復縁したい人との思い出の強さが復縁を考えさせる鍵になる事があります。あなたはどれだけの思い出を復縁したい相手に与える事が出来ていましたか?復縁したい人との思い出を振り返っていただき、復縁したい人が自分の事を思い出してくれるのか?キチンと復縁に繋がるのかどうかを考えてみて下さい。

復縁の為に思い出を考えてみる

好きな人と別れてしまった…出来る事ならもう一度、好きな人と復縁したい!どうしたら復縁出来るのでしょうか?復縁したいけれど距離の縮め方が分からない…このままで復縁出来るのかが不安だという方は沢山いらっしゃいます。

復縁する為に距離を縮める為に何をするべきかを悩んでいるのであれば思い出を振り返ってみましょう。

○復縁したい人との思い出から距離感を考えてみる

お互いに冷静な関係になるにはどうすれば良いのか?という事を考えなければなりません。

恋人同士の関係であれば、いつも傍にいた存在がいなくなる…当たり前にあったモノがなくなってしまう…心にポッカリと穴が空いた様に恋人への大切さを再認識する事になるでしょう。

離れる事で今までの関係が、どれだけ大切な物だったのか?と冷静に思い直す事に復縁したい側は時間もかからずに気付きますが、別れを切り出した側は、その関係に対して思い直す時間がどれだけあるのか?復縁したい側をどれほど必要としていたのか?に気付くには時間がかかってしまいます。

残念な事に復縁したい側の事を別れを切り出した側が思い出そうとする事は少ないかもしれません。

関係の濃さがここでは重要になってきますが、復縁したいと思う方と別れを切り出した方の関係が薄ければ薄い程、思い出してくれる事はありません。

自分と復縁したい相手はどの程度の関係だったのか?と冷静に分析する事が出来るのは過去の思い出になってきます。過去を分析する事で復縁したい人との復縁の為に何をすればいいのか?という事に気付くかもしれません。

復縁したい相手との距離が思ったほど希薄だったなら…

過去を振り返った時に実は自分と復縁したい相手とはあまり距離か縮まっていなかったのではないか?と気付く方もいらっしゃるかと思います。

復縁したいと強く願いつつも復縁したい相手は実は冷めていた…という事も恋愛が終わった後に気付く事があります。

恋人同士の関係であれば気付かなかったものが、恋人同士の関係が終焉した際に気付くのは皮肉なモノですが、恋人同士の関係の濃さは恋愛をしている本人には分からないものです。

あまり濃い関係ではなかったな…と気付いた時に、復縁したい!!復縁したい!!と相手に気持ちをぶつけて復縁に繋がる事はありません。

この状態で復縁したいのであれば、それこそ一旦距離を置き、まずは忘れられない存在にしていかなければなりません。

忘れられない存在になる。

これが恋愛関係が希薄な場合の復縁のポイントになります。

冷静に対処出来る様になったなら…

もう吹っ切れてるんだ!!と思わせると復縁したい相手は、別れを切り出した事に対しての罪悪感を取る事が出来ます。

別れを切り出すのは相当にパワーを必要とし、片一方が関係が良好だと思っていたものに対して別れを切り出すのですから、それに対する罪悪感も抱えてしまいます。

傷つけない様に別れよう…別れ話をしたらケンカになるかな…?別れ話を切り出した事がある人は少なからずこういった想いを抱えた事があるのではないかと思いますが、どういえば綺麗に別れられるだろう…と一度は考えた事がある人も少なくはないと思います。

こういった気持ちに対して、罪悪感を失くしてあげる事は復縁したい相手にとっても有益なものとなり、少なからずあなたに抱いていた罪悪感を失くしてあげる事であなたとの関係を別れた後に無下にしようとはしません。

別れた後に相手の気持ちを考えるのはとても難しいよ…そんな余裕は自分にはないよ…と思われるかもしれませんが、復縁したい相手から嫌われない様にし、別れた後も良い印象を持たせる事からも、付き合っていた当時を美化させる事にも繋がり、復縁を考えさせる1つの要因になってきます。

