復縁を目指す上で大切なポイントを5つ挙げますので、復縁を目指している人の参考にしていただきたいと思います。

約束を守る

約束を守る事というのは最低限必要な中の1つです。

復縁したいという立場、復縁されたいという立場、お互いの立場は言葉では似ている様で異なります。

復縁したいという人が復縁したい相手との約束を取り付けた時に自分から「お願いして約束を取り付けた」のであれば、よほどの状況がない限り約束は守らなければなりません。

例えば相手が約束を守ってくれない…という状況があり、相手が約束を守ってくれない事に納得がいかないというのであれば、その時点での復縁を求めるべきではありません。

本来相手は約束をする必要がない中で約束をしてくれた。と考える事が出来なければ復縁への立ち位置というものが変わって来ます。

復縁へと向かう立ち位置を確認してもらう為にも復縁したいという立場で約束を守るという事は大前提で必要な事になります。

付き合っていた時から時間にだらしなかった…という事に不満を持たれる人が中にはいますが、その部分の不満を持ったまま復縁に向かった所で相手が妥協する理由はありません。

約束を守るという事は人としては当たり前の事ですが、復縁したい相手との約束だけではなく、どんな人との約束も守ろうとしていた…という気持ちだけではなく、行動で表す事が出来なければ嘘つきというレッテルを貼られてしまい、どんな言葉も嘘にしか聞こえなくなってしまいます。

復縁したいのであれば約束を守るというのは最低限必要なポイントになります。

自己中心的な考えをやめる

自己中心的な考えを持ち、その誤った考え方が如何にも正しいという認識の元に復縁活動をされた所で復縁に繋がる事はありません。

自己中心的な考えを受け入れてくれていたというのであれば、今現在復縁したいという言葉が脳裏に出て来る事はなく、別れている今、関係が拗れている状態であれば身勝手な考え方を変えなければなりません。

相手の事を想うからこそ相手も自分の事を想ってくれます。

独りよがりで身勝手な考えを持っているのは相手の事を考えるのではなく自分の事ばかりを考えてしまっているという事に繋がり、一番大切な人が復縁したい相手ではなく自分自身となっているのであれば復縁を意識してくれる事はありません。

あなたの常識は世間で非常識

非常識な考えを相手に押し付ければ、その相手は接点を持つ事すらも拒否をします。

自分勝手な行動、発言をしていては復縁は遠のき、人との交流すらもままならないものになりますから最低限必要なポイントの一つになります。

妄想はやめなさい

妄想をしてしまい、現実を受け入れる事が出来なければ現実社会は受け入れてくれる事がなく、現実社会で生活をしている復縁したい相手もまた受け入れてくれる事はありません。

嫌な事から逃げ、現実を直視する事が出来なければ現実は容赦なく襲いかかり、復縁に向けて進む事はありません。

自分の都合の良い事ばかりを考えてしまい現実から乖離した物事の見方をしていても復縁に繋がる事はなく、現実を現実として受け入れていくからこそ解決策を見出す事が出来ます。

現実問題を直視する事が出来ない人の多くは現実にある問題に向かっていく事が出来ません。

その為、そういった問題から目を背け、何も解決に繋がっていない状況にも関わらず自分の中では一歩づつ前進をしていると錯覚します。

現実を見る事が出来なければ復縁までの間に積み重ねられた様々な問題の解決に繋がる事はありませんから妄想をしている間は復縁は永遠に来ないという事を理解しましょう。

他人のせいにしない

別れた理由などを他人のせいにし、自分は悪くないと考えていれば復縁は難しいと言わざるを得ません。

自分は悪くないのであれば復縁したい相手はあなたの事を必要としていますし、必要としない理由を作ったのは「あなた自身」だという事を忘れてはいけません。

「自分も確かに悪いけど、相手も悪い所があって…」と自分が悪い事を自覚している様に話される人もいますが、本当に自覚しているか?と言えば自覚されていない人が圧倒的に多いという統計があります。

自覚しているつもりになって、自分を落としながら他人も悪いと言ってしまう。

始末の悪いケースですと自分は全く悪くないと半ば開き直りの様に考える人もいます。

問題を作ってしまい、解決したいのは誰でもない「あなた」です。

問題を作ってしまったから解決したいと考えているのにも関わらず、自分は悪くないと考えてしまえば根本的な問題の解決に到る事はありません。

別れたという結果があり、その結果には問題というものが必ず付いて来ます。

問題を解決するのであれば他人のせいにして問題に向き合わないのではなく、嫌な事があっても問題と向き合い、その問題を解決に進む様にすすめていかなければなりません。

自覚しなさい

今置かれている状況を自覚し、現状認識をしなければ前に進む事は出来ません。

現状認識をする事で出て来る問題に向き合い考える事が出来ますが、自覚をしなければ進むべき道に向けて進む事は出来ません。

自覚するという事は自分の非を認め、自分が誤っていた事をしてしまったから今があるという事を認め、何を誤っていたのか?どんな問題を抱えてしまっているのか?という事を自分自身で認識する事にも繋がります。

自覚が出来なければ先に進む事は出来ず、あなたが望むモノを手にする事は一生来る事がありません。

自分のおかれている状況、自分がしてしまった事、自分が抱えている問題、全ての事を自覚するからこそ手に入れられるものが見えてきます。

復縁したいと思うなら必要な事5つのまとめ

復縁したいと思うなら最低限必要な事は人として出来て当たり前という事も含まれています。

こんな事言われなくても分かっている。
今更読まなくても知ってるよ!!!

という人もいるかと思いますが、知っていると実際に出来ているは全く違います。

知っているからこそ出来ているのではなく、知っているからこそ行動に移さなければならないのですが、別れの原因の中には普段恋人から言われていたけれど、全く直さずに我慢に耐えかねてフラれてしまった…というケースは少なくありません。

相手が嫌がる事を知っていながらも行動に移さなかったという典型的なケースですが、復縁したいと思われてこの記事を読まれている人の中には身に覚えがある事をされていたという人も多いのではないかと思います。

今迄に出来ていなかった人がある日を境に突然出来る様になった…という事はありません。

今迄に出来ていなかった人が出来る様になるには積み重ねを繰り返し、自分が出来たと思うのではなく、他人から見て信頼を勝ち取って初めて出来たという事が言えるのです。

自分の評価を自分で決めるのではなく、自分の評価は他人が決める。

こういった気持ちがあって初めて出来ているという事に繋がります。

復縁したいという状況に最低限必要なポイントは人として最低限必要な事でもあります。

人間同士がお付き合いをしようというのですから人として当たり前の事をするのは当たり前であり、復縁したいという状況であれば人として当たり前の事が出来なければお話になりません。

最低限必要なポイントは総合すれば人としてやって良い事と悪い事の区別をつけて最低限のルールを守る事が出来なければ復縁は難しいという事を理解していなければ問題を解決に進めていく事は難しいと言わざるを得ません。