こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤です。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに電話相談をいただくうちの半数は、お付き合いなさっていたお相手様との復縁を希望される方ですが、そのうち半数は、「何故振られたのかわからない」と仰るお客様です。

確かに、わたし自身の友人が交際相手に別れを告げられた際も、「何で振られたのかさっぱりわからない」だったり、「言ってた理由は嘘で、本音は違う気がする…」と言っていることが多いなぁと思います。

別れの本当の理由は?

「仕事が忙しい」や「(あなたが悪いわけじゃないけれど、)まだ結婚が考えれなくて…」や、果ては「(価値観が)合わないような気がしてきた」なんて、はっきりしない理由で交際相手に別れを告げられた経験がある方は多いのではないでしょうか?

こういう場合は、相手を傷つけないために本当のことを言わずお茶を濁して別れを告げたい場合がほとんどです。

“傷つけないため”とポーズをとりながらも、自分が傷つきたくないとの本音が見え隠れする言葉で、ずるいなぁと、わたしは思っちゃいます。(笑)

また、「本当のことを言うと揉めてしまう」「穏便に別れたい」というのもあるでしょう。

「本当の理由を教えてよ!」と言ってしまうと…

そんなお相手に、復縁したいからと本当の理由を知るために詰め寄るのは、復縁の可能性を無くしてしまうNG行為だったりします。

「穏便な別れ」が出来なくなってしまいますからね。

縋って別れを拒んでいる姿は、お相手様が見たくなかった姿そのものなので、「重い」や「ウザい」と見られてしまいます。

「理由がわからない」理由とは?

復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

お相手様は、何故本当のことを言うと揉めてしまうと思ったのでしょうか?

その理由について考えてみましょう。

他に好きな人が出来た・浮気をしていた

本当の理由が言えない理由NO.1じゃないでしょうか。

他好きや浮気がバレることでの社会的地位の低下、婚約関係だった場合は慰謝料を支払いたくない、責められたくない。

それらの理由から、適当にはっきりしない理由を並べて別れを告げるパターンは、いただいた復縁工作の依頼の過程で調査をしていたら判明する“本当の理由”でもよくあったりします。

神妙に「僕(若しくはわたし)が悪いだけだから」と全面的に非を認める態度をとっていながら、その実は浮気で本当に悪かった!なんて、目も当てられません。

言わないほうがいい内容だった

例えば、

  • ・探偵による婚前身元調査等をされて、交際の先が難しいと判断された
  • ・見た目の変化(体重の増加等)
  • ・体の相性や頻度に不満があった

などの理由の場合は、お客様自身や周囲の環境の問題だったり、デリケートな部分の問題なので言えなかったとのことで、お相手様の優しさな場合もあります。

お相手様自身よくわかっていない

これも実は多い理由です。

  • ・なんとなく冷めた
  • ・なんとなく飽きた
  • ・なんとなく面倒になった
  • ・マンネリ

等、これと言った明確な理由は無いけれど、ふと今後の付き合いはしなくていいやと思われてしまった場合です。

自分の中でもよくわかってないからこそ、これと言った理由がはっきり言えなかったパターンですね。

好きになるのに理由が無いように、好きではなくなるのにも理由がないのかもしれません。

しかし、「嫌いになったわけではない」というのがポイントです。

嫌いになられていないのであれば、もう一度好きになってもらえる可能性=復縁できる可能性だってあるということになります。

以上の3つが、本当の理由を言ってくれなかった理由に思いつくこととなります。

が!

結局は、真実は本人にしかわからないのです…。

そういうときこそ

そういうときこそ、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルを利用する価値があるのではないでしょうか?

先に述べましたように、本当の理由を知りたいがために、お客様ご本人様がお相手様に理由を強く尋ねることは、印象を悪くしてしまうだけで、良いことにはなりません。

また、お相手様のお友達に探ってもらうのも、お友達がお相手様に「探ってきたよ」と洩らしてしまう可能性があるので、リスクが高いと思います。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル復縁工作も行っておりますが、お客様の希望があれば、工作は行わず「本当の理由の調査」(=工作の前段階までの契約)も行っております。

復縁工作に当たる部分はご自身で行うという選択もお客様次第ですので、一度ご相談いただければと思います。

本当の理由を知らずに、嘘の理由に踊らされて行動をすると、復縁の逆効果になってしまう場合もあります。

だからこそ、本当の理由を知る必要があるのです。

知ってから行動をなさったほうが、ご自身の改善すべき点も明確になりますので、復縁しやすくなるのではないでしょうか?

フランスの女性作家コレットさんは、

失恋して痩せることが出来るなら、何回でも失恋したいわ

と仰っていたそうです。

それくらい失恋を簡単に考えることが出来ればいいのですが…なかなか難しいですよね。

かといって、失恋を重く考えて身動きが取れなくなってしまうのも、人生においては大きな浪費です。

本当の理由を知ることで、復縁を諦めることになるかもしれません。

しかし、人生は長いようで短いのです。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルを利用することで、その一歩が次の恋への足がかりになるのであれば、それはそれで良い結果だとわたしは思います。

どんなかたちであれ、お客様の人生において輝かしい新たな未来をを拓くお手伝いを、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルはしたいと思っております。

それでは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤でした!

復縁を目指してる人にはこんな行動はダメ!

遠距離恋愛の復縁を目指すお客様へ