一歩進む勇気を持つ事で復縁したいを叶えられる可能性が出てきます。

しかし、その一歩進む為に、どこに向かって一歩進めば良いのか?という事が分からない方が大勢いらっしゃいます。

分かっていても全く別の方向に進みだし、一歩進むことの大切さは知っているけれど、方向を間違えてしまい、復縁とは別の方向に進みます。

復縁したいなら一歩進む勇気を出さなければなりませんが、その一歩をどこに向けて進めばいいのかが分からない…というのであれば復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

復縁したいから一歩進む為の方向

復縁工作、別れさせ工作で復縁したい気持ちのサポートをします

復縁したいから一歩進む為の方向をどこに持っていくのか?大抵の方は別れた原因を自分なりに分析し、その別れの原因を改善する為の一歩を踏み出します。

しかし、復縁屋のジースタイルにご相談いただく方の中にはその一歩がだいぶズレている方が沢山いらっしゃいます。

別れの原因を改善する為の一歩は決して間違っていません。間違っていないなら方向性は正しいじゃないか!?と思われるかもしれませんが、別れの原因は本当にその理由が正しいのでしょうか?もう一度確認してみて下さい。

浮気をされたから改善しようがない…という方もいらっしゃるかと思いますが、浮気をされたから改善しようがないのではなく、浮気をされてしまった原因を紐解いていかなければなりません。

別れの原因があなたの嫌な部分があった、あなたに直してもらいたい箇所があった、それを別れ話の際に持ち出されてしまい、改善に向けて頑張られるかもしれませんが、別れ話の際に単刀直入に、ただその一箇所を持って別れを決意したわけではないという事に気付かなければなりません。

別れ話というのは相当労力が要ります。

人との関係を築き上げてきたものを全て捨てる覚悟の話しをするのですから、何も考えずに別れ話をする事はありません。

それだけの労力を使って別れ話をするにしても全て思っていることを伝える事は出来ません。

人は他人に言葉を伝える時、思っている100%を伝える事は出来ず、良くて80%、悪ければほとんど伝わりません。

100%の別れの原因の内、あなたは何パーセントの部分を改善しようとしていますか?これを理解する事が出来なければ、いつまで経っても復縁に向けて一歩進むことは出来ません。

復縁に向けて一歩進むということは自己満足を満たす為に一歩進むわけではありません。

自己満足を満たす為に一歩進むのではなく、「復縁」に向けた一歩を進むようにしなければなりません。

こうした事が書かれている復縁屋が作った復縁マニュアルは大好評販売中です。

復縁したいと思われた際は参考にしていただければと思います。

復縁したいから相談する事で一歩

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁成功率を上げるお手伝い

復縁したいから相談する事で一歩進む!!!というのは本当なのかな?と思われるかもしれませんが、これに関しては「本当です」という言葉を出して問題ないかと思います。

理由としては、復縁したいと思われる方は皆さん同じ事ですが、自分自身が復縁したいと思っていて、復縁したいと思うという事は相手の気持ちに気付く事が出来ず、別れに至ったのです。

復縁したい相手の気持ちを理解する事が出来ていれば復縁したいという気持ちを持つ事はなかったでしょう…

しかし、現実は復縁したいという気持ちをもたれてしまい、別れを経験したからといって、復縁したい相手の気持ちを客観的に見ることが出来ないのです。

あなたは復縁したいという物語の主役です。

自分の演じているストーリーを客観的に見るには、その演技を後から録画したものをその物語から外れた場所で見なければ客観視する事が出来ません。

客観視する事が出来ず、客観視出来ているつもりになってしまい、そのまま自分の劇場内で誰に見せる事無く演技を進めてしまいます。

当然、自分の演技がどの様なものなのか?評価を得る事も出来ず、自己満足で終わってしまう為に復縁には程遠い結果だけが残ってしまいます。

自分はどんな演技をしているのか?という事を客観的に見てくれる人物は必要であり、そういった人がいるからこそ、その演技は良いも悪いも評価を得る事が出来、改善部分の修正などが出来、復縁に繋がるようになるのです。

友人・知人に相談する事

友人、知人というのは演技で言うならば一般のお客さんです。

目的としてはお客さんに見せ、評価を得るのですから、友人、知人に相談する事というのは復縁にとって悪い事ではありません。

一般のお客さんにウケる為に演技をする。その評価をもらう。

これに関しては正しい判断と思われるかもしれません。

しかし、その一般のお客さんが自分の身内であったら正しい評価をしてくれるでしょうか?

