復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁屋さん助けて下さい!!復縁したいんです!!!という声が毎日復縁屋・別れさせ屋ジースタイルには聞こえてきます。

復縁したい…この一言だけを弊社相談員に伝えて泣きわめく方もいらっしゃいます。

助けて下さい。と一言いただいても何をどう助ければ良いのかは分かりません。

弊社がご協力をさせていただき、助けられるのであれば、助けてあげたいのは山々ですが、ただ話しを聞くだけで助かるのか?それとも何かをすれば助かるのか?

お話をお伺いさせていただく事が出来なければ助ける事は出来ません。

復縁したいという当事者であれば涙を流し、もう一度会いたい…と思う気持ちも分からない訳ではありません。

しかし、「助けて下さい」という言葉や「復縁したい」という一言をもらうだけでは復縁屋はまだ部外者であり、当事者の気持ちとリンクさせる事が出来ません。

その状況でお話をお伺いさせていただけますか?という言葉を掛けさせていただいても、細かい事は言いたくない。と言われてしまえば助けて欲しいという気持ちに応える事は出来ません。

藁にも縋る気持ちで本当に助けて欲しいと願っているなら、せめて部外者にも分かる様に説明していただく事が出来なければどうにもならないことではないか?と常々思う事があります。

復縁屋は「助けてあげる」という様に上から目線で言葉を投げる訳ではありません。

復縁屋側としては「助けてあげたい」という言葉が本心です。

事情があって言いたくない事ももちろんあるかもしれませんが、それであれば復縁屋が協力出来る事は涙を流している方の言葉を聞いてウンウンと頷いてあげる事位しか出来ません。

「復縁したい」

この言葉に嘘があるとは思いませんが、その言葉通りの思いを叶えたいのであれば必要な情報はいただかなければ対応のしようがありません。

復縁する事と状況を説明する事のどちらが大切なのか?それはご相談者様次第になりますが、ご相談者様が協力していただく事が出来なければ復縁屋も協力する事が出来ないのです。

言いたくない事や言えない事もあるのかもしれませんが、それでも状況を変えたいと考えているのなら妥協していただける部分がなければ対応する事が出来なくなります。

復縁屋にご相談いただく事で悩みの解決に向かうなら良し、話しを聞いてもらう事でスッキリするのならそれも良いと思います。

復縁屋の使い方は復縁工作だけに留まりません。

自分次第で復縁屋はあなたの味方になるのか、あなたに無関係な存在になるのか変わって来るという事を覚えておいていただければと思います。

復縁したいという方が復縁に向けて頑張りたい!!と仰るのであれば復縁屋は世界中の人が敵になってもあなたの味方でありたいと考えます。

本当に復縁したいと願い、協力してもらいたい…と考えるのなら協力者に対してどうすれば味方となり、自分の望みに向けて同じ方向を向く事が出来るのか?を考えていただければと思います。

■⇒別れさせ工作の成功難易度は状況次第で変わって来ます。

■⇒復縁のためにすること