1度、縁があってお付き合いをしたが、何らかの事情で別れてしまった…でも、諦められない。

また、同じ相手と復縁したいと、思うお客様が多くいらっしゃいます。

しかし、今の状況を冷静に判断出来ないまま、復縁を焦るばかりでは、復縁の可能性はなくなってしまいます。

今回は、復縁のチャンスを逃さない為には、どうすればいいのか、お話したいと思います。

今後の参考にしていただければ幸いです。

■復縁をする為にやるべき事

復縁したいと1人で悩む前に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい

復縁するには、物事の順序があります。

この、順序を間違えてしまうと、復縁の可能性があるのにも係わらず、その可能性を取り逃がしてしまう事態に、陥ることもあります。

せっかく、復縁の可能性があるのに、自ら誤った行動で、可能性を無くす事は、悔やんでも悔やみ切れないものです。

まず、自分自身に焦りがある場合、気持ちを落ち着かせ、物事の順序を組み立てましょう。

しかし、冷静になって順序を組み立てるのは容易な事では、ありませんから、そこはプロの復縁屋の力を借り、復縁への扉を開けていきましょう。

■復縁の可能性を高める基本姿勢 とは

本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁したいとお客様が想っていても、相手にその気持ちがなければ、復縁出来る可能性は、とても低いでしょう。

しかし、可能性が低いからと言って、そこで諦めたら、その先の復縁への道は全て閉ざされてしまいます。

まず、お客様自身が出来る事から始めましょう。

ここでは、復縁したいと想うお客様に、基本姿勢についてお話します。

相手から復縁したいと思うように仕向ける事

相手に復縁の話を直球勝負でする事は、得策ではありません。

それはなぜか?相手にお客様と復縁したいと想う気持ちが無ければ、ただの重荷になってしまう可能性があります。

お客様がもし今、相手にすがり付いたり、必要以上に連絡をしているのであれば、直ちにやめましょう。

お客様ご自身で、相手の気持ちを振り向かせるのには限界があります。

その時は、復縁屋復縁工作を利用する事も選択の一つです。

自分の気持ちをコントロールする事

お客様が復縁したいとの思いから、相手に連絡をしたい気持ちをこらえ、連絡をしない事も必要です。

しかし、人は何か淋しい事や辛い事があると、誰かにその気持ちを知って欲しい、共有して欲しい、慰めて欲しい思うのです。

そこでお客様は自分の事をよく知っている相手に、連絡をついしてしまいます

相手の事を考えずに、一方的に連絡をしてしまうと、相手はどう思うでしょう?自分に置き換えて冷静になって考えて見る事をしましょう。

自分の気持ちを冷静にコントロール出来る事ようになりましょう。

復縁を焦らず時間を待つ事

人の気持ちはそう簡単に変わるものではありません。

復縁するにあたっても、相手の状況・気持ちを知る事が大切で確認しないといけません。

自分の気持ちだけを押し付けて、復縁をしたとしても、また別れるまでに、そう時間は掛からないでしょう。

相手の気持ちをお客様に、振り向けないといけません。

1度離れた気持ちを取り戻させるには、やはりそれなりに時間は掛かります。

お客様の状況・相手の状況が一致させなくてはなりません。

その状況を作り出すには、復縁工作が有効手段ではないでしょうか。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、お客様と共に復縁に有効な復縁プランを考えていきます。

■復縁したいと行動する前に考える事

復縁したいから行動したい…復縁相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

まず、お客様が復縁を強く望まれていないと、復縁への道は進みません。

しかし、気持ちだけ進んでも、良いか結果は生まれてきません。

ただ、自分の気持ちを押し通すのではなく、冷静になって今までの事を思いだし、行動していく事が大事です。

以下の3点をもう1度考え、気持ちを整理してみましょう。

自分に悪い所が無かったのか

別れる理由として、相手の気持ちを察する事が出来ず、自分勝手な行動・言動はしていなかったかを、冷静に分析する必要があります。

一緒にいた時に、相手から何度か指摘されていた事はあるが、その時には直せなかった。

知らず知らずの内に相手を傷つけていたのが、別れてから気が付いた。

お客様に別れた原因があるのであれば、そこを改善していかないと、復縁の可能性は低いでしょう。

相手に悪い所は無かったのか

別れた理由が、相手にあった場合どうすればいいのか…。

それにはまず、悪い所を相手に気付かせないとなりません。

一緒にいた時に何度も改善してもらえるように言ったが、直らなかった…では、そのまま復縁をした所で、同じ道を辿る事になるでしょう。

そして、何も言わずに我慢し続けて、関係を続けていて別れてしまった。

時には、我慢も必要かもしれませんが、必要以上の我慢は、お互いにとって何も良い結果をもたらしません。

これも、上記と同じ様に直らなかったら、復縁をしても同じ道を辿る事でしょう。

では、どうすればいいのか?これは相手に働きかける事が重要です。

お客様が言っても改善されなかった・何も言えずに別れてしまった場合は、第三者に指摘させ改善を促す事が得策でしょう。

友人や周りの知人関係に、協力してもらう事が、出来ればいいのですが、あまり距離が近すぎても、話を聞かない場合がありますので、その時には、復縁工作員を使って改善をさせる事が、有効ではないでしょうか。

同じ相手との復縁はマイナスからのスタート

これは、復縁をしてから「こんなはずではなかった。」・「これなら復縁をしなければよかった・」と思わないために、はっきりしておかなければいけない事です。

お客様の中には、復縁をすれば前のような関係に直ぐなれると、思っている方が多いのですが、1度壊れた信頼関係を取り戻すには、やはりマイナスからの関係に、ならざるを得ないのです。

しかし、これを悪い意味で言っているのではなく、このマイナスからの関係を乗り越えて、関係を継続できるようになれば、今まで以上の仲になれるでしょう。

このマイナスと言う言葉を怖がらずに、復縁を試みる事が大切です。

それには、1人で復縁していくには心細い事ですから、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの専門アドバイザーを交えて、乗り越えていく事をオススメ致します。