復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

冷静にならなければ復縁は難しいので復縁屋に頼ってみる

彼や彼女と、あるいは夫婦などが何かしらの理由で別れてしまった場合、その時の勢いだったという事も珍しい事ではなく、それまでに積み重なった不満があったとしても、後でもう一度冷静になると、やはり別れるべきではなかったという後悔の念にさいなまれる事も多いです。

そうした場合、出来ればもう一度やり直したい、復縁したいと考える人も少なくないのですが実際に復縁となると実はなかなか難しい事も多いです。

自分の方はやり直したいと思っていても相手に全くその気がないと吹っ切れてしまっている様な事もありますし、また相手に新しい恋人が出来てしまっているという事もあります。

復縁したいと考えた際に、まず一番してはいけない態度とはどのようなものなのでしょうか?

人間というものはあまりに積極的に来られるとどうしても引いてしまいがちになりますのでしつこく復縁を望む態度は取るべきではありません。

積極性が良い結果になる時もない訳ではありませんが、積極さとしつこい態度とは少し違いますので気をつける必要があり、ましてや一度別れた相手からのアプローチというのは、積極性が逆効果になる事も多く、しつこい態度はストーカーの様に思われ、相手から逃げたいという感情が強くなってしまう事も珍しくありません。

ですので復縁したい時に絶対してはいけない態度というのは、未練がましくシツコイ態度になりますが、復縁を望む本人はこのような時には冷静さを失いがちですので、自分ではそのつもりがないのに知らず知らずのうちに相手からシツコイと思われてしまうような態度をとっている事が多くあります。

こうした事にならない為にはやはり復縁屋などに相談して冷静に自分の状況を分析してもらう事が重要で、復縁を望むのであれば、がむしゃらに進むのではなくアドバイスなどを聞き冷静に接していく事で良い結果に結びつきます。

復縁屋に状況を説明し、分析してもらう

大切な人から突然別れを告げられ、途方に暮れてしまったという経験をした事がある方はとても多く、振られても、大切な人の事が忘れられずに毎日が悲しく辛く、立ち直れそうにないという方がそこで諦めるのはまだ早いかもしれません。

この先、大切な人なしでどうやって生きていけば良いのか?今後その人以上の人はもう現れないと気分が落ち込んでどうしようもない時を過ごしてしまいがちですが、ここで大切なことは一旦冷静になって自分を見つめる事です。

ハッキリ別れの原因を告げられたのであれば、それを解決、改善する事を心掛け、原因が分からない場合であっても、これまでの自分の振る舞いで彼を不快にさせていないか、彼の気持ちが離れるような事をしてはいなかったかについて考える事から復縁への道は始まります。

別れてすぐはどうしても悲しみが先行し、混乱してしまう為、冷静になれませんが、一定の冷却期間が二人にとってより理解を深める事が出来るチャンスになる事もあり、大切な人の心が他の人に向かってしまっている場合には、大切な人の心を取り戻す事は難しいかもしれませんが、大切な人に新しい恋人が出来たり、好きな人が出来たという事が別れの理由でなければ、まだ望みがあります。と言っても、すぐに復縁を求めると、心理として追いつめられたような気分になり、逆に更に離れようという気持ちになってしまう事もあります。

その為、追い詰めるような事はせずにある程度の冷却期間を置いてから、二人で冷静になって話す機会を設けるなどして、腹を割ってとことん話す様にすると、復縁に繋がる事もあります。

冷却期間の間に客観的に自分を見つめ、自分磨きも怠らないようにし、一度は好き同士であった仲なので、お互いの問題点を明確にして、相手に真摯に向き合う事で、これまでよりも一層絆が深まり、その後のお付き合いが上手にいく事もあります。

そういった状況を第三者に分析してもらう事はとても重要なので相談だけでも一度、復縁屋に聞いてみるのもいいと思います。