相談のお電話を頂いたり面談をする中で、弊社が無理に契約を薦めることはありません。

人生において大きな決断になるからこそ、お客様にはもう一度冷静にお考えいただきたいですし、また、他社とも話をしてみたいと仰るお客様を無理に引き止めることもありません。

というのも、むしろ他社ともお話をしていただくことで、しっかり比較して「自分にとって一番よい選択は何か?」を考えていただいてこそ、本当に復縁に取り組む意味が芽生えるのではないかと思うからです。

結果的に選ぶ復縁会社が復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでなくてもかまいません。

・・・それで会社がやっていけるの?」と思われそうですが(笑)、その上で復縁屋・別れさせ屋ジースタイルを選んでくださるお客様がいらっしゃるので、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは営業し続けることができています。

さて。

そのように弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルを選んだ場合や他社を選んだ場合であっても、契約時にお客様が気をつけるべきことは変わりません。

今回は、依頼を契約する際に気をつけるべきこと、確認すべきことについて、挙げてみましょう。

クーリングオフについての説明をきちんと聞く

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

探偵会社との契約も、クーリングオフ制度が適用されます。

そのため契約時にはその説明の義務があるのですが、その制度について契約時の担当者からきちんと説明があるかをチェックすることは、その会社が法令順守の意識があるかどうかを確認するひとつの指標になるでしょう。

都内だけでも多数の復縁にまつわる会社がありますが、中にはあまり良い会社ではない復縁会社があるのも事実です。

そのような会社においては、クーリングオフについての説明をしない会社もあるようで、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談くださるお客様もいらっしゃいます。

契約書の重要事項にクーリングオフについての記載があるか

口頭でもその旨の説明があるか

とくにその2点は、しっかり確認しましょう。

契約金額をしっかり確認する

基本的にどの復縁会社においても、復縁調査や復縁工作にかかる費用は安価ではありません。

前項の通り、中には質の悪い会社があることも事実です。

復縁調査や復縁工作はお客様と復縁会社の信用・信頼関係が重要ですが、ことお金に関しては本当にギリギリまでしっかり確認する必要があります。

支払いの回数や税を含めた支払いの総額、経費の取り扱いについてなどを、復縁会社と意思統一して起きましょう。

契約期間、実働時間をしっかり確認する

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁会社にもよりますし契約のスタイルにもよりますが、どれほどの期間や時間”動いてくれるのか”については、お客様にとって重要な情報だと思います。

口頭含め、契約書にその旨が記載されているかを、チェックしましょう。

お客様の中には、「復縁したい」との気持ちが先走ってしまい、契約書の確認が雑になってしまう方も中にはいらっしゃいます。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、お客様と契約事項のひとつひとつについて双方で確認しながら契約書にサインをする方針をとっています。

稀に「そんなに細かく確認してもらわなくても大丈夫です、信じてますので!」と仰るお客様もいらっしゃいますが、お互いの信頼を確固たるものにするためにも、その作業は必要だと思っています。

復縁調査、復縁工作の方針について綿密に話し合う

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁調査の場合は、

何を調べるのか

どのような手段で調べるのか

大体どの時間帯を調査の対象とするのか

などを。

復縁工作の場合は、

どのような方針で復縁工作をするのか

どのタイミングで復縁工作をするのか

どのような手段で復縁工作をするのか

などを。

お客様と復縁会社双方でそれらの意識の統一をすることで、お客様が焦る気持ちの解消に繋がることになるでしょうし、そもそもその契約が本当にしてよいものなのかを判断できる指標になるでしょう。

詳細についての説明を省いたり、「手段については企業秘密な部分が・・・」なんて言って逃げようとする会社などは、あまり良い会社であるとは言えません。

連絡の手段を確認する

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

他社と以前に契約をした経験があるお客様から伺う話ではありますが、契約後に定期報告や日々の調査の報告がほとんどなかった会社もあるそうです。

お客様から頂く契約金のほとんどは、調査の際の人件費に遣われます。

頂いたお金をどのように遣うかについて、細かく報告するのは当たり前のことだとは思いませんか?

それができない(しない)会社も、世の中にはいるのです。

どのような頻度、そしてそのような手段で連絡を取ることができるのかについて、しっかり確認しましょう。

確かに日々の調査の中で、毎回新しい事実が見つかることはありません。

勿論ある程度の当たりをつけながら復縁調査は致しますが、それについては、逆にご自身の生活を思い出していただいて、毎日違う何かをしているかを考えていただければ、ご理解頂けると思います。
しかし、だからって報告しなくて良い理由にはなりません。

調査をしても何もなければ、「何も無かった」(例えば「前回と同じだった」)旨を報告する必要があると、少なくともわたしは考えます。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルではLINEにてリアルタイムに近い形でお客様に報告する、また連絡が取れるようにする方針をとっていますが(※復縁調査や復縁工作の真っ最中は報告ができない場合もありますが、少なくとも連絡が取れない時間が1日空くことはありません)、お客様が契約をする会社はどのような手段で日々の報告をしてくれるのかを、確認しましょう。

その他注意すべき点

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

最後に、その他として他にもチェックしておくべき点をまとめます。

契約書に記載される住所に、本当にその会社のオフィスがあるか

→中にはレンタルオフィスを使い営業している会社もあります。

そのような会社の場合、何かトラブルがあっても、その会社自体を探すことが困難です。

グーグルマップを使ったり、可能であればその住所に本当にその会社があるか、実際に行ってみて確認しましょう。

他の依頼者様の写真や報告書などを見せてくる会社は、注意が必要

→とある有名な探偵の許可を持つ復縁会社において、”安心してもらうために”と、他の依頼者様関連の資料を見せてくる会社があるそうです。

一見良さそうに見えますが、言語道断です。

特に復縁屋・別れさせ屋ジースタイルのように探偵の営業許可をとっている復縁会社においては、探偵業法を守る義務があります。

その探偵業法の10条第1項において、守秘義務と秘密保持義務について書かれているのです。

それでなくとも個人情報ですから、いくら安心していただくためだとしても、他のお客様の資料を見せるなんてあってはならないことなのです。

見せてくれるということは、お客様の資料を他のお客様にも漏洩する可能性が0とも言えません。

絶対に嫌ですよね?

そのような基礎的なことすら守れない会社は、良い会社とは言えません。

最後に・・・

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

色々な疑いを持ちながらの契約を勧めているように見えるかもしれませんが、そうではありません。

後悔をしないように選択し生きることは難しいですが、0にはできなくても、できる限り少なく生きる方法が、しっかり考えチェックをすることです。

復縁したいとお考えのお客様は、お相手様との関係性においてたくさんの選択の間違いをした結果、関係が破綻したのではないでしょうか?

その選択の間違いは、深く考えなかった結果だったりするお客様が多くいらっしゃいます。

そのようなことを繰り返さないためにも、本当にその会社と契約をしてよいのか、契約の機会を使って深く考えるようにしましょう。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは、契約に伴う疑問や不安、心配には、徹底的にお答えいたします。

少しでも気になることがあれば、気軽に仰ってくださいね^^

そうやってコミュニケーションをきちんととることが、関係性を築く第一歩だと思っています♪