復縁したい相手はあなたと別れる決心をしたのです。

別れたのですからゼロからのスタートです。

愛情も0になります。

そこからスタートなので、もう一度、振り向いてもらう為には少しでもあなたの事を良く思ってもらう為にポイントを稼がなければなりません。

その為に必要な事であれば、どんな事でもしなければなりませんし、あなたを魅力的な異性だと思わせる為に、少しでもポイントを稼ぎ、復縁を意識させていかなければなりません。

自分にとっては辛い事…でも相手が喜ぶのであれば…そういった精神が時には重要になり、復縁を意識させるきっかけにも繋がるのです。

積極的に「好き」アピールをせずにお互いの関係を修復する事

復縁する時に復縁したい…あなたの事が好きなんです…といった「好き」アピールはなるべく控えなければなりません。

復縁したい相手があなたに好意がないにも関わらず「好き」アピールをすれば、一歩引いてしまう事や、あなたとの関係を疎遠にしてしまう可能性があります。

復縁したいと思っている気持ちは、なるべく隠し、友人として関係を築いていく事を忘れない様にして下さい。

友人として魅力的な異性になり、友人として尊敬できる人になる。恋人とは異なるのでは?と考えられるかもしれませんが、まずは復縁を焦らず少しづつ階段を登っていく事を心がける様にしましょう。

想いを告げるのは復縁出来ると核心出来た時に、それまでに溜め込んだ想いを復縁したい相手にぶつける様にし、その想いをぶつける瞬間を少しづつ築いていく事が重要になります。

復縁したいという気持ちは相手の事を考えるよりも自分本位の考えになりがちで、視野を狭くしてしまいます。

大事な事は焦ってはいけません。

全てのエネルギーを溜め、来るべき時に備え、来るべき時が来る様に冷静かつ沈着に行動を起こしていかなければなりません。

別れ際にはこじれないような別れをする事

別れ話が出る前に、そろそろ別れ話を切り出されそう…と察しの良い方もいらっしゃいます。そんな時は復縁の為に別れ際に気を付けて、復縁に繋がる行動を起こしましょう。

復縁するには別れ際が重要なケースは多々あります。

別れそうになった際に無理に引き止め様として、関係を拗らせてしまい、復縁を考える事は難しいと思わせるよりも、関係を拗らせずに復縁する為に一度別れを決意するという手法があります。

別れる時に関係が拗れていると復縁を考えさせる事は難しいのは、周知の事実です。

別れたいという気持ちと別れたくないという気持ちがぶつかり、意見の食い違いからケンカに発展するという事も少なくはありませんし、ケンカに発展しなくても良い印象を与える事は出来ません。

悪い印象しか与える事が出来なければ、後々悪い印象しか持たせる事は出来ず、復縁を考えさせる要素すらも消してしまう可能性があります。

別れ際は記憶に残り易いので特に注意しなければいけません。

相手の事が好きなのに別れを承諾する事が辛いのは分かりますが、その別れを一旦距離を置く冷却期間の様に考えてみてはいかがでしょうか?好きな人の気持ちを取り戻したい、繋ぎ止めたい思いはあるかと思いますが、相手の気持ちを汲んであげる心の余裕を持つ事も時には重要となります。

無理に繋ぎ止めて、関係を継続させてした所で、一度別れを決意した気持ちを変える何かしらの要素がなければ、また別れを切り出されてしまう事もあり、大切な人との関係を継続していきたいと考えるのであれば、その場は承諾したフリをして一旦、距離を置く事も視野に入れなければなりません。

その場の感情のまま行動しても、良好な関係が得られる事はないので、感情的にならずに冷静に行動する事を忘れない様にして下さい。

自分本位な感情を改め復縁へ

暴言を言う人との復縁~見守る母性を持つこと~