復縁屋、別れさせ屋ジースタイルは復縁したい人を応援させていただいています

復縁の為に考える際にどう考えれば良いのか?相手の気持ちに立って考えるのは当然の事ですが、相手の気持ちに立って考えることがどういうことか分からない人が大勢います。

復縁したいから考えることの「考える」について書いてみたいと思います。

弊社ではヒアリング等を行う際に過去のやり取りのデータ等を拝見させていただき、「考える事」についてアドバイスをさせていただきます。

どうしても復縁したいと考える時は復縁したいという事ばかりを考えてしまい、復縁するために何をするのか?という事については考えません。

一人で復縁しようと努力する人の大半が復縁したいという考えばかりを持ってしまい、復縁するために何が大切なのか?という事を考えません。

何が大切なのか?を考えない為に復縁に繋がることがなく、復縁したいという気持ちと実際に復縁に繋がる行動を取らないことからジレンマを抱え復縁屋に復縁相談する事になります。

では復縁したいから何を考えるべきか?

ここで大半の人がテクニックについてインターネットで調べたものに対して考えます。

冷却期間をどれだけ空ければいいのか?メールやラインをどの様に送れば復縁出来るのか?復縁ブログ等に書いてある事を参考にし、自分なりに考えた「つもり」になってしまい、本当の意味で復縁に向けて考える事を致しません。

これらは復縁に向けて考えているのではなく、復縁したい気持ちを落ち着かせる為に考えたフリをしているという事に気付かなければなりません。

冷却期間をどれだけ空けようと、復縁メールや復縁ラインをどれだけ学ぼうと小手先のテクニックでどうにかなるほど復縁は甘くありません。

復縁について考えない人の多くは小手先のテクニックでどうにかしようと、その部分だけを考えてしまい、復縁に繋がる部分を考えようとしません。

別れるという事は相当の労力を使います。

その労力を使わせるほどの事をしておいて小手先のテクニックで復縁を望むのは相手にしてみたらいかがな物でしょう?

もしも自分が同じ立場であれば小手先のテクニックで復縁しようと目論んでいる姿に気付いた時、復縁したいと思いますか?

復縁テクニックの全てを否定するわけでは在りませんが、復縁テクニックを使うのであれば、その根本的な部分をシッカリと作り上げてからテクニックを使わなければ意味を成しません。

冷却期間を空ければどうにかなるのではないか?と考えている人の大半は、「ただ期間を空ければ相手が冷静になってくれる」と思いがちで、期間を空ければ相手が冷静になってくれるのでは?と考えるという事は「自分は何も悪くない。相手が悪いから期間を空ければ自分の良さに気づいてくれる」と思っている事と同じです。

別れた状態で復縁したいと考えているなら、相手が100%悪いという事はなく、自分にも何かしらの原因があるからこそ別れに至っているのです。

テクニックに頼ってしまえば、自分に都合のいい方向でしか物事を考える事が出来ません。

自分に都合の良いようにしか考えることが出来なければ復縁出来る可能性は皆無です。

自分にも何かしらの原因があり、それを改善していくからこそ復縁を意識させる事が出来、自分に直す所がないのであれば別れに至っている事はありません。

今、あなたが考えなければならない事はどういう事でしょう?

復縁したいと考えている時にどんな事を考えていますか?

復縁したいから考える事は何が大切だかもう一度良く考えて見ましょう。