復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁という恋愛の中でも特殊な状況だけを考えれば見えるものもみえなくなってしまいます。

復縁は恋愛の中の一部ですから、恋愛という大きな枠の中で復縁を考えてみれば、また見方も変わります。

好かれる人と嫌われる人

恋愛においてとても大事な部分かと思います。

見た目の良し悪し、優しい、優しくない、性格が合う、合わない。

人から好意を得る為には必要な事ばかりです。

大は小を兼ねると言いますが、復縁と言う小さな部分を考えるのではなく恋愛という大きな枠組みの中の一部分であるという認識で考えてみて下さい。

異性から好意を得る人、異性から好意を得られない人、俗に言うモテる人、モテない人の違いはどんな違いがあるのでしょう?

イケメン、美人、あの見た目なら絶対にモテるのに何故かあの人はモテないよな…

なんであの人はあんなに見た目が良いのに恋人がいないんだろう…

あの人が独身なんてきっと何かあるんだ…

そういった人達を見て来た事がある人は実は多くいらっしゃると思います。

では何故その人達に恋人の存在がないのでしょうか?

見た目に関しては申し分ないのであれば容器に関しては申し分ないという事になりますが、どんな立派な容器も中身が不味ければ誰も手にする人はいなくなります。

容器には何も問題がなければ、中身の問題があり、中身が手に取りたくない様な物であれば容器が売れる事はありません。

外見がいくら良くても中身が伴わなければ恋人は出来ません。

現実に好かれるタイプの人とそうでない人の違いは容器の差ではなく、中身の差という事になり、もちろん中身が幾ら良くても容器が悪ければ手に取ってもらう事は難しいのですが恋愛において第一印象を除き、他人から好意を得るのは中身の問題である事は分かるかと思います。

本題の復縁という問題で考えていただいた時に好意を復縁したい相手から得られれば復縁を考えてもらえる。

理屈は至って簡単なのですが、大抵の人は好かれる為の自己改善ではなく、嫌われない為の自己改善を行い、他人から好かれる為に行動せず、他人から嫌われない為の行動を考えます。

他人から嫌われない為の行動は好かれる為の行動ではありません。

他人から好意を持たれる人は嫌われない為の行動をしているのではなく、好かれる為の行動をしています。

そして嫌われる人は好かれる為の行動も嫌われない為の行動もしません。

自分の為の行動を起こし、相手が自分に合わせてくれるのを「待つ」という行動をします。

待つ状態で誰も近寄ってくれなければ、あの人は変わっている…と好意を持たれる事はありません。

これらを復縁に当てはめて考えてみていただきたいのですが、自己改善している人は悪いと思っている部分を直そうとします。

この行動は嫌われない為の行動です。

そして自己改善も何もせず、相手が自分に合わせてくれるのを待つという行動と、復縁したいけれど何も行動を起こさないという行動もまた同じです。

好かれる為の行動をする人は相手の事を良く見て相手に好かれる為に何をすれば良いのか?を考えた行動をします。

この違いの差は大きく、この違いがあるから異性にも好かれる様になります。

復縁したい人は恋愛の基本的な部分を考えてみてはいかがでしょうか?

■⇒復縁したいなら習慣化させましょう

■⇒反省したフリは復縁したい相手を騙す事