「嫉妬」と検索すると、一緒に「女」が検索候補に表示されます。

確かに「嫉妬」の漢字自体に、女偏が…。

嫉妬と女性は切り離せない物なのでしょうか。

ということで、今回のシチュエーションレポートは、嫉妬深い?女性についてです。

彼女が嫉妬深いく、それが原因で離別してしまったが復縁したいと考えていらっしゃるお客様に、参考にしていただけたらと思います。

※お客様の同意の上、プライバシーの保護のため、一部改変しております※

依頼者様と対象者様



依頼者様は25歳男性。

対象者様は24歳の元彼女さんで、交際期間は2年、1年間同棲なさっていたそうです。

離別は2ヶ月前、対象者様が出て行かれたことが決定打でした。

依頼者様のお言葉をお借りするならば「彼女が嫉妬深かった」とのことで、対象者様が依頼者様の交友関係を不満に思う言葉が多く、それがいつも喧嘩のきっかけになっていたそうです。

対象者様が不満に思う交友関係はどのようなものだったのか?

少し思い当たることがあったアドバイザーが伺ってみると…。

「相談を受けていたんです。女友達の」

アドバイザーの勘が当たりました。

曰く
  • 彼氏のことで悩む女友達の相談を受けていた
  • 友達だし別に問題はないと思った
  • 二人で会うこともあった
  • 友達だからやましいことはない
  • それに対して彼女が文句を言う
  • やましいことはないのに色々言われるのは不愉快
とのこと。

自分にやましいことがあるから疑うのではないか?

そう考えた依頼者様は、喧嘩の際に思わず「もしかしてお前が浮気しているのではないか?」と対象者様に言ってしまい、対象者様が怒って実家に帰ってしまったとのことでした。

依頼者は「本心じゃないし嫌いになったわけじゃないから、復縁したいが、あまりにも嫉妬深いし疑うので浮気の不安もある。浮気調査を含めた復縁工作をお願いしたい」と仰っていらして、アドバイザーは困ってしまったそうです。

いざ面談。女性の心理とは?



面談の際に、アドバイザーはとあることをお伝えいたしました。

「アドバイザーであり一女性としての発言になりますが、その女友達は『相談女』と呼ばれるタイプの女性ではありませんか?」

「相談女?」と疑問を浮かべた依頼者様に、相談女についてお話いたしました。

相談女とは

男性にはあまり縁が無い言葉かもしれませんが、女性社会では恐怖の対象として有名な存在です。

というのも、
  • 相談女のターゲットは、既婚者だったり彼女持ちの男性である(フリーの男性を対象にした乗り換えタイプもいますが、女性に嫌悪されているのは略奪タイプの相談女です)
  • 同性(女性、女友達)には相談しない、そもそも同性の友達が少ない
  • 「他の人に聞かれたくないの…」と、二人きりになろうとする
などなど…。

まるで工作員のよう!とわたしは思ってしまいます。(笑)

基本的に女性は相談を好む生き物ですが、同性の友達に相談する場合がほとんどです。

しかし、中には何故か男性、しかも既婚者や彼女持ちの男性に相談をしたがる女性がいるんです。

「異性の異見が聞きたいんだから、異性に聞くのは当たり前じゃないか」

と思われそうですが、下手に既婚者や彼女持ちの男性に相談をすると、その相談相手の人のパートナーに嫌がられるのがわかっているので、そういう人に相談するのは避けるのが、女性社会では一般的です。

そういう女性のセオリーから逸脱して、あえて周囲のカップルに波風を起こしてまわるタイプの女性が、「相談女」と呼ばれて地雷扱いされています。

悩んで弱っているんだからかわいそう…と男性はその儚さに絆されてしまいそうになるのですが、女性陣からの評価は真逆。

「他人カップルの彼女の気持ちも考えずに幸せをぶち壊す、人の気持ちを考えないか弱いとは正反対のパワフル戦車」と、ネットではもちろん、現実社会でも恐れられています。

男性自身が復縁したいと思っていても、女性の心理がわからなければ、なかなか難しいですよね。

復縁屋ジースタイルの電話相談や面談では、お客様のご希望があれば異性の相談員も使えますので、是非お気軽にご利用ください。

嫉妬の正体

依頼者様にご友人の女性についてお伺いすると、確かにそんな傾向が。

嫉妬深いから嫉妬するのではなく、好きだから嫉妬するんですよ

逆に、彼女さんが男性と2人で遊びに行って、相談を受けているだけだもんと言いながらしょっちゅう男性と2人きりになっていて、お客様がそれを窘めてもやめてくれなかったらどう感じますか?

そう尋ねると、

ものすごく嫌です

とお答えになり、落ち着いた環境で異性の気持ちを聞くことで、対象者様のお気持ちを依頼者様はご理解なさったご様子でした。

契約は…

その後依頼についてお伺いすると、「今回はやめておきます」とのこと。

「浮気調査や復縁工作を依頼する前に、自分でもっとやるべきことがある気がします」

そう仰るお客様に対して、復縁屋ジースタイルでは無理に契約を薦めることはありません。

「もしまたお困りのことがあれば、いつでもご連絡くださいね」

そう伝え、お見送り致しました。

後日、相談用に交換しておりました復縁屋ジースタイルのラインに、依頼者様より「もう一度ちゃんと話して復縁できました」とのご連絡がありました。

復縁工作なしでも復縁できたようで、スタッフ一同安心致しました。

契約しなくたっていいんです



このケースでは、本契約にはいたらず、電話相談と面談で復縁ができました。

このような場合は、一切の費用はかかりません。

「それでいいの?」と思われそうですが、人員も必要になり、また安くは無い費用がかかるのが前提ですので、もしご自身で復縁できる場合は契約して頂かなくても構わないのです。

もちろんボランティアではないので本契約になれば費用は必要になりますが、その前段階であれば、不安なくご利用頂くためにも、その解消のために無料でご利用いただけるようにしています。

それにしても、女性と男性の感覚の違いや、第三者の冷静な目で見ることの大切さや、その目があるだけで、意外と簡単に復縁はできるのだなぁと実感いたしました。

他の皆様も、一度復縁屋ジースタイルに相談してみませんか?