復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

付き合いが長くなるとマンネリという言葉が頭の中に浮かぶカップルもいます。

好きな人のはずだけど、好きという気持ちが分からなくなり、愛情なのか、友情なのかが分からなくなり、結婚を意識していたカップルが破局し、破局した後に相手を想う自分の気持ちに気付き、復縁したいと仰る人がいます。

自分は復縁したいと想っても復縁したい相手は同じ様に思ってくれているかどうかは分かりません。

気付いた時には距離が離れ、マンネリ化してしまっている相手からは復縁したいと思う様な魅力を感じないと伝えられ、復縁とは程遠い方向に進んでしまいます。

気持ちを取り戻そうとしても一度離れた関係を取り戻す事は中々出来ません。

お互いに知り尽くしているからこそマンネリ化してしまい、そのマンネリ化から新たな魅力を見出させるのはとても難しく、復縁したいと足掻けば足掻くほどドツボにハマっていきます。

ドツボにハマったまま復縁を目指しても復縁したい相手はその気持ちを汲み取ってくれません。

きっと他に良い人が表れるよ。等のおざなりの言葉を投げかけられてしまい復縁どころか別の異性を復縁したい相手から勧められてしまいます。

復縁したいと思っていない相手にいくら復縁しようと伝えても復縁するメリットがなければ復縁を意識してくれる事はありません。

復縁したいのか分からないから今は復縁を考えられない…

復縁を求めてこの言葉を掛けられてしまった方はとても多いかと思いますが、この場合でも一人で復縁を目指そうとするのは正しい事なのでしょうか?

お付き合いが長ければそれだけ友人関係も把握するかと思いますし、友人を使って復縁を後押しする方法等、第三者の力を借りなければ中々先に進みません。

2人の関係が悪化してしまった訳ではなく、2人で話す機会は沢山あったにも関わらず、とても大切な話しをないがしろにして来たからこそマンネリ化に拍車をかけたからです。

この状態から脱出する為には復縁したいのか分からない…という言葉を出してくるという時点で「今は復縁を考えていない」と言っているのと変わらないので、復縁を考えていない状態から復縁を意識させる方向に進めていかなければなりません。

復縁したいのか分からない状態から復縁を考えさせる為には復縁したいと思わせる何か+αが必要になります。

復縁したいと思わせる何か」の部分が大きければ+αの部分は必要ありませんが、復縁したいと思わせる何かの部分を1人で見つけるのはとても困難です。

それが分かっていたなら別れていないのではないか?という事に気付く人は少なく、別れている現状を理解していれば自分で気付く事が出来ない…という事が分かります。

現実を受け入れる事はとても難しく、現実を中々受け入れる事が出来ない為に復縁する為の何かを1人で見つけられると考えてしまいます。

しかし現実は甘くはありません。

別れている、別れそう、こういった状態である事を受け入れなくてはならず、そうなってしまった原因は少なからず自分にもあり、その原因に事前に気付いていれば復縁したいという気持ちを持つ事もなく、別れという辛い現実と向き合っている今の状態には陥っていません。

復縁屋は復縁相談に来る人には現実を見ていただき、前を向いて進もうとしている人なのか、それとも現実と向き合わずに勝手に復縁出来る魔法のツールを探している人なのかを見抜きます。

魔法のツールを探している人には、そんな都合の良いモノは世界中探した所でありませんよ。という話しをさせていただき、現実を受け入れて前を向いて進もうという方にはご協力させていただきます。

復縁したいのか分からない…という言葉を復縁したい人からもらってしまった方で現実を受け入れようと努力される方は復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

■⇒無意識の行動が破局の原因

■⇒復縁工作失敗例(実はストーカー)