復縁したいと復縁屋へ依頼する方にはいろんな性格の方がいます。

根拠もないのに自信を持っている方や、間逆で、自分に自信がなく復縁の依頼をするといった方人間ですから人それぞれではないのでしょうか。

根拠なき自信を持っている方は何故別れる結果となったのかを考えようとはしない方も多いようです。

一度は好きになった相手なわけで別れに至った理由をしっかり振り返ることはとても大切なことだと思うんです。しかし、自信がある人は、その原因を見つめなおすことなく、自分は愛されてるはずと勘違いしていることでしょう。

ではなぜ別れたんでしょう?

復縁屋への復縁相談を受けている段階でも、根拠なき自信をもたれる人はそのようなところが見え隠れするものです。

どういういきさつで付き合ったのか聞くと、「相手が自分のこと好きになって告白されました」

察しはつくと思いますが、この相談者は男性です。

では別れた理由はなんだったのか尋ねると、「それがよくわからない」といった回答が返ってきました。

どうして別れたのかの原因がわからないのでは復縁しようがありません。復縁にはその原因を究明することでその原因を取り除くことによって、復縁したい相手と気持ちの修復を行っていく作業なのですから。

付き合っていた同士が別れるとなるのは、それなりの理由が存在するのです。もちろん、人それぞれ理由は異なるとは思いますが・・・

本当に理由が見当つかないんですか?と2度3度聞き直してみると、「もしかすると他に好きな男がいるのかも知れない」と、ぼそぼそっと話しをしてくれました。

別に恥ずかしいことではありません。復縁の為に復縁屋は事実を知りたいだけなのですから。

すべての状況を調査し、把握しているわけではありませんので、その理由だけと決め付けることは出来ませんが、原因の一つであるのは紛れもない事実なんです。

このように根拠なき自信を持っている方へは、疑問を持ったことを何度か聞きなおすことがよくあります。しかし、復縁したいという強い意思をもってわざわざ依頼してくるわけですから、復縁屋としてもその期待に沿う方向で進んでいかなくてはなりません。

しかし、事実をきちんとお話しいただかないと、その後の調査、復縁工作にも支障を及ぼす可能性も出てきます。

復縁を強く希望され、正直にお話しして頂ければ復縁屋としても復縁にむけて全力でサポートさせていただきます。

復縁屋に復縁の依頼をする方は本気の方

 

「復縁したいんですが・・・」と復縁屋に相談、依頼してくる方は毎日、何十人もいてその対応に追われています。

復縁屋は復縁工作を専門に取りおこない、復縁までの手助けを致します。

まずは、復縁したい相手とどのような別れ方をしたのかお聞きするのですが、なかには、非常に珍?な相談をしてくる人がいるのも事実です。

最近あった復縁相談では、「今でも彼女と一緒に同棲してますが、復縁したい」??というわけのわからない相談を持ちかけてきました。

えっ??と思うような相談をしてくる方が実際いたのです。同棲している、でも復縁したいって言ってる意味がわかりませんでした。

ただ、一緒に住んでるだけであれば同棲というより、同居といった方が正解ではないかと思いますが、その方の話を聞いていると、彼女とは週に2~3回セ〇クスもしてますとのことでした。

はいぃー??

と言いたくなるのは私だけではないと思います。彼女と同棲していて、やることしっかりやっていて、復縁したいと相談されたところで復縁屋としても、何のアドバイスをすることもこの先何も話することがないような気がします。

この人は誰と復縁したくて電話してきたのか?

