復縁を考えてみる為に何かの問題に直面した時、あなたならどうしますか?

目標を持ってそれに取り組む事で目の前にそびえ立つ壁を乗り越える事を選ぶ方と、目の前にある壁を乗り越える為にどうしたらその壁を乗り越える事が出来るのか?を考える方、どちらが正しいのか復縁アドバイスをさせていただきます。

復縁が成功しない人の考え方

復縁が成功しない人の考え方は目標(復縁)を持って取り組む事を優先し、問題があるにも関わらず自分の目標(復縁)に向かって進みます。

自分の目標が復縁の為、相手の事を考えなければならない復縁という問題にも関わらず自分の目標を優先する為、相手の事を理解しようともせず相手の事を考えようともしない為、復縁が成功する事はありません。

復縁成功率が低い復縁屋も同様の思考を持っており、復縁屋側の目標が復縁ではなく接触の為、この様な思考から問題を解決しようとせず適切な復縁アドバイスをする事が出来ない為にお客様の復縁という目標と復縁工作の復縁成功率が低い復縁屋の目標がズレている為、更に復縁成功率は低くなってしまいます。

復縁したい相手の事を考えるからこそ復縁成功率を上げる事に繋がりますが、自分本位の考えから目標を定め、その目標に向かって努力をしていると思い込んでしまう為に復縁したいといつまでも想うだけに留まってしまいます。

何故別れたのか?という事が分からない方の多くはこういった自分本位な思考の為に復縁屋に復縁相談をされるのですが、こういった思考を持ったまま復縁工作を行った所で結局は自分の満足だけの為に工作を行う事と変わらない事からも復縁工作が成功する可能性も低くなってしまい、この思考自体を改めなければ復縁は難しいモノとなってしまいますので、まともな復縁屋であれば、まずはこの部分に関してのアドバイスをさせていただかなければなりません。

復縁が自分本位では出来ない理由

自分本位な復縁では何故復縁出来ないのか?その理由は明白です。

相手があって復縁であり、相手があって恋愛です。

1人で恋愛をする事は出来ず、恋愛対象者がいる為に恋愛は成り立ちますが、恋愛対象者の事を考えずに恋愛する事は出来ません。

復縁は恋愛の一種ですから相手の事を気遣う事が出来なければ恋愛は成り立ちません。

恋愛に於いて自分の目的を優先する方が異性にモテるという事はなく、異性から好意を得る行動をする事が出来なければ復縁もまた出来るはずがないのです。

復縁したいという方の多くは自分の目的である復縁を優先するあまり、復縁したい相手の事を気遣う事が出来ず、自分が復縁したいという気持ちばかりを押し付けてしまう為に復縁に辿り着く事が出来ません。

別れ際に「別れたくない」という言葉や「もう一度考え直してほしい」といった言葉で縋ってやり直す事が出来たでしょうか?

やり直せていたのであれば今悩む事はないかと思いますし、仮にやり直せていたとしても再度別れを告げられるかもしれない…という状態に陥っている為に復縁屋ジースタイルのホームページに辿り着かれたのではないでしょうか?

別れ際の「別れたくない」という言葉や「もう一度考え直してほしい」という言葉は相手にしてみれば自分の事を考えてくれていないという言葉にもなります。

復縁したい相手にしてみればあなたとのお付き合いに関して一生懸命考えた結果出した答えですが、それを受け止めてくれる事をせず、自分本位に別れたくないという気持ちを押し付けている為に「別れよう」という言葉は覆りません。

別れ際に「別れたくない」という言葉が出てしまう理由も分かります。

そしてその言葉がダメだと言っている訳ではありません。

別れを決意される以前に別れを決意させる様な何かしらの要因があるからこそ復縁したい相手は別れを決意したのであって、部分部分で判断してしまっては本当の原因に気付く事が出来ないのです。

そして本当の原因には自分本位の考え方であればいつまで経っても気付く事が出来ず、いつまで経っても気付く事が出来ない以上、復縁は難しいモノとなってしまいます。

先程の「別れたくない」という言葉は自分の目的(別れたくない)を果たす為の言葉になります。

自分本位の考えで復縁を望んでもいつまで経っても相手は振り向いてくれず、相手の事を考える事が出来なければいつまで経っても復縁したいという言葉を連呼するだけで終わってしまいます。