幼稚園、保育園の子供達の親は自分達の子供の演技を見て、上手に演技出来たね!!と褒めますが、幼稚園、保育園の子供達の親以外の一般の方は、その演技を見てどう思うでしょう?

間違いなく感動は致しません。

友人、知人に復縁相談する事は、客観視してくれているようで、身内びいきの部分は否定できません。

復縁したいから同情等の生温い目線で見たアドバイスをもらっていては、いくら努力をしていると言っても、それは「その人なりの努力」でしか在りません。

厳しい目線で見てくれなくては、本来の目的である「復縁」に辿り着く事はなく、復縁が目的で友人、知人を頼るのか、それとも同情目的で友人、知人を頼るのか?という部分に気付かなければなりません。

復縁屋に相談する事

復縁屋に相談し、復縁したいを考えるという事は同じ演技を見てもらう人物が違います。

復縁したいという公演を行う前にシッカリと指導してもらい、チケット販売などのお膳立てをしてもらい、身内ではない第三者にあなたの公演を見てもらうという事と同様です。

演技の指導をしてくれる人は、今までに培った知識と経験があるからこそ、何をすればいいのか?何がダメなのか?何をすればお客さんが喜んでくれるか?という事を知っています。

復縁屋が復縁を知っているという意味は、今までに復縁させた経験や知識がある事から、何をすれば良いのか?という事を知っているからこそ適切なアドバイスをする事が出来るのです。

演技の指導をする人は、その知識や経験があるからこそ、その対価を支払います。

復縁屋に対価を支払うという事は「復縁に向けての指導やチケット販売等の外的要素」を行ってもらう事と同等の意味を持っているという事になります。

身内だけの公演をし、自己満足の世界で没頭し、外部から客観的に見てくれる事もなく、行う復縁という公演と本来の目的であるものを手に入れる為に客観的に知識や経験があるものからアドバイスをいただき、外的要素を作り、成長させ、「素晴らしい舞台をもう一度見たい!」と思わせること、どちらが復縁成功しやすいかは分かるかと思います。

復縁したいから人に頼る一歩

復縁したいから行動したい…復縁相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ

復縁したいから人に頼る一歩を踏み出す事が出来なければ復縁に進むことは出来ません。

人は何かしらの行動を起こせば誰かに頼り、それが復縁したい相手と自分の問題だから誰かに頼る事や他人が入る隙間などないと考えていれば大きな間違いである事に気付かなければなりません。

復縁したい相手とあなただけの世界だとしても復縁したい相手は確実に過去のあなたと今のあなたを比べています。

過去のあなたと比べている対象が全くいなければ過去のあなたは別れを経験する事もなく、今のあなたは復縁したいと悩む事はないのです。

人が行動する上で誰かの力を借りる事を恥ずかしい事と思うのではなく、何かのアクションを起こす為には誰かの力を借りるのが当たり前だという意識を持たなければなりません。

誰かの力を借りなくても…と想い、インターネットで復縁の仕方などを探している時点で誰かの力を借りています。

それらはコソコソと誰かの力を借りる事と、公表して誰かの力を借りているだけの差であり、それは結局は自分自身のプライドの問題に過ぎないという事に気付かなければなりません。

人間なのでプライドを持つ事は当然です。

プライドを持った行動を取るからこそ人は人であるのですが、そのプライドにも様々な種類があり、復縁したいという状況に限っては、そのプライドをかなぐり捨てなければなりません。

少なくとも復縁したい相手に対してプライドを持って接して復縁出来ると思いますか?正しいプライドであれば問題ありませんが、必要でないプライドは捨てなければなりません。

復縁したいから他人に頼る事、そこに必要なプライドは何なのか?何よりも大切な人であればあなたのプライドとどちらが大切なのか?を自身で考え、どちらを優先するかを決めなければなりません。

典型的な復縁工作パターン

ネガティブを上手くコントロールすることで、復縁ができる