復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

復縁をするがためにする”自己改善”や”自分磨き”
どんなことを改善して磨いたらいいの~?」とお困りのお客様に、ひとつオススメの磨くべきものがあります。
それが【国語力】です。

まず、国語力とは何でしょうか?
文科省の文書には、国語力を構成するものとして、以下の4つが挙げられています。

①考える力…分析力、論理構築力などを含む、論理的思考力
②感じる力…相手の気持ちや文学作品の内容・表現、自然や人間に関する事実などを感じ取ったり、感動したりできる情緒力
③想像する力…経験していない事柄や現実には存在していない事柄などをこうではないかと推し量り、頭の中でそのイメージを自由に思い描くことのできる力。また、相手の表情や態度から、言葉に表れていない言外の思いを察することができるのも、この能力
④表す力…考え、感じ、想像したことを表すために必要な表現力であり、分析力や論理構築力を用いて組み立てた自分の考えや思いなどを具体的な発言や文章として、相手や場面に配慮しつつ展開していける能力

つまり、コミュニケーションにおいて、相手のことを理解する力や共感する力思いやる力、そして、それらをアウトプットする能力【国語力】であると言えます。
弊社にご相談いただくお客様の中には思った以上にこの能力が低い方が多く、そのせいでお相手様とのコミュニケーションにおいて問題が生じ破局に至った方がいらっしゃいます。

復縁したいとあるお客様は、「破局前、彼からのラインがどんどん素っ気無くなっていった。浮気をしていたのかもしれない」と仰っていました。
確かにラインの履歴を拝見させていただくと、来る返事は徐々にそっけない物となり、付いていた絵文字が無くなり、一言「今忙しい」などしか返事が来なくなり、スタンプしか返ってこなくなり・・・。
お相手様からのラインの返事はそうでした。
しかし。
その素っ気無い返事の最中に、そのお客様はお相手様に何度も何度もラインを送信していらっしゃいました。
「今度○○に行かない?」
「あ、でもこの前△△に行きたいって行ってたから、そっちのほうがいいかな?」
「行ける日にちがあったら教えてね」
「時間とかもこっちは合わせるから」
このような文章を、細切れに2分毎に送信した履歴などもあり・・・。
そういう風にラインをもらっても平気な人もいるかもしれません。
しかし、断続的にぴこぴこと細切れにくるラインについて、「鬱陶しい」「ウザい」「面倒くさい」と感じる方もいらっしゃいます。
また、少しずつ送ってこられるためにどのタイミングで返事を返せば良いかわからなかったり、「どうせまた送ってくるだろう」と思われて返事をもらえなくなったり・・・。

そもそもそうやって相手がどう思うかを察することが難しい!」と仰る方もいらっしゃるかもしれませんが、察する能力とは言い換えれば共感する能力であり、上記の②と③の合わせ技です。
確かに相手の気持ちを100パーセント察して理解することはできません。
それができるとしたら、その人は超能力者です。(笑)
ですが、例えば自分が忙しいときにラインが何度も何度も来たとして、どう感じるでしょうか?
何度も何度も送られたとしたら、鬱陶しく思いませんか?(※もしお客様自身は何とも思わなかったとしても、一般論では「鬱陶しい」と思われます。「自分なら鬱陶しくないから他の人も鬱陶しくないはず」は間違いです)
そのように相手の立場で考えることができれば、今のお相手様の気持ちを察することができるようになりますし、お相手様を困らせる機会も少なくなるでしょう。

では、どうすれば相手の立場で考えることができるようになるのか・・・といえば、それこそ”国語”です。
小学生のときを思い返してください。
テストなどに、「文章を読んで、この作者の気持ちを考えましょう」という問題がありませんでしたか?
まさにそれ!です。
文章の流れから作者は何を書きたいのか、何を書こうとしているのかを読み取らせるためのあの面倒くさい問題は、コミュニケーション能力の向上にも繋がっていたんです!
お相手様からの態度やラインやメールなどのアクションがあったときに、「このアクションは何を伝えようとしてのものなのか?」を、テストを受ける小学生の気持ちで考えてみてください。
お相手様だけでなく、身の回りの全ての人に対して「この人はとういう意図でそうしているのか?」と考えるクセをつけてください。
本を読んで、読書感想文を書いて練習をしてもいいかもしれません。
一度でそれがうまくできるようにはなりませんし、答えあわせがあるわけでもないので、お客様が考えた答えが正解かもわかりません。
しかし、そうやって相手のことを深く捉えようとする試みを続けていれば、少なくとも今までよりは多少察する能力が身につくでしょう。
少しずつしか能力は向上できないかもしれませんが、少しずつのアクションを続けることが、大きな結果に繋がります。

復縁は、そう簡単にできるものではありません。
大きな一歩を目指してハイリスクな手段をとろうとするのではなく、ローリスクで確実に結果=復縁に繋がる手段をとることが、懸命です。
そのときに、何を鍛えるか?
お相手様とのより良いコミュニケーションができるようになるために【国語力】を鍛えるのも、ひとつの手です。

■⇒オススメのブログ記事まとめ

■⇒復縁したいが自己評価の低い人