本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

弊社の復縁ブログにも他の復縁ブログや復縁関係に纏わるものは大体復縁したい人が改善しなさいと言われています。

そしてそれは当たり前の事なのですが、実は復縁したい人が改善しなければならない事と同様に復縁されたい人にも問題がある事もあります。

例えば復縁したい相手が他に好きな異性が出来た、他の異性と付き合っているという状態であれば、その二人の関係が終わらなければ、若しくは終わりに向かわなければ復縁を意識させる事は出来ません。

分かり易い例で復縁されたい人にも問題があるという事を書かせていただきましたが、他にも復縁されたい人にも問題があるケースはあります。

付き合ってみたモノの、実は好みのタイプではなかった…

何となく惰性で付き合っていて別れてしまった…

復縁したい人は本気で付き合っていたけれど、復縁されたい相手は本気ではなかった…というケースも少なくは有りません。

ただし、復縁されたい人に問題があるからといって、復縁したい人がそれを指摘して言い訳ではありません。

復縁したい側が「自分と本気で付き合っていなかったのか!!!」という事を伝えてしまえば、「そうだよ」と一言で終わってしまい、復縁されたい相手の問題解決に繋がる事はありません。

復縁したい人は復縁されたい側の意見を組んだ行動や発言をしなければならない為に、自己改善等に取り組まなければなりませんが、それと同時に復縁されたい相手の意識を変える努力を間接的にしていかなければなりません。

復縁したいなら自分が直さなければならない所がある。と考えなければ復縁に進む事はありませんが、復縁したいから復縁されたい相手の意識を変えてもらう、言わば復縁されたい人の問題解決も進めていかなければなりません。

例えば男性の場合、復縁されたい相手の男性の理想が年収1000万円のサラリーマンだとします。

現実問題でその様な男性と簡単に会えるかどうか?という事を認識させなければ復縁したい人がいくら自己改善を続けた所で復縁は出来ません。

物理的に無理な事や現実的ではない事を物理的に無理でしょ?現実的な話しではないでしょ?と教えてあげる事で初めて復縁されたい相手の問題解決に到りますが、それを復縁したい人が行った所で聞く耳を持ってくれる事はありません。

復縁したい人が現実的に年収1000万円のサラリーマンとなんて出会えないでしょ?という話しをすれば、自分はそこまでの収入は見込めないと自分には無理だという事を伝えてしまうだけになります。

こういった復縁されたい相手の問題を解決する為には第三者にしか出来る事ではなく、当事者同士がその話をした所で聞く耳を持ってはくれません。

復縁されたい相手の問題を解決していく為に復縁屋復縁工作という手法を用いて復縁されたい相手の問題解決に取り組みますが、同時に復縁したい人にも自分の問題を解決していただかなければ復縁は難しい事だという事もお伝えさせていただいています。

しかし、この記事で気付いていただきたいのは復縁したい人にも問題がある。

そして復縁されたい相手にも問題があります。

人と人が関係を取り戻す事を復縁と言いますから、どちらか一方を改善するだけでは問題解決に到らない事が多く、復縁に繋がらないのです。

復縁屋の復縁成功率は高いの?

復縁する為の能力とは