復縁したいとただ思うだけでは復縁に繋がる事はありません。

何故復縁出来ないのか?何故別れたのか?復縁する為には現状を分析しなければなりません。

分析した結果を元にどうすれば復縁に繋がるのか?を考えていく事が出来ますが、問題がなければ答えが出る事はありません。

問題を見つける事が復縁への第一歩になるという事をご理解いただければと思います。

復縁したいなら別れを分析

復縁したい人が行っている様で行っていない別れた原因の分析。

別れた原因を分析し、問題に気付くから答えに辿り着きます。

答えだけを求めて答えが出る事はありませんが、復縁したい人の多くは問題を探す事無く答えを見つけ出そうとしてしまいます。

1+1

という問題があるから答えは2になりますが、1+1を探そうとせず2を求めるのが復縁したい人の特徴です。

答えを求めるばかりに焦って問題を探さなければ答えは出てきません。

復縁したいと考える時に復縁だけを考えてしまい、別れの方に視点を置かなければ復縁に繋がる事はありません。

別れの原因が考えていたものと違う理由

現状を分析する際に自分都合で物事を考えるのではなく相手目線で分析しなければなりません。

自分が良いと思って行っていた事も相手からしてみれば悪い事…というケースは良くあります。

良いと思うからこそ自分は何度も繰り返していたのに、それが相手にとってみたらとても嫌な事だった…

目線を変えれば見えるものも異なりますが、別れた後も自分目線で見ていれば相手の気持ちに気付く事はありません。

付き合っている当時であれば自分目線で良かったものが別れた後も同じ目線で見てしまえば何時まで経っても別れてしまった本当の原因に気付く事はありません。

別れてしまったのですから何時までも自分目線で分析した所で本当の原因に辿り着く事はありません。

復縁したいけれど復縁出来ない…と考える人の特徴は別れた後も物事を主観的に捉えてしまう事が原因の場合は多々あります。

相手に復縁を意識させるのは難しくありません

復縁したい相手に復縁を意識させるのは実はそんなに難しい事ではありません。

復縁したいという事は一度は関係を作っていますからお互いにお互いの事を知っています。

何をすれば好むのか?何をすれば嫌がるのか?

別れを分析したからこそ出て来る解決策を使えば自分への興味を持たせる事が可能になります。

異性と初めて付き合う時、自分に振り向かせる為に何をしたでしょう?自分から告白した事がない人も自分を多くの人に良く魅せる事が出来たから告白しなくても告白されたのではないでしょうか?

相手に復縁を意識させるのは異性を落とすテクニックと変わりません。

ドキドキさせる。
自分の事を気にさせる。

意識を自分に向かせる事が出来れば復縁を考えさせる事は可能です。

復縁を意識させるという事は不特定多数を振り向かせるテクニックとは異なりますが、自分の魅力を最大限に出し、相手が嫌がる部分を消すという事をすれば自分が出せる最大限の魅力です。

自分の力量以上のモノを無理して出そうとしても出す事は出来ません。

付き合う時は最大限の自分を魅てもらえるので付き合う事が出来ました。

復縁だからと言って無理をせず付き合う前と同じ事をすれば良いだけなのです。

付き合う前に相手が嫌がる事をする人はいません。

付き合う前に自分の嫌な部分を見せる人もいません。

付き合う前は好かれる様に相手に良い所を見せようとします。

一度付き合ったという呪縛があり、相手は自分の事を知っているだろう…

自分は相手の事を知っている…

こういった情報が邪魔をし何をすれば良いかが分からなくなっているのです。

付き合っている時の情報はもちろん必要ですが、付き合っていた時の気持ちのままに行動しようとすれば復縁は難しくなりがちです。

他人から好意を得るという事は相手が誰であろうと変わりません。

無理して背伸びしようとせず今の自分をどれだけ良く魅せるか?が鍵になります。

復縁する為に自分を分析する。これもまた一つのポイントになります。

分析してポイントを挙げてみる

復縁の為に何が足りないか、何がいけないのか?を考えていただき、自分の良い所、悪い所、そして相手の状況、別れた時の状況、全ての情報を分析しなければなりません。

分析してポイントを挙げてみる事で自分に足りない所はどこか、復縁に向かう為に何をすればいいのか?

自分はどこが好かれていたのか?相手のどこが好きなのか?を冷静に判断する事が出来ます。

冷静に判断する事が出来るから復縁に向けてどうすれば良いかを知る事が出来ます。

自分自身で分析する事が出来れば誰かのアドバイスを受ける必要はありません。

一つ一つのポイントをどれだけ正確に挙げる事が出来るかどうかが復縁を解決させる為に必要な事だという事を覚えておいて下さい。

この言動、身に憶えがありませんか?②

今のあなたがしなければならないこと