話しが進んでいくうちに、その同棲している彼女から別れたいといったことを言われたとのことでした。

別れたい?と言うことはまだ別れていない?ではないのですかね?ただ、別れたくないから電話してきたのだろう、そういった事情であれば復縁屋としても協力できることはやりましょうということになるのですが・・・

その方に、別れを切り出された理由はわかっているのか問いただすと、本人は、間髪いれず、「わかっている」と答えてきました。

ちなみにその理由なんですが、彼女が外出している時、メールやラインで自分の存在をアピールしてしまうからだということでしたね。

自分アピール??いまいちよくわかりませんが・・・

彼女が誰か他の男と会ってるか探って問いただすとか、やきもちを妬いて激怒するといったことではないようで、ただ単に、自分アピール??よくわかりません。

彼女からは、その自分アピールがうざいと言われたようでした。しかも今回だけではなく、何度もその行為が原因で別れ話しになっているとのことでした。原因はやはり、その自分の存在アピールだったようで、じゃあ、その自分アピールやめれば、彼女も別れるといわないんじゃないんですか? っとつたえたところ、「そうなんですよね、でもやっちゃうんですよぉ~」

絶句です・・・

復縁屋に復縁の依頼をすることは相当悩んで連絡してくる方ばかりです。理由もよくわからないまま別れた方もいらっしゃいます。復縁屋はその原因を解明するため調査し、復縁工作を行い、無事復縁までつなげていくわけです。

復縁したいと望んでる方も、以前のままでいてもまた同じことの繰り返しになり結局また別れてしまうんですね。依頼者本人がどれだけかわることができたのかは非常に重いウェイトをしめるわけです。

自分で別れる原因をつくり、その理由もわかっているのに、それが出来ない?直せない!?

これは重症です。手の施しようがありません。

復縁したいのであれば、真剣に復縁を考えてる方、復縁屋への相談お待ちしています。

復縁屋は復縁したい方へ復縁出来るようサポートしています

妻への暴力によって離婚をすることになった夫婦がいたのですが、暴力を振るった旦那のほうから、自分が妻に対し行った態度を反省し、復縁したいと願っていた依頼がありました。

このようなDVによっての離婚は珍しくないのですが、暴力を振るっていた側から復縁を申し出て、復縁させるというのは非常に困難で、通常であれば復縁などとは程遠く、離婚してしまうことが多いのです。

心から反省しているといっても暴力を振るわれた側からすると、また同じことが起きるのではないかという不安や恐怖を持ち続ける生活が続くはずなのですから、とにかく相手と接触を避けたいと考え行動するものなのです。

それだけに、他の復縁のケースと異なり、暴力による復縁はけっして容易なものではないのです。今回は暴力を振るった旦那が復縁屋へ元妻との復縁の相談し依頼した案件であります。

復縁屋ではそれまでの状況を整理し、復縁工作を実行することを提言しました。

そこで、復縁屋でまずは、復縁したい元妻が依頼者の男性に対してどのような感情を抱いているか、復縁したい気持ちが少しでも残っているのかを調査し、わずかでも依頼者への気持ちがあるということを確認した後に復縁工作を行うことにしました。

難しい事例ではありましたが、今回の復縁工作は直接、復縁について話し合いの機会を設けることと致しました。

それまでは、元妻は旦那との距離をおいていたため直接の話し合いに応じていなかった事実があったからです。

依頼者と元妻との接触が終わり、後はお互いの話合い次第ということでしたが男性側の心から反省した態度がしっかりと元妻に伝わったことから、今回だけは復縁すると元妻からの申し出があり、無事復縁できたようでした。

通常であれば接触をすることも難しい事案ではあったのですが、復縁屋の復縁工作によって、直接話しができる段階まで誘導できたのが大きな勝因でした。

話し合いもうまく解決までむかい、更に復縁までできたことは復縁屋にとっても大変喜ばしいことでありました。

復縁屋のような専門の機関と言えども、このようなケースは簡単に復縁ができるものではありませんが、復縁できたのは復われわれの協力があったのは事実ですが、一番の要因は、依頼者の気持ちが相手に伝わったのはいうまでもありません。

復縁屋は復縁したい方へ復縁出来るよう惜しみない努力を続けていきます。

一人悩まず、復縁屋へ相談することをお勧めします。