復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

年齢の差の障害によって別れてしまう恋人がいます。

40歳前後の俗に言う中年と呼ばれる男性と女子高生との復縁を望む男性、シングルマザーで子持ちでありながら19歳の男性との復縁を望む女性。

世の中には様々なカップルがありますのでこういった方々からの復縁相談を受ける事も度々あります。

こういった方々の多くは年齢差があって…年齢差を相手の親に止められて…

第一声の多くは年齢差があるから別れてしまったという様に相談時に説明しようとしますが、ヒアリングを重ねているとそうではない事が発覚し、年齢差があるからしょうがない…と自分に言い聞かせている事が分かります。

年の差がある人の皆が上手に恋愛が出来ていないか?と言えばそうではなく、年の差カップルというのは世の中には沢山います。

年の差があるから復縁出来ないのではなく、他の要因があり、それを理解する事が出来なければ永遠に復縁出来る時間は来ません。

復縁屋としては年の差が…という方に対して自分に対して言い訳を持とうとする事は止めましょう。という話しをさせていただいています。

自分に言い訳を持ってしまい復縁したいけど…と最初から諦めなければならないのか…と自分に言い聞かせようとするのであれば復縁は難しいとしか伝える事は出来ません。

年齢差があってもちょっとした価値観の違いがあっても、今まで付き合ってこれたにも関わらず、何故復縁を目指す時だけ年齢差を言い訳にしてしまうのでしょう?

付き合っている時に周囲の人達から年齢差について何か言われた時に年齢差は関係ないという話しをしていませんでしたか?

好きな人と結ばれる事に年齢差は関係ありません。

お互いの気持ちが伝わり、お互いの気持ちを理解し、その人がたまたま年齢差があったという後付のモノに対して、復縁を意識する時は年齢差が先に来てしまい、他に原因がないかのように考えてしまうのが年齢差を抱える人の復縁問題です。

あなたは復縁したい相手からしてみれば年齢差を感じさせない位に魅力的な異性だったのです。

その自分が年齢差を意識し過ぎてしまい、先に進めない…と考えてしまえば復縁する事は当然出来ません。

最初から年齢差がある事は分かっていた事で、それをお互いに承知の上で魅力を感じ付き合った2人です。

自分の自信のなさを年齢の所為にしていれば到底復縁を望む事は出来ません。

本当は復縁したいんですよね?

年齢差を気にしたくないんですよね?

年の差カップルだけではなく、どんな状況の人も変わりません。

復縁したいのに後付の言い訳は必要ありません。

必要なのはどうしても復縁したいという気持ちを持って相手に接する事が出来るのか、それとも諦めようと決断するかどうかだけです。

諦めたくないのであれば言い訳を作って行動するのではなく、言い訳ありきの行動を控える様にしましょう。

■⇒復縁とマラソン

■⇒復縁したい男性の男らしさとは?②