最近復縁屋別れさせ屋ジースタイルに増えている復縁相談で、以下のようなものがございます。

――――――――――

彼氏(または彼女)と喧嘩をしてしまいました。
きっかけは些細なことだったのですが、お互いに意地を張ってしまい、引き返せなくなった感じです。
仲直りをしたいのですが、その方法がわかりません。
このまま別れるのは嫌です。
どうすればよいでしょうか?

――――――――――

仲直りの方法とは?

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

一言に仲直りといっても、その方法には様々なものがあります。
というのは、男女それぞれで方法には違いがありますし、そもそも仲直りが必要になった状況によってどのようなアプローチが良いかは変わるからです。
ですが、共通していることもあります。
それは【素直になること】。

素直になる大切さ

お客様が別れたいのであれば話は別ですが、別れたくないのであれば、別れたくないことに対して素直になることが、仲直りには必要となります。
お客様の中には、「ぼく(またはわたし)が悪いわけじゃないのに、こっちから謝らなければいけないのですか?」と仰る方もいらっしゃいますが、そう思うのであれば、謝らなくてもかまいません。
ただし、そのまま関係が終わってしまう覚悟が必要です。
というのも、お相手様の気持ちはお相手様にしかわからず、もしかするとお相手様も別れたくないと思っているかもしれませんが、「これをきっかけにもう別れてしまってもいいや。仕方ない」と思っているかもしれません。
もし後者だった場合、お客様から謝ってでも関係を続ける努力をしなければ、待っているのは自然消滅です。
お客様が「別れたくない」「復縁したい」「仲直りしたい」「よりを戻したい」」と思っているのであれば、お客様から謝ってでも関係が継続するようにアプローチをしなければならないのは、当然ですよね?

どっちも悪い!

仲直りするときに必要なことは、【どちらが”より”悪いか?】との責任論ではありません。
極論にもなりますが、喧嘩になった以上=喧嘩を防げなかった以上、【どっちも悪い】のです。
仮に喧嘩の原因がお相手様の浮気だったとしましょう。
浮気をしたお相手様が悪いのも確実ですが、その浮気を防げなかったのはお客様自身であり、お客様も悪いです。
また、そのようなお相手様を選んだものお客様自身の責任であり、そういったお相手様と別れたくないと思うのであれば、お客様だってその泥を被る必要があります。
そして、浮気が判明したときに喧嘩になるような話の流れにしてしまった責任もお客様にあります。
もしお相手様が感情的に浮気に対して言い訳をしてきたとしても、お客様が冷静であれば喧嘩になりようがありませんよね。
そこで同じように感情的になってしまったから、喧嘩になるのです。
喧嘩にどちらか一方だけが悪かったというのはありません。
喧嘩になった以上、どちらも悪いのです。
だからこそ、まずお客様から素直になって謝るとの姿勢が重要になります。

仲直りのコツ

復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

細かい事情によって仲直りの方法や詳細は変わりますが、基本的には【シンプルに謝ること】が仲直りのコツです。
「アレも言いたい」「こんな事情があったと説明したい」と多弁になって謝罪をする人もいますが、多弁になればなるほど、人は余計なことを言ってしまいがちです。
そして、そういうときに口から出てしまう”余計なこと”は、高い確率で喧嘩を更に悪化させる原因にしかなりません。
例えばお相手様にも責任がある、なんて思われかねないことを言ってしまったり・・・経験ありませんか?
余計なことを言って更に喧嘩を悪化させないためにも、不必要なことは言わずにおいたほうが、いらない摩擦が起こりません。

余計なことは言わないが吉。・・・でも?

余計なことを言わないほうが良いからといって、言う必要があること、言うべきことを削ってしまっても、これまた意味がありません。
言わなくていいことと言うべきこと、きちんと区別をつけましょう。
というのは、

    ・自分の何が悪かったか
    ・自覚しているお相手様を傷付けてしまった点
    ・今後どうするつもりか
    ・同じ過ちを繰り返さないように、自分はこんな努力をしようと思う

がなければ、謝罪の意味がなくなってしまいます。
「ごめんなさい」だけをいきなり言っても、お相手様には何のことだか通じません。
謝罪をする前には、きちんと内容を練ってから謝るようにしましょう。

※謝罪の仕方についてはこちらも参考にしてください:謝罪の仕方を間違わないようにしましょう

まとめ

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

謝る、自らの否を認めるというのは、簡単なことではないかもしれません。
どう謝ればいいのだろう?
そう悩んだときは、まずお客様自身の一番の希望やしたいことは何かを考えてください。
「そのまま別れてもいい」と思うのであれば、何もせずにじっとしていればいいかもしれません。
そうではなく、「仲直りをしたい」と思うのであれば、まず自分から一歩動くこと。
お相手様も、お客様の一歩を伺っているのかもしれません。
このまま終わりたくない。
そう願っているのであれば、今の現実を自分の力で変えましょう。

■⇒復縁工作を依頼する前に知っておく事

■⇒復縁工作の手法・方法・手口