復縁の裏ワザというものは実際には復縁する為のテクニックになります。

復縁する為のテクニックというモノは基本部分を抑えるからこそ効果のあるモノですが、基本部分を抑えないでテクニックに走ろうとした所でテクニックは全く効果をなす事もなく、逆効果になる恐れもあります。

復縁したい人が一番気にする復縁のテクニックは冷却期間についてを知ろうとする方がいますが、このテクニックを何故使うのか?そしてどの様な効果を表して、その効果からどの様な見込みを持てるのか?

テクニックに頼ろうとするあまり、復縁する事が目的ではなく、冷却期間がどうして必要なのかという事だけを気にします。

インターネット上には冷却期間は〇ヶ月空けた方がいい…という事や〇ヶ月空けたら復縁成功した!!といった様な記事を良く見かけますが、何故〇ヶ月の冷却期間を空けているのか?といった理由がぼやかして書いてある事があります。

たまたま〇ヶ月後に復縁したい相手と偶然出会ったから復縁出来た。というのであれば〇ヶ月の冷却期間は本当に必要だったのか?という疑問を持たなければなりません。

もしも〇ヶ月も待たず、数日後に再会した時にゴメンという一言が言えていたなら復縁出来ていたのではないか?という疑問もあり、〇ヶ月も空けていた事は本当に正解だったのか?という事を考える人は中々いません。

弊社にも復縁相談の際に、どの位の冷却期間を空ければ良いんですか?と復縁テクニックを気にする人がいますが、良く良く話しを聞いてみると「冷却期間を空けたら忘れ去られてしまいますよ?」という様な状態にも関わらず冷却期間を空けようとしている方が多いのです。

その状態で〇ヶ月の冷却期間を空ければ復縁出来ると思っているという状態自体が危ういですし、状況を何も把握せずにテクニックに走ろうとしている事に危機感を持たれていない方が多くいらっしゃいます。

危機感を持っているからこそ冷却期間をもってしまったら自分が忘れ去られてしまう…という事に繋がっているハズですが、自分の状況を理解していないからこそ冷却期間というテクニックに頼れば復縁出来ると勘違いしてしまいます。

復縁テクニックというものは状況を自身で把握していて、その為に何をすればいいか?といった事に対して初めて意味があるモノであり、自分が追いつめられたから復縁テクニックを使って一発逆転を狙う様なものではありません。

復縁に一発逆転がない以上、テクニックを使ったから復縁に繋がるという訳ではなく、一発逆転がない以上、徐々に復縁へと近づかせていき、結果的に復縁に繋がるものです。

復縁に一発逆転を求める方が復縁テクニックを求めるのですが、一発逆転を求めている時点で1人では復縁が難しいと考えている状態という事に繋がり、それはつまり、このまま自分一人で復縁を目指した所で復縁出来ない事を自覚しているという事にも繋がります。

自分一人で復縁が難しい事を自覚しているのであれば誰かに頼らなければなりません。

1人で復縁を目指す事が難しいと気付きながらもいつまでも一人での復縁を目指すようでは正直復縁成功する確率はほぼないのではないかと思います。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

冷却期間について

復縁工作の依頼をする人