復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁の手紙の書き方、復縁のLINEの仕方、復縁メールの送り方、復縁したい人に、この3つの中で一番効果がある復縁方法はどれでしょう?という質問をすると皆さんが口を揃えて復縁の手紙が一番効果があると答えます。

しかし、この答えが実は間違っている事に気づきません。

少し意地悪な質問なのですが、復縁の手紙、復縁のLINE、復縁メール、これらの中からどれかを選択している人は手紙、メール、LINEの本質的な物が分かっていない為に、こういった「道具」に頼って復縁しようとしている事に気づきません。

手紙は気持ちを込めて書いて送る事が出来るじゃないか!!!電子よりも手書きの方が気持ちは伝わるはずでしょ!!!ラインみたいな手軽なものよりもメールの方が断然良いし、メールよりも手書きの方が断然良いに決まってる!!!

大きな勘違いだという事に気づかなければ致命的です。

復縁屋の立場からしてみれば手紙もメールもLINEも変わりません。

どんなツールを使うかが重要なのではなく、どの様な言葉で相手に自分の気持ちを伝えるか?が重要なのであり、ツールで手紙という選択をする人は相手に何を伝えるか?について考える事が出来ないのです。

手紙は気持ちを込めて文字を書く事が出来るの気持ちは何を込めるつもりなのでしょうか?相手に対する気持ちを込めるのではなく、自分の自己満足の気持ちを込めてしまう為に手紙なら伝わるのではないか?と自分に都合の良い様に考えます。

何故か相手が読んでくれるという前提で、手紙を受け取っても中身を開くかどうかも分からない物に対して気持ちを込めているから伝わる。と自分に都合良く解釈をし、更に自分の都合の良い事ばかりを書いてしまう様な手紙を読んで誰が復縁したいと思うのでしょう?

復縁したいから手紙に自分の気持ちを書いて送れば伝わるはずと都合の良い妄想をしていても、復縁したい相手はあなた以上にあなたの事を理解しているのですから気持ちを伝える事は出来ません。

大切なのは相手に対する手紙、メール、LINEの内容であり、その内容を何を書くかによって復縁したいという気持ちが分かります。

何をどう書くか?が重要なのであって、何を使って伝えるか?という事は大して重要な事ではなく、その事を理解して送るLINEと何も考えない手紙のどちらが気持ちが伝わるかは、弊社の復縁ブログを読んでいただいている方は分かるのではないかと思います。

それでも復縁の手紙のにこだわりがありますか?

復縁屋に頼る人とそうでない人

復縁できるかどうかの判断は?