同棲をしていた相手と復縁したいと復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ依頼してきた女性の復縁例です。

依頼者と対象者はお互いが実家住まいだったとの事でしたが、交際期間が長くなってきた事もあり同棲生活を始めたとのことでした。

長い間交際していたので、一緒に同棲しても、ストレス要因は無いと考えていたようです。お互いに実家住まいの体験だけで、一人暮らしなど経験した事が無い者同士が突然自立したりすると、ちょっとした些細なことがきっかけで衝突することが増えてしまうことは多いようです。

これまでは、周りも羨むほど、仲が良い関係性であったため、お互いに信じられないほどの衝突をしてしまったのです。結果、同棲していた彼が実家に帰ってしまった後、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ相談してきたという流れになります。

復縁屋で調査した結果、二人が衝突してしまう理由の一つとしてわかったことがありました。それは、同棲後は彼に対して一度も同調してあげることが出来ていなかったというものです。

復縁屋の見解としては、彼は当然仕事をしているわけですから、仕事上、上司とぶつかる事もあったりして、そういった毎日がストレスとして蓄積するわけです。その場合の依頼者の彼に対する言動や行動こそに原因があったと分析しました。

そのような場合には、彼の気持ちを汲み取ることを考え、まずは同調してあげることを優先することが大事なのです。その相手を思いやる言動、行動が出来れば、別れるまでの問題に発展することは考えられなかったと思います。

依頼者に悪気はあるとは思えません。だとしても、つい利益重視で会社の方を見てアドバイスするという事で彼は味方がいないと思うに違いありません。そのような事実もわかりました。

自分の立場に置き換えてみると、慣れない自立生活に加え、会社で嫌な事があった上に、家に変えると対象者から責められるといった、ネガティブになるような毎日を過ごさなければなりません、嫌になるのは当然の話しです。

今回、時間かかってでも復縁したいと依頼者の方から強い要望があったため、まずは、彼の状況を調査しました。毎日、会社と自宅を往復する毎日でしたね。復縁屋ではこのような場合、対象者との接触を試みます。復縁工作というものです。対象者である彼の行動を時間をかけて調査していたところ、彼は休日に美術館へ行くことがわかりました。

依頼者本人がその場所に行って復縁を迫ったところで、彼の気持ちはまだ穏やかでないのはわかっていましたから、美術に精通した工作員を用意し、まずは美術の話しで接触させ、その後、依頼者との話しができるくらいの関係性を作り上げました。

彼の想いを聞き出すことに成功したわけですが、彼の気持ちは対象者との復縁したいと望んでいました。しかし、復縁工作を遂行している工作員からは、復縁したからといって同棲生活をこの先うまくやっていけるか自信がなかったとの報告を受けました。

その事実を対象者に告げたところ、涙声で心より安堵していた様子でしたね。

復縁屋からは、まずは、すぐに同棲するのではなく、距離をおいて復縁してみるようの提案してみました。彼と話しあう場を設け、お互いの気持ちを認識させることで復縁には成功したわけです。

その後は、依頼者が彼との関係を構築していく努力が必要になっていきます。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、復縁できた後のサポートも行っていますので、その後も見守っていきたいと考えています。

まずは別れる寸前までいきましたが、今ではすっかり復縁し良い夫婦になれました。