復縁したいを実現する為に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)を行っています
考える事、思う事、人の権利に口出しを出来る人はいません。

復縁したいという想いに対して自由な気持ちを持つ事や復縁したいという言葉を口にするのは誰かが侵害して良い権利はありません。

一般的に法律を犯す様な真似をせず、他人に迷惑をかける行為をしなければ、ある程度の事が認められているのが現代の日本です。

しかし、復縁とストーカーを混同してしまい、法律を犯している状態にも関わらず復縁したいという人が中にはいらっしゃいますが、法を犯している、ストーカー行為をしている時点で復縁したいという言葉を言える権利はありません。

復縁したいという言葉を言える権利は発言自体の権利を咎められるものがない以上、復縁したいという言葉を発する権利は勿論あるのですが、復縁したいという言葉を発し、復縁したい相手に伝える権利は剥奪されます。

復縁を考えた時に1人で行動を起こしてもどうにもならない状態が見えているのであれば1人で行動を起こす事をためらい、行動に移す事が出来ません。

1人で行動を起こす事をためらうしかなければ復縁に繋がる事はなく、葛藤を持ったままに生活を強いられるので復縁屋という存在が世の中には必要になってきます。

復縁したいと思うのは自由ですし、行動する自由も人の権利として保証されているモノです。

そういった自由の権利を人は皆平等に持っているのですが、自らその権利を放棄する人がいます。

自分勝手な行動や自分勝手な発言、自分の事だけしか考えない人の意見を受け入れてくれる人はいません。

自由な権利を自由に使う為には、自由な権利を守る為のルールというモノが必要になります。

復縁したいという人が持つルールは相手の権利を侵害しない様なものなのか?相手の権利を侵害しないのであれば復縁したいと口に出し、行動していくのは自由なのでどんどんやるべきです。

しかし、相手の権利を侵害する恐れが1人で復縁を目指す時にあるならば復縁会社に頼って復縁工作等の相談をし第三者を介して自分が持つ自由の権利を失くさない形を取るも一案として考えなければなりません。

復縁したいという自由な権利をあなたは自由に使えていますか?