言う言葉の中に「付き合っている時に〇〇をしなければ良かった…と反省している」という言葉を使われます。

反省しているからそれを伝えれば復縁出来るかのように考える人もいるのですが、反省はそんなに簡単に出来るモノなのでしょうか?

反省は自分が反省したから反省というものではありません。

他人から「反省しているね」という言葉をもらって初めて反省になります

反省ボーズという言葉を聞いた事がある人は多いかと思いますが反省ボーズは本人が反省しています。という気持ちを態度で表した事を示します。

しかし、反省ボーズを見て、本当に反省しているな!!!と考えてくれる人は世の中に何人いるでしょう?

反省ボーズというのは自分は反省しています。という態度に表しているものですが、実際は反省していると捉えてくれる事はありません。

それと同様の反省をしているという方はとても多く、反省の態度をしていると自己満足の反省をしている人は大変多く、その反省は相手に伝わる事はありません。

自己満足の反省をしているので自分自身では反省した「つもり」になっています。

反省ボーズという形を取り、自分は反省した行動を起こした。行動で示したのに反省を汲み取ってもらえなければ「何故ここまでしたのに分かってくれない。」という更に自分の都合の良い解釈になってきます。

何故ここまで自分がしたのに分かってもらえない?という都合の良い考えは相手にとっては理解しようがありません。

自己満足で反省したという態度を示しているだけで、実際に反省しているのが分からなければ誰も反省しているね!という言葉を掛けてはくれません。

本人だけが反省したつもりになって、誰にも伝わっていない反省の態度を示した所で何の為の反省だか分からないという事になります。

そして本人だけが反省していると思い込んでいるものを復縁したい相手に見せたとしてもそれが復縁に繋がるはずもないのです。

反省というモノは「反省しています」という言葉で表すものではなく、態度で「反省しているな」と他人から察してもらうモノです。

他人から察してもらう為には、反省しました!と伝えれば察してくれるのではなく、反省しているかどうか?を態度を見て周囲の人が判断する事ですから、それには当然時間が掛かります。

間違った事をした時に「もう同じ事を二度としません。」という言葉を簡単に出す人はいますが、二度としません。と言った事を何度も繰り返してしまい、気付いていながらも気付かないフリをして相手を傷付けます。

相手を傷付けるという事は信用を失う事であり、信用を失った状態という事は信用を取り戻すまでに時間が掛かるという事です。

信用を取り戻すのには時間が掛かるにも関わらず、復縁したいと願う人は反省したからスグにでも会いたいという様にまたも自分勝手な行動に移ろうとします。

自分勝手な行動をすれば反省していると伝えられるどころか「全く反省していないな…」という事に繋がり、反省の態度を表す事は出来ません。

そして、そもそも反省の態度を表す事を自分から伝えようとする人が本当に反省しているのか怪しいという事も人は考えます。

そういった事からも別れの原因を考え、反省すればスグに復縁出来るという訳ではなく、反省はあくまでも反省で、それをしたからスグに復縁という訳ではありません。

ただし、別れの原因を顧みず、反省のないまま、自分の抱えている問題を見て見ぬふりをすれば復縁に繋がる事はありません。

復縁したい相手に限らず、他人は人を観察します

観察するという事は以前と今との変化を確認するという事です。自分が変わったと思うのであれば自分の変化を相手に見せなければなりませんが、見せたからと言ってスグに復縁に結びつけようと考えてはいけません。

そして本当に反省しているのか?反省したつもりではないのか?自分は変わったと思うのは自分だけではなく、他人から見ても変わったと思ってもらえているのか?

復縁を考えるなら自己満足で済ます様な反省をするのではなく、他人から見て変化のある自己改善を目指さなければなりません。

反省した時、本当に反省した人が取れる行動は何なのか?反省する前と反省した後では考え方が変わるはずです。

自己改善をして復縁を目指すのであれば頭の片隅に入れておいていただきたい事の一つになります。

■⇒地域に合った復縁屋

■⇒復縁の気持ちを伝える事