復縁をする際にカップルと夫婦で復縁の難易度がどの程度違うのか?夫婦とカップルの復縁の難易度について解説してみましたので参考にして下さい。

カップルと夫婦の復縁の違い

復縁相談をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへご相談下さい

恋愛と結婚とは大きく異なります。

付き合っていた当時もしょっちゅうケンカしていたけどスグに仲直り出来た…なんで結婚したらスグに仲直り出来なくなってしまったんだろう…とお考えの方は非常に多いのですが、付き合っている当時と結婚している状況と何が違うのか?

付き合っていた当時は別れて数か月経って復縁出来た…結婚して離婚したら復縁が難しくなった…なんで昔は復縁出来たのに結婚したら復縁出来なくなってしまったんだろう…どこで歯車が狂ってしまったんだろう…とお考えの方も少なくないと思います。

同じ別れなのに何がどう違って復縁出来ないのかを悩まれている方も少なくないと思いますが、カップルと夫婦の違いについて良く考えてみると復縁の可能性が見えて来るかもしれません。

夫婦とカップルの違いを考え、復縁の参考にしていただければと思います。

カップル

カップルは結婚という形式をとっていない以上、形式上は他人です。大切な人を他人だなんて思えない!!!と思われるかもしれませんが、この認識があるとないとでは異なる為、まずはこれを頭に入れておいて下さい。

同棲をしているしていないに関わらず、いくら心を許した所で他人は他人である以上、ある程度の気遣いというモノを持って恋人へ接していたのではないかと思います。

人によっては気遣いをしなくていいから、この人と付き合っているんだ!!という方もいらっしゃるかもしれませんが、他人同士で関係を深めている以上、何かしらの気遣いというモノが自然の内にされていて、相手の領域を侵害する事や相手への気遣いがかけた時に別れを宣告されて復縁したいというケースがありますが、領域をなるべく侵さない様に何かしらの気遣いを相手にしているのも事実です。

夫婦

夫婦の場合、元々他人であった2人が戸籍上から夫婦という形になり、意識の中に家族というものが生まれます。

家族という形を幼い頃から「自分の家族」としてお互いが持っている為、その「家族」に対する認識をお互いに摺合せ、新たな家族としての形を形成していきますが、潜在意識の中に家族というモノが植え付けられていく為に、カップルの時には出来ていた気遣いという部分が薄れていく事や、常に近くにいる事から、言葉に出して伝える事に対して手を抜いてしまい、本当に伝えたい事が伝える事が出来ず、分かってもらいたい事に理解を示してもらえないという事があります。

カップルと夫婦の復縁はどちらが難しい?

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

カップルと夫婦の復縁は圧倒的に夫婦という関係を持たれている人の方が難しく、そこには最低限気遣いというものをしていたカップルと、慣れてしまい、気遣いをする事を忘れていた関係を持たれている方とでは大きな差がある事に気付かなければなりません。

夫婦間の問題でこじれた際は気遣いという問題に対してカップルとは違い薄まってしまった為に、相手に対する嫌な部分を見せるという所が強く、カップルの比ではない事が多々あります。

たまに会う程度のカップルであれば嫌な部分を見せるのも多少で済みますが、常に嫌な所を見せてしまい、それが溜りに溜まって別れを決意されたものとでは復縁の難易度は難しくなるのは当然です。復縁の難易度に関してカップルと夫婦では比較にならない事は別れに至る前に気付かなければならない事です。

夫婦であるから手を抜いてしまっている…夫婦であるから大丈夫だろう…夫婦だからこそ気遣いがなければ関係は悪くなってしまうものを全く逆の事を行う夫婦が多いのも事実です。

カップルよりも夫婦の方がこじれるまでの期間や、関係が終わるまでにハードルが多いので、そのハードルをクリアされてしまった時の別れの難易度はカップルとは比較になりません。

こうした問題を1人で解決しようとするのはとても難しく、復縁したいのであれば親族を使う事やどなたか第三者に頼る事をおススメします。第三者に頼る事が出来ない場合は復縁屋を使っていただく事をおススメします。

難しい難易度の復縁を考えるなら

復縁工作、別れさせ工作のご相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

難しい難易度の復縁を考えるのであれば、復縁したいと思っているあなたの他に協力者を得なければ復縁する事は難しくなります。

難しい難易度をこなす為に1人でどうにかしようと考える方の多くは協力者がいない。というケースが多く、協力がいない状態で復縁を目指すのであれば復縁を諦める方向に進むのが正しい選択になってしまいます。

問題が拗れてしまっている状態で、復縁したいと伝えた所で、拗れた原因を作ったのは誰なんだ?という話しになってしまい、いくら復縁を訴えかけた所で聞く耳を持ってもらう事が出来なくなります。

そうした場合、第三者の介入は、少なくとも感情的になる事なく復縁云々の前に何が悪くて何が原因で今に至るのかという事を感情論抜きで話し合う事が可能になります。

復縁の難易度が難しければ難しい程第三者の介入は必要で、第三者の介入がなければ復縁の話しどころかどんな話すらも聞く耳を持ってもらう事すら出来ません。

第三者に頼める人がいない…状況は厳しいけれど復縁したい…復縁したいけれど…とお悩みの状態であれば復縁屋に頼るしかありません。復縁にお金をかけたくないという気持ちもきっとあるかと思います。夫婦の問題を解決に導くのにお金をかける事に抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。

第三者に介入してもらってまで復縁なんて…と思われる方も当然いらっしゃるかと思います。親族以外に恥を晒したくない…こういった思いがあって復縁をためらうのであれば復縁を考えずに自分の選択する道を進めばいいかと思います。

復縁を考えるのであれば何が一番大切で、何よりも大切にしなければいけない人がいるという認識を持たなければ復縁は難しく、恥を晒したくない等の自分のプライドを優先する様な形は取り払わなければなりません。

プライドと復縁、どちらを取るかは自分次第です。

復縁を本気で考えるのであれば大切なモノが何なのか?難しいなら恥を忍んで親族に協力を仰ぐなどのプライドを捨て去る覚悟でなければ復縁に至る事はありません。

復縁屋に頼るのは気が引ける…と考える方へ

復縁屋に依頼する前に読んでもらいたい