復縁したい相手と話したい…会えばどうにかなる…復縁を考える方の中にはこういった考え方を持たれる方は大変多くいらっしゃいます。

しかし、こういった方の多くは、何故、復縁したい相手と会えばどうにかなる…と思えるのか?復縁したい相手と話したいと思う事を相手は望んでいるのか?といった事まで復縁したい相手の気持ちに立って考える事をしません。

復縁したい相手と話したいのは復縁したい立場なのですから分かりますが、相手はあなたと話したいと思っているのでしょうか?そしてあなたと会いたいと思っているのでしょうか?

別れた原因がありながらも、その原因を改善しない相手とあなたは会って話したい!と思いますか?

付き合っていたという期間がある以上、あなたに会って話したい!と思っていた期間は確実にあるはずですが、今現在は別れていて、そういった気持ちとは異なるという事に気付かなければなりません。

別れた今、復縁したい相手は少なくとも何かしらの原因があって、以前の状況とは異なり、あなたと会って話したいとは望んでいないのです。

もしも会って話せばどうにかなる。復縁したいと考えているはずだ!とその状況でも思われているのであれば、今現在復縁したい相手から連絡が来ていて復縁しようという話しに進んでいるハズですが、そういった状況になっていないのであれば今現在、相手はあなたと話したい。会いたいとは思っていないのです。

復縁したい人と復縁したくない人では根本的な部分が異なります。

片方は会いたい。片方は会いたくない。

だからこそまずは会いたいな。会って話したいな…と思える様な人間に成らなければ復縁したくない人からしてみれば、あなたと会う意味がありません。

あなたと会う意味、あなたと会う理由、あなたと会う事で生まれるメリット、これらがない為に別れるという選択肢をされたので現在復縁したいという気持ちが生まれて来ているのではないでしょうか?

そういったあなたと会いたいと思えない人があなたと会いたいと思ってくれていると思う根拠は何でしょう?その根拠は別れるという選択肢をした復縁したい相手の決心を再度覆す何かなのでしょうか?

自分は復縁したい相手の事を知っている。

第三者からそんな事を言われなくても分かっている。

もしもその様な事をお考えであれば現実を見て下さい。

「今、あなたは復縁したい相手にどんな理由にせよ別れを告げられました。」

その為に復縁したい…もう一度会いたい…もう一度話したい…という気持ちがあります。

この現実がなければ復縁屋ジースタイルのホームページに来る事もなかったでしょうし、今現在復縁について悩む事もないかと思います。

しかし現実は復縁したいと悩んでいる状態なので復縁ブログを参考にされているのではないでしょうか?

自分が作ってしまった原因をあなたは本当に冷静に見る事が出来ていますか?復縁したい人と復縁したくない人の気持ちを理解する事が出来なければ復縁工作を行ったとしても復縁は難しいと言わざるを得ない状況なのです。

そんな今の状況でもあなたは会えばどうにかなる。復縁したい相手と話したい…という言葉を出す事が出来ますか?

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

自分は頑張っているという人