復縁の正しい考え方とは

復縁の正しい考え方とは人間同士の関係を築く上で一番大切な相手の事を思い遣る気持ちであり、相手の気持ちを考慮した行動をする事が出来て初めて人間関係というモノが構築されていき、復縁に繋がります。

その為には別れた原因を解明し、別れた原因である部分を改善に向けて努力していく事が出来なければ復縁したい相手との人間関係を再構築していく事は出来ません。

失われてしまった信頼を取り戻す為にはその倍以上の時間をかけてでも信頼を取り戻す事が必須だと世間では言われていますが、復縁に関しての信頼は時間ではなく、本人の気持ち次第で取り戻していく事が出来るのです。

失った信頼を取り戻す為のかかる時間は失った時間の倍ですが、何故倍の時間がかかるか?という事を考えた事はありますか?

失った信頼というモノは信じていたモノを裏切られてしまったという心理的な部分を取り戻す為に要する時間が必要なので倍の時間がかかりますが、復縁に関しての信頼はどれだけ復縁したい相手の事を思い遣る事が出来るかどうか?で取り戻す事が出来るのです。

復縁で取り戻せる心

例えば浮気をした事が原因で別れを決意されてしまった場合、復縁したい相手に対する気持ちが揺らいでしまったから浮気をされてしまったのだと思いますが、その気持ちを消し去り、復縁したい相手だけの事を想う気持ちを持つ事が出来れば復縁で心を取り戻す事が出来ます。

ではどの様にあなたに対する失われた心を取り戻せば良いのか?という問題ですが、一つ一つを挙げていけばキリがなくなってしまう為に大まかに説明させていただきますと、相手の事を心の底から想い、その想いが復縁したい相手に通じた時に、もう一度あなたの事を見直してくれるという事です。

これは当たり前の事の様に聞こえるかもしれませんが、そもそもの人間関係の構築の際にあなたの事を好きではない人に対してあなたは愛情を持って接する事をしますか?

それと同様にあなたが愛情を持って自分本位ではなく相手の事を思い遣るからこそ相手はあなたの気持ちに気付き、あなたの心の変化に気付くのです。

自分の目標として復縁したいではなく、相手が復縁したいと思える様な人間に成る事が復縁にとって一番大切な部分であり、この部分にテクニックや復縁工作などの手法を用いる必要はありません。

復縁工作はそれが出来ていない人に対しての復縁サポートツールであり、復縁の為のテクニック等に頼る事も相手の事を思い遣る気持ちが自分にない為に繋げていく為のツールという認識で活用しなければ、復縁したい相手は、あなたの努力などを見てくれる事はありません。

復縁で大切な人の心を取り戻す為には小賢しいテクニック等を駆使しようとするのではなく根本的な部分を理解しなければ心を取り戻す事は出来ず、心を取り戻す事が出来ないという事は復縁に至る事はないのです。

問題が発生した時どの様に回避する?のまとめ

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

目的を持って復縁に挑む事と原因を解明して復縁に挑む事のどちらが正しいのか?

ここまで読んでいただけた方であれば復縁問題でこの悩みを抱えている方であればどういった気持ちで復縁に挑めばいいのかどうか?という事をご理解されたかと思います。

ただし、誤解されないでいただきたいのは目的を持って行動する事が全てダメだと言っているわけではありません。

目的を遂行する事に関しては途中で人が何かしらの関係を持つ事であっても誰かをどうにかする為の目的を持って挑む事がダメだと申し上げているだけであり、プロ野球選手になりたい…プロサッカー選手になりたい…といった自分がどういう人間に成りたいか?という事に関しては決して間違いではありません。

但し、復縁に関しては自分がどうにかなりたい(自己改善)という目的が最終的な目的ではなく、自分がどういった人間になった(自己改善成功)から目的(復縁)が叶う訳ではありません。

目的はあくまでも復縁であり、復縁は自分が自己改善が出来たから成功するものではなく、あくまでも復縁する為の要素の一つに自己改善というモノがあるのだという事を忘れてはいけません。

どういう人間に成りたいのか?それが復縁したい人の目的ではなく、誰かと復縁したい。これがあなたの目的のハズです。

目的の持ち方によって考え方や目標なども変えていかなければならず、こういった事にいつまでも気付かなければ復縁に辿り着く事はないという事が言えます。