別れさせたい相手がいる際はご相談下さい

ストーカーをする性別は男性、女性どちらが多いのか?という質問に「男性の方が多い」と答える人が多いのですが、復縁を専門としている復縁屋の見解としては「女性も男性も変わらない」という認識があります。

対象者を付回し、相手に恐怖を与えられるのは腕力に優れた男性の方が多いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、男性と女性の対象者に対する粘着性は男性女性変わらず、女性ストーカーの場合、腕力などでは男性に敵わない事を知っている為、暴力行為へと発展するストーカー行為を繰り返すのではなく、精神的な嫌がらせを繰り返す女性ストーカーは多数いらっしゃいます。

ストーカーの発想は身勝手な発想を持ち、相手の考えは無視した行動を起こすのですが女性ストーカーの場合、男性ストーカーとは異なる思考を持つ大きな違いは「ストーカー対象者は自分の事を好き」という大きな誤りを持ったまま対象者へのストーキング行為を相手も喜んでいるという認識の下に行う方が多いのです。

相手も自分の事が好きだから自分のしている事はストーカー行為じゃない⇒ストーカー行為ではないので自覚しない。と繋がり、自分の求愛行動が相手が求めているものという錯覚を起こしたままに繰り返し、相手に精神的苦痛を与えます。

ストーカー対象者や周囲から「おかしいよ。それはストーカー行為だよ」と伝えても耳に残らず、自分の一方的な想いを両思いだと考えたままストーカー犯罪を犯している方もいます。

相手が自分の事を好きだと認識している為、自分で気付く事は難しいのですが、周囲の声を聞く事も出来ず、更に他の男性との交際へと目がいく事もなく、男性の性欲と女性の性欲が異なる為、男性の風俗の様な発散場所が少ない事からも一人の男性に対しての固執が取れづらく女性のストーカーは厄介なケースがあります。

現実を受け入れず頭の中で妄想を繰り返し、その妄想が本人の中では現実となっている為、男性のストーカーよりもたちが悪く、男性に腕力で劣る女性ストーカーの警察の対処の遅さも手伝い、隠れストーカーで被害を受けている男性は多々いらっしゃいます。

こういった女性ストーカーからの被害を警察に訴えづらいという男性から別れさせ屋に相談に来る方は増えており、女性ストーカーを別れさせて欲しいといったご相談は増加の一途を辿ります。

女性ストーカーは「恋は盲目」という言葉が良く似合い、それ以外の男性には特殊なキッカケを与えなければ目がいかないという習性を持ちます。

弊社では女性ストーカーでお困りの方からのご相談も承っていますので女性ストーカー問題でお悩みの際はお気軽にご相談下さい。

■⇒石器時代の考えで妻・夫と復縁したい

■⇒なんとかして下さいよ!!!