本気で復縁したい人の心は本当に弱っている。と復縁相談を受けていると気付きます。

復縁屋に相談に来る人は復縁したいという言葉を発しますが、本気で復縁したいと悩んでいる方の心はとても弱くなっている為、傷つきやすい状態にあります。

復縁したいと仰いながらも全く心が傷ついていない人もいるのも復縁相談中に気付く事ですが、全く心が傷ついていない人の全てと言っても過言ではない位に心が傷ついていない人は復縁したいという本気の気持ちが全く伝わりません。

心が弱っている人はどうすれば良いかが分からなくて復縁屋に復縁相談をし、復縁アドバイスや復縁工作を求めて来る事がありますが、心が弱っていない人は復縁したいと仰いながらも、どこかで保険を欲しがり、保険があれば復縁を目指し、保険が無ければ他にいこうという気持ちが透けて見えます。

最初からそういう気持ちの人が復縁出来る訳がなく、復縁屋もそういった人をサポートした所で復縁に繋がらない事も分かっています。

そういった方に復縁工作を勧めても復縁の可能性は全くないので勧める事がないのですが、こういった方に限って復縁工作の成功率を求められたり料金について相談をしてきます。

何故自分は復縁工作の依頼を請けてもらえると思っているのか?復縁屋だから復縁工作の依頼を絶対に請けてもらえるものだと思っているのか?自分のして来た事をお金で解決しようとしている姿勢が丸わかりです。

しかし恋愛もそうですが復縁はお金で解決出来る問題ではありません。

復縁工作の誤解をしている人は大変多いのですが、復縁工作はお金を払えば復縁させてくれるものではなく、お金を払っても復縁を保証するモノではありません。

心が弱っている人であれば別れの原因などに真摯に向き合い復縁したい相手に復縁を意識させる事も可能性はありますが、その際に心理誘導をして外的要素から復縁したい相手に復縁を考えさせるのが復縁工作です。

しかし、別れについて何も考えず、自分は非がないと思い込んでいる人は相手にいくら復縁を考えさせる心理誘導を行った所で復縁を意識させる事は出来ても実際に復縁に繋がる事はありません。

復縁出来る人の多くは本当に復縁したいと悩み、悩み過ぎてしまい心が弱くなっています。

そうした方達の心のケアもしなければ復縁に繋がるプロセスを踏む事が出来ず、復縁に繋がるプロセスを踏む為には復縁屋は24時間体制でサポートする形を取れなければなりません。

復縁したい人の心は弱いものという認識がない復縁屋は依頼者の事をサポートする事が出来ず、復縁工作の技術があっても復縁に至る事はありません。

復縁したいという気持ちの辛さ、復縁したい相手に会えない辛さ、復縁したい相手と連絡は取れるけど復縁に繋がらない…等、復縁屋は沢山の本気で復縁したい人の声を聞いています。

だからこそ復縁したいという声が本気なのか?それとも本気ではないのか?という判断も容易につきますし、本気で復縁を考えている人をサポートする選択をします

復縁屋が復縁したいという声に真摯に耳を傾けるのは本気で復縁したいと願う人をサポートさせていただき、復縁までの道のりをシッカリと作っていきたいと思うからであって、本気で復縁を考えていない人に対して協力する為ではありません。

本気で復縁を考える人は心が弱くなっている。

復縁相談された知人、友人の方はこういった事を理解していただきたいと思います。

■⇒「復縁したい」と考えた時にまずすべき行動とは①

■⇒「復縁したい」と考えた時にまずすべき行動とは②