復縁を現実に 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル
復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。

大切な人に振られてしまった人は、復縁屋に助けて欲しいと、復縁したいと懇願してきます。

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにも日々数多くの方から復縁できますか?復縁の可能性はありますか?復縁したいと望む方からの相談をお受けしています。

一緒に住んでいる相手が、何の前触れもなく勝手に家を出て行ってしまった。と言う相談もあります。

と言うことは、この二人は同棲していることがうかがい知れます。同棲している相手が出て行ったという相談は結構あるんですよね。同棲していて、相手が出て行ったということはかなり深刻な事態だと考えてもおかしくありません。

復縁したい相手は同棲を解消するという決断をしたわけですから、それ相応の問題がお互いに生じていたのかもしれませんし、自らの意思で出て行くということは、相手が思い詰めるほどの嫌な想いをしていたのかも知れません。

結婚し子供がいて、子供の為にもう一度再婚するということはありますが、残念なことに、付き合っていて同棲解消後、復縁し再度同棲を始めたと言うことをあまり耳にしたことありません。

同棲が悪いことではありませんが、なぜ同棲に至るのか?同棲をするには過程があって、同棲の目的は何か?というのは人それぞれ相違はあるのですが、だいたい以下の点に集約されるんではないのでしょうか。人によっては複数の理由があるでしょう。当然、メリット、デメリットあります。
同棲のメリットしては、

結婚前提の為、この人と上手くやっていけるのか様子を見たい。

淋しいから一緒にいたい、一緒に生活を共有してみたい。

お金の節約、別々に済むのは経済的に勿体無い。

実家を離れたい。

同棲を求めるので仕方なく。

こうやってみてみると、同棲する理由として一応は納得できる理由ばかりだとは思うのですが、上記のいずれについても、確かに同棲すればその目的は達成できると思います。ですから、同棲にもちゃんとメリットはあるのです。

しかし、同棲にメリットがあるからといって、簡単に「同棲」というわけにはいかない方もいるんではないのでしょうか。それにもやはり理由が存在すると思います。距離感が近い事で、相手の嫌な所が見えいやになる可能性がでてくるのではないか?揉める事が多いのではないか? という不安です。

多くの人が抱く同棲の不安やデメリットも挙げてみると、

飽きそう。飽きられそう。

自由がなくなる

恋愛感情が希薄になる。

共同生活をすることで幻滅するor幻滅される。

同棲が嫌になったときに簡単には同棲を解消できない。

やり場のないストレスが蓄積。

金銭で揉める。

喧嘩などをしたときに逃げ場や切り替えるタイミングがない。

これらの点は、同棲のデメリットとしてやはり実際に起こり得るものですし、実際に復縁の相談に来た方からもお聞きしています。これを眺めていると同棲する気力も萎えてしまいますが、もちろん先に挙げた同棲のメリットもありますし、同棲すべきかどうか悩むのも仕方ありません。実際に夫婦であっても金銭での揉め事などの話は数多く聞きますし、確かに、とても難しいものです。

同棲相手が勝手に家を出て行ってしまった。と、復縁屋に現状の悲劇を訴えてくる方がいらっしゃいます。

一緒に住んでいる相手に何も言わずに家を出て行くというのは相当の想いがあっての行動じゃないかと思うのですが、一体どのような事が原因でそのような結末になっていくんでしょうか。

同棲すると、相手の良い所もより知る事になるでしょう、しかし、その逆で、嫌な部分というのも相手に知られてしまうというリスクを負うことはしっかり認識しなければなりません。

同棲しなければわからなかった相手のことなど、一緒に住むことによって明らかになってしまうものです。好きでいるうちは受け入れられる事であっても、気持ちが離れてくると、その嫌な部分が嫌悪感となってくるものです。

こうなってしまうと、気持ちどころかこの人と一緒にいる事すら自分の中で許せなくなってきますし、別れる方向でしか考えが及ばなくなってきます。本来であれば、相手との関係を良くする為にを考えなくてはなりませんが、もうそのような考えすらしようとしません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにもこのような相談はあります。相手が家を出て行ってからでは状況がかなり悪いと思ってください。

相手が同棲を解消するという決断をするには、それなりの問題、原因が存在します。もちろん相手の都合も考えられますが、それもふまえて、最悪の結果を招く前にしっかり自分の言動を見つめなおす必要もあります。

■⇒仲直りの仕方を学びましょう

■⇒復縁を叶える為にやって欲しい事はたった一つ