世の中には幸せな家庭が有る一方、何らかの原因で離婚に至った家族もあります。

子供が居ても離婚さぜるを得ないケースもあります。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルには様々な復縁の相談がありますが、離婚した相手との復縁の相談も勿論ですが、子供との復縁を望まれて相談される方も多いです。

では、今回子供が取り持つ復縁についてお話をしたいと思います。

自分を『改善』出来る?出来ない?

復縁したいと1人で悩む前に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい

結婚を経験されている方や、今後結婚を考えている方に離婚を前提に結婚を考えていたり、そもそも離婚の二文字など頭の中にある人は少ないでしょう。

しかし、何年か一緒に生活していれば、お互いに生活のズレや不満も溜まって喧嘩の原因となる事もあるでしょう。

中には子供と言う存在が居るから、離婚を踏み止まる方もいらっしゃいますが、子供の事を考えて離婚を決断する場合もあります。

もちろんそこに行き付くまでに、何度も話し合ってもどちらかの我慢の限界に達したと思いますし、中にはお互いによく話し合いをしないで、別れてしまう事もあります。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに相談来るケースとして多いのは、相手が子供を連れて突然家を出て行ったと男性・女性からの相談がありますが、割合的に多いのは奥さんが突然出て言ってしまったと、男性からの相談の方が多いように感じます。

突然行き先も告げずに家を出て行った為、何処に行ったか分からないと仰る方もいらっしゃいます。

もちろん、突然家を出て行って直ぐに生活が出来るほどの、世の中甘くはありませんので何らかの縁がある場所に一時的に身を寄せている事があります。

実家や友人の家など、お客様人身で調べられる所に身を寄せている場合もありますが、中にはお客様が全く把握していない場所に居るケースもあります。

実家や友人の家に居たとしても、協力者のガードが固く中々直接会えない事もありますし、実家や友人宅に居る事自体を否定し、そこに居る事を隠す事さえあります。

ここまで、お客様の事を警戒すると言う事は、余程の原因が無い限りそこまでには行かないでしょう。

その事をお客様自信は気が付いているのか?

もし何が原因なのかが分からないようであれば、復縁は諦めた方がいいでしょう。

そのまま復縁したとしても、誰1人幸せにする事は出来ませんし、相手や子供をただ傷つける結果で終わってしまいます。

只々、復縁したいと思うのではなく、なぜ離婚までに至ってしまったのか?何が原因で自分の何処がダメだった・悪かったかを明確にし、改善していかなくてはいけません。

よく相談頂くお客様の中には、『生まれ持った性格だから直せない』・『今更性格なんか直らない』・『これが自分のスタンスだから直す気はない』と仰る方がいらっしゃいますがその様な方は、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは相談の段階でこちらの方から、依頼をお断り致しております。

それは何故か?

復縁とは、『お客様』と『復縁されたい相手』との事ですので、その別れた原因を直さない事では、復縁に至る事は出来ないでしょう。

それに、復縁をするのは復縁屋ではなく『お客様自身』ですので、ご自身の悪い所直さない限り、私共も協力する事は出来ないのです。

子供との縁は切っても切れない縁

復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

離婚しても、子供との『縁』とは切っても切れないものです。

子供の成長を間近で見守って行きたいのが親心であって、離れて暮らすとなるとその気持ちが一層強くなっていくとほとんどのお客様が口を揃えて言います。

昔から『子は鎹』と言いますが、その鎹さえも効かないほどの夫婦仲がおかしくなるのは、よっぽどの事だと思いますが、その辺りは夫婦間でのやり取りや確執から生まれてくるもであり、埋められない溝があるでしょう。

しかし、子供の現在や将来を考えると両親が揃った環境で成長していく事は大切な事であって、その後の人間形成に影響を与える子供も中には居ます。

両親が居なかったり、再婚相手との生活でちゃんと成長する子供も居ます。

もちろん、そこには育てる方の努力もあり、周りの方のサポートもあった事でしょう。

全ての家庭が恵まれて居る訳ではないですし、両親が居たとしてもおかしな方向に成長していく子供は居ますが、やはり血の繋がった親の元で成長して行く事に越した事にありません。

どんなに離れて暮らしていても、『親は子を想い』・『子は親を想う』ものだと思っております。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルが復縁相談を受け、復縁工作を行うにあたって元の夫婦関係に戻ってもらう事が大前提ですし、子供との関係もしっかり改善してもらう事をお願いしております。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルが復縁調査・復縁工作をしてよく感じる事は、お客様自身が復縁を望む気持ちよりも、子供の方が両親の復縁を強く願って居る事が多いのですが、中には親からの虐待を受け精神的恐怖・肉体的恐怖を感じて元の家族には戻りたくないと願う子供が居る事は忘れないで下さい。

もし、お客様の中に復縁したい相手若しくは子供に対して『暴力』・『虐待』をしていた方は、復縁出来る確立はかなり低いでしょう。

自分自身の欠点と分かっていて今後改善して行こうと思っていても、過去に『暴力』・『虐待』を受けた方にはその時の恐怖心が植えつけられていて、これを改善していく事は、並大抵の事ではありません。

特に子供が受けた心の傷は成長して大人になっても、その時受けた心の傷は残り続けると言いますし、お客様本人も自分のいけない所の改善点として、『暴力』・『虐待』をしないよう改善努力をしても、何らかしらの事で衝動的に手を上げてしまう方が多くいます。

これは自分の感情がコントロール出来ない心の病気であって、改善していくにはかなりの時間と自分自身の心をコントロールしていく術を身に着けていかないとなりません。

その事から示すように、復縁するには『復縁したいか』と思っても直ぐに出来るものではありませんし、かなりのお客様自身の努力と改善が必要となってきます。

もちろん、『暴力』や『虐待』が原因ではないケースもありますが、上記にも示したようにお客様自身の努力は必要となってきます。

子供を思う親で有れば、どんな事でも耐えられる気持ちはあるはずですが、1人でその壁を乗り越えていくには、大変な思いをしなくてはならない事もあるでしょう。

そんな時には、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルがお客様を精神面からも支えていき、復縁までのプロセスを考えて行きます。

このブログをお読みになられた方はこちらのブログもご覧になっています。

完全に別れる前に、復縁屋を利用する

復縁を成功するには情報を集めて復縁工作を成功させる