復縁したいと思ったときに、お相手様にどのような方法でアプローチをしますか?

手紙、電話、メール、LINE、直接言う、誰かを介して言う・・・。

様々な方法が考えられますよね。そんな多くの方法において、共通するひとつの問題があります。

それは、【そのアプローチが届かない or 届いても拒絶される問題】です。

例えば別れるときに、お客様がお相手様に暴力を振るったとしましょう。

そんな相手がいきなり会いにきて「復縁したい」なんて言って、復縁できるでしょうか・・・?

可能性はゼロとは言いませんが、非常に高い確率で拒絶されるでしょう。場合によっては通報されたりするかもしれません。

また、別れてからかなりの期間が経っていたとします。

そもそも電話番号やメールアドレス、LINEのIDが変わっている可能性が高く、手紙を送ろうにも、同じく住所が変わっているかもしれません。

そして、あまりに久しぶり過ぎて、「なんか届いたなぁ~」くらいで流されて放置されることもありえます。誰かを介そうにも、共通の知り合いがいないなんてことも・・・。

そのように、アプローチをしたくても届かなければ、または届いても拒絶されるような状況であっては、復縁はできません。

上記のようなものを理由に復縁を諦めた方あ、実は多いのではないでしょうか?

または今この瞬間、復縁を諦めようと思っているのではありませんか?

ちょっと待ってください!

一度、復縁屋を利用することについて、考えてみませんか?

今ある問題が、もしかすると復縁屋のサポートで解決するかもしれません・・・!

アプローチが届かない問題の解決=復縁調査

直接連絡をとる手段がない

今何をしているのかわからない

投げかけたアプローチが届くかどうかわからない

そういうときこそ、復縁調査です。

復縁調査では、通常の素行調査と違い、【復縁のためのお相手様の調査】をします。

そもそもの連絡をとる方法や、連絡をとることが難しい場合、「どう会えば一番自然に再会が出来、そしてお相手様にプレッシャーがないか?」などが、復縁調査のメインです。

また、連絡をとる手段がなく行方がわからないなどもそうですが、そのアプローチがお相手様の心に届くアプローチになっているかが非常に重要です。

極端な話、お相手様の心に届かないアプローチであれば、最悪の場合”ストーカー”などと勘違いをされてしまう可能性だってあります。

きちんとお相手様にフィットしたアプローチをすることが重要なのです。

以前の記事「コミュ障でも復縁できるか?」でも書きましたが、復縁のアプローチに大切なことは、

適切なタイミングで

適切な内容を

ピンポイントに伝える

この3つです。

この3つを満たすアプローチができるように、アプローチ内容を考える材料として、復縁調査で情報を集めるのです。

言い換えれば、情報がないままに無闇やたらに自分本位なアプローチをしてしまうから、結局アプローチが行き詰ってしまうのです。

しっかりとした根拠を持ってアプローチの仕方を考える。

素人であるお客様だけが考える”復縁”と、プロの復縁屋が考える”復縁”の違いが、ここにあります。

届いても拒絶される問題の解決=復縁工作

届いたはずのアプローチが拒絶される理由はどこにあるのか?

これについても復縁調査で調べますが、例えば先述の別れた際の暴力の印象が復縁の妨げになっているような場合、一辺倒に電話やメール、LINEだけでは復縁が難しい場合もあります。

そういうときに必要なのが、復縁工作です。

お相手様に直接接触をして、その問題の解決に努めます。

上記のDVを例とするなら、お客様が反省している旨を間接的にお相手様に伝えるのと同時に、DVのカウンセリングに通っているなどの情報をお相手様に入れることで、「改善しようと努力している」との印象をお相手様に与えることが出来ます。

復縁工作だけでは簡単に復縁することは出来ませんが、復縁調査や自己改善と併用することで、初めてその効果を発揮するのが復縁工作なのです。

また、アプローチを拒絶される理由としてよくあるものが、”お相手様に既に新しい交際相手がいる場合”です。

このようなときは、復縁工作と同時に別れさせ工作を行う場合もあります。

復縁というものは、表面的なことばかりをしても意味がありません。

しっかり根元から、時には拒絶される理由そのものを無くしてしまうことだって必要なのです。

別れさせてしまえば、拒絶をする理由がなくなるために、アプローチは届きやすくなります。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの行う別れさせは、お客様の希望に沿う形の別れを提供するために、”復縁のための別れさせ工作”もあるのです。

まとめ

復縁したいときのアプローチに伴う問題は、お客様によってそれぞれです。

しかし、その問題たちを無視しては、できるはずの復縁も出来なくなってしまいます。

状況を整理し、情報を集め、結果に沿った動きをすることで、復縁の確率は大きく変化するのです。

ひとりで考え込んだり、闇雲に行動をしても復縁はできません。

しっかり計画を立てて思慮深く行動をすることが、復縁への近道であり正道です。

今自分がしようとしているアプローチは、本当に復縁に繋がるアプローチになっているのか?

それをじっくり考えてみてください。

LINEを連続送信した容疑で逮捕者が…

復縁する為に必要な事の一つ