復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁したいと思う時に復縁したい相手が【人間】である事にお気づきですか?

復縁したい相手が動物のはずないじゃないか!!!復縁したい相手が人間じゃなかったらおかしいだろ!!!という言葉をいただきそうですが、人間相手だからこそ、人間相手に出来る事をしなければならないという話しです。

弊社の復縁ブログを読んでいる人が動物との復縁を考えているといった事をお伝えしたいのではなく、相手も人間なのですから人間が嫌だと思う事、良いと思う事を考えるのに自分に置き換えてみれば分かり易いという事です。

例えば復縁したい相手から〇〇を直して欲しいという話しをされていた際に、空返事だけで「分かった」という事や言われた事を理解せず直しているつもりになっていた。

もしも、自分が同じ事をされたら嫌ではありませんか?

そんな事位で自分は冷めたりしない。

そんな事位で怒るなんて短気だ。

と思うかもしれません。

しかし、人が気になる部分というのは人それぞれに異なります。

気になる部分が異なるので、復縁したい相手にしてみれば大変な問題かもしれませんが、軽視してしまいます。

自分が嫌だなと思っている事は相手も嫌だと思う部分ではありませんが、その具体的な内容に固執してしまい、相手が嫌だと思っている事の本質に辿り着かない人がとても多く見られます。

相手の方も〇〇が嫌だからという具体的な内容が嫌なのではなく、それを聞き入れてもらえない姿勢に対して嫌だと言っている事が多く、それらを繰り返せば復縁したい相手は「この人は自分の事を好きじゃないんだな…」という事に繋がり、好きじゃないから〇〇すら直す気がないんだな…という事にも繋がります。

復縁したいけど出来ない人が直そうとするのは、その具体的な部分であって、具体的な部分にしか目がいかず、直さなければならない根本的な部分が分かっていない為に復縁したいと言っていても復縁してくれる事がありません。

自分が同じ立場であれば間違った部分を改善したと言われて復縁したいと考えるのか?を考えてみて下さい。

例えば男性がトイレに行った後にチャックを上げ忘れている事を何度も注意する女性がいるとします。

その女性はチャックを上げ忘れている事が嫌になって別れを切り出すのではなく、だらしない態度をとっていた部分に冷めて別れを切り出すのです。

だらしないを直すのではなくチャックをちゃんと今度から上げる様にするから復縁したいと言われても復縁したい相手は復縁したいとは思ってくれません。

男性を例にしましたが、女性の場合も同様です。

復縁したい相手の立場になって復縁に向けて努力をしなければ復縁する事は出来ません。

自分の立場に置き換えて自己改善をするのであれば自己改善しなければなりません。

■⇒復縁したい時に必要な気持ちの持ち方

■⇒復縁するからには認める事が必要