復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

弊社には毎日様々なご相談をいただきます。

メールや電話でのご相談、ライン@を使ったご相談、カウンセリングルームを使ったご相談と多くのご相談を承っています。

復縁相談、別れさせ相談、出会い相談、再会相談、様々な相談をいただきますが、これら相談に対して本気で悩みを抱えているのか、それとも誰かに愚痴を聞いてもらいたいだけなのか?本人も良く分かっていない様なご相談をいただく事があります。

稀に宇宙人が攻めて来るので助けて下さい!!という様な、何の話しをしているのか分からない方もいらっしゃいますが、株式会社ジースタイルは復縁屋、別れさせ屋の業務を行っているので宇宙人の来訪に対してご協力出来る事はありません。

もちろん全てのご相談者の方がこういったご相談をする訳ではありません。

多くの方は復縁する為にどうすれば良いんだろう?といった悩みを抱えている方ばかりです。

良くある質問の内の一つを書かせていただきます。

復縁したいけど相手に新しく付き合っている人がいるんですけど、どうすれば良いですか?

というご質問をいただきます。

相手に付き合っている人がいる時点で、その相手と復縁したい相手が別れなければ二股になりますし、復縁したい相手は二股する様な人なんですか?

という質問をさせていただくと、元カレ(元カノ)は真面目な人なので二股するタイプではありません。

という回答をいただきます。

二股するタイプでなければ復縁したい相手が別れるのを待つか、別れさせる方向に進めるしかないのではないですか?と言えば、やっぱりそうですよね…と意気消沈してしまいます。

分かりきった事だと思いますが、意気消沈する理由があるのでしょうか?

それとも新しい恋人から元カレ(元カノ)を取り戻せる自信があるのでしょうか?

一度別れを切り出されているにも関わらず…

別れた状態で尚且つ新しい恋人が出来ているという状態は少なくとも今のあなたよりも新しい恋人の方が付き合いたいと思われているという事です。

その状態を理解していて、現実を受け入れていれば新しい恋人がいる時点で別れるのを待つか、別れさせる方向に進むしかありません。

復縁したい相手から直接新しい恋人が出来た!!!という話しを聞いたなら、その時点で自分よりも新しい恋人の方を優先していると考えなければなりませんし、自分は現段階で太刀打ち出来ていないと考えるべきです。

そしてその現実を理解しているのであれば意気消沈する理由はありませんし、現実を理解した上で復縁したいと考えるのなら、進むべき道は新しい恋人よりも魅力的な存在にならなければなりません。

しかし、現実を理解しながらも現実を受け入れる事が出来ず、分かってはいるけれどどうしよう…と悩んでしまいます。

こういった悩みであれば最終的には自分で決めなければなりません。という言葉をお伝えするのですが、自分の都合の良い事ばかりを相談員に伝え、その考え方はおかしいですよ!という言葉をお伝えすると「自分を何でもかんでも否定しないで下さい!!」と癇癪を起こします。

ストーカー規制法に引っかかり、警察のお世話になってしまっている人が相手の家に行っても警察は分からないという考えがおかしいと言って否定するな!と言われても当然否定します。

着信拒否をされているから出るまで何百回でもかけ続けるという言葉を聞いても当然否定します。

ラインのブロックを解除しなければ…という脅迫めいた手紙を書くのはどう思いますか?と言われても否定します。

相手の方にそこまで嫌われているのであれば復縁は難しいですし、その原因を作ったのは自分自身ですよ。とその方自身も否定します。

これらの否定は犯罪抑止の為にになりますし、当然否定しなければならない事になります。

そしてこういった相談の様に見せかけてただ単に自分のエゴを誰かに話したいという方は本当に相手の事を考えているのか疑問すら出てきます。

恋愛は双方の関係があって初めて成り立ちます。復縁は恋愛の中の一種です。

双方の関係がなく、一方的に自分が自分が…と自分を相手に出しても受け入れてもらえません。

相談というのは問題を解決する為にするものであって、一方的に自分の意見だけを聞いてもらう為のものではありません。

話しを聞いてスッキリしてそれで問題が解決するのであれば復縁屋、別れさせ屋ジースタイルではいくらでも話しを聞く事を致しますが、解決しない自分勝手な事を聞いてくれといつまでも仰られても弊社相談員は復縁という目的の為に相談を聞いているので意味のない話しであれば聞く理由がありません。

相談なのか、ただ話したいだけなのか?弊社に相談する前に考えてみていただきたいと思います。

■⇒希望や情熱というガソリンで復縁に取り組む

■⇒復縁の為に出来る事を考えてみよう