復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

ストーカーをする人と復縁したいを叶えたい人の差は「相手の気持ちを考える事が出来るか?」という差だけです。

復縁したい相手が怖がってしまうのではないか?復縁したい相手が迷惑だと考えてしまうのではないか?復縁したい相手が嫌ってしまうのではないか?

復縁したい相手の事を考える事が出来て初めて復縁に繋がりますが、ストーカーは復縁したい相手の事を考える事が出来ません。

しかし、ストーカーは復縁したいという言葉を発し、本当に復縁したいと想っている人と同じ言葉を発する為、世間では復縁=ストーカーという認識を持っています。

復縁屋からしてみれば復縁したい人とストーカーをしたい人とは決定的に違う事は話した内容で分かります。

話した内容で分かりながらそれを注意するとストーカーは怒るか、意に介しません

しかし復縁したい人に、それはストーカーですよと伝えると、そうですよね…と落ち込みます。

復縁したい人とストーカーの人達は復縁に向けて進む行動も勿論違いますが、考え方や視点に関しても全く異なるのです。

復縁したい人とストーカーには自己満足と相手の事を想ってという全く違う考え方があるのですが、復縁したい人とストーカーは同じ人物に見られがちです。

同じ人物に見られがちの為、復縁したい人は復縁したいと声を大にして相手に伝える事が出来ず、逆にストーカーは復縁したいと声を大にして周囲に吹聴します。

復縁する為のキッカケを自分はストーカーじゃないか?とビクビクしながら探す事が出来ず、復縁したいという自分の気持ちと葛藤が出て来てしまいます。

ストーカーは自分がストーカーだという認識なく行動する為、自分の行動に対して不安に思う事もなく、不安に思う事がなければ正しい行動だと認識してしまい、誤った行動を止める事がありません。

誤った行動を続けていれば、それが加速していき、ストーカー行為の歯止めが利きません。

歯止めが利かない為にストーカーは加速していきます。

加速して周囲の人が誰も止めてくれない為に復縁とは遠ざかり、ただ犯罪行為を繰り返してしまい、警察のお世話になってしまいます。

警察のお世話になってしまう為に更に復縁とは程遠い所にいってしまい、復縁から更に離れてしまいます。

犯罪行為をしている人と、復縁したいと思ってくれる人もおらず、結果的に自分で自分の首を絞める為の行動を起こす様になってしまうのです。

復縁したい人は復縁したいけれど、何をすれば良いのか?が分からず、復縁とはストーカーとは真逆に何も行動出来ない人も多くいらっしゃいます。

その為に復縁屋に頼ったり、復縁工作の依頼を検討する等、他者の力を借りて復縁を目指す人が大勢いらっしゃいます。

復縁したい人とストーカーの差がある中間の人達はあまりいらっしゃいませんが、一番復縁しやすいのは中間地点の考え方をしている人だという事を覚えておいていただければと思います。

■⇒復縁の為に 同じ過ちを繰り返さない①

■⇒ひらめきだけでは復縁できない