復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。

復縁したい相手と復縁をしたいと切実な想いで弊社復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁の相談にこられるお客様からお声を沢山頂きます。

男性、女性問わず復縁を望んでいる人の大半の方は、復縁したい相手との破局の原因を自分自身がとってきた「行動・言動」が発端であること、それが原因となり復縁したい相手の気持ちが離れていったことだという事をしっかりと認識されているはずだとは思います。が、しかし、その認識が”欠落している人”も含まれていることは否定はできません。

前者の方、後者の方問わず、まずは復縁屋へ依頼をする前に、復縁する為に自己で復縁活動をやっている方は非常に多いのですが、後者である自分自身の反省をされない復縁を望む人は、まずは自分なりの考え(誤った思考)復縁の為の行動を起こすのですが、当然、復縁まで辿り着ける事はありえないわけで・・・。復縁を望むのは復縁したい相手への一途な想いとして否定はしませんが、まずは、復縁が出来る前提で行動すること自体に問題があることに気が付いて頂きたいものです。

まず復縁したいと望む方の復縁活動は、実際に復縁したい相手に会う(強引)、復縁したい相手との会話(電話、ライン等)、という事を軸として考えられます。ちなみに、この身勝手な行動は復縁したい相手のことを思いやっているとは考えられない間逆の行動です。

実際に復縁したい相手に会い会話を交わさなければ、復縁したい相手の気持ちを聞くことは困難なのはわかりますし、当然の行動のようにも思えますが、しかし会って話をするだけで、復縁したい相手の気持ちがかわってくれる?もしくは、自分の切実な想いを復縁したい相手に必死に伝えればわかってもらえる?とお考えなのでしあれば考え方が短絡過ぎて言葉も失ってしまいます。

実際に、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ相談をされヒヤリングを行うと、自分で復縁したい相手に会いたいという意思を伝えたり、復縁したい相手の自宅、職場、最寄り駅などで待ち伏せするといったストーカーまがいの行動を実行したことで、復縁したい相手にとっては非常に迷惑行為としか映らないため復縁に向かって進むどころか、別れた時よりもお互いの関係がさらに悪化してしまっていた、と言う事が少なくありません。

破局に至った責任を自己責任という認識をお持ちの方であれば、このように無茶な行動に出ることは少ないのですが、自己の行動を省みない、反省する意思を持ち合わせていない人に限って復縁したい相手の事を気遣えない身勝手な行動を起こすようですね。このような人の復縁に向けた行動って??疑問しか出てきません。

最も重要な別れた原因を理解されているのでしょうか?

その原因というものを理解したうえで改善されているのでしょうか?

破局時と変化のない人であれば復縁したい相手は会いたいという気持ちになるでしょうか?

相手の立場で考えてみたらわかりやすいのではないでしょうか?破局の事実を真摯に考えられない人、破局したにも係わらず接近、接触して来ようとする人、復縁したい相手が、復縁を考えるはずがありません。

自分で復縁したい相手との関係を崩壊しておいて復縁できないとみるや、復縁屋に依頼して修復してもらおうという考えているのであれば考えを改める必要があります。

復縁屋もその道のプロです。担当者は相談者の方とヒヤリングを行うことで、その人がどのような考えでいるのか?などは正直言って判断する事は容易なことです。

実際に復縁したい相手と接触し話しをしなければ、復縁は難しいという事は事実ではあります。が、しかしそれは、復縁屋として、合理的且つ効率的なプロセス(復縁調査復縁工作)を経る事で、最大の効果を発揮する事であり、復縁には何の根拠も無しに短絡的な行動で成し遂げられる簡単なものではないということを、復縁したいと望む人は知らなければなりません。

■⇒お客様とWin-Winな関係を

■⇒各種工作よりも優先すべきこと