復縁したい状態の時、復縁したいと伝えなければ復縁に結びつく事はありません。

しかし、復縁に結びつかせる為の言葉も気持ちの持ち方によって復縁したいという言葉を伝える事が出来ません。

復縁したいという純粋に「自分の要求」を伝える事だけで復縁したいが叶うのではなく、復縁したいと思わせる何かしらの要因を付けるからこそ復縁しても良いかなという気持ちを返してもらえます

復縁したいと思わせる何かしらの要因は復縁したいなら以前の自分ではダメだという事に気付き、以前とは違う自分になった状態を見せる事が出来たという自信を持って復縁したいと伝える事と、「これから変わるから見て欲しい」と伝える復縁したいでは同じ言葉も全く違う言葉として捉えられます。

復縁したい相手は今までに何度もチャンスをくれていたはずですが、そのチャンスを活かさなかった為に別れる決断をしました。

今迄にチャンスを何度もくれていた人に対して、もう一度チャンスを下さい。【これから】絶対に変わるからと縋った所で「今迄に何度もチャンスを与えたのに変わってないじゃないか」としか思われません。

これから】と、また口先だけで変わるかどうかを待っている時間はありませんよ。というのが復縁したい相手からしてみれば当たり前に感じるのは当然の事ですが、復縁したい人は自分が変わるという未来の約束できない約束を担保にして復縁を迫ります。

未来の約束できない約束を担保にする人と復縁した所で復縁したい相手は苦労するのが分かっています。

だから復縁したいという言葉に対しても復縁を考える事は出来ません。と返答されてしまい、復縁する事は出来ません。

復縁屋に復縁工作の依頼をする人の中には自分が未来の約束を約束出来ないにも関わらず復縁屋に未来の約束を求めます

自分は変わる!!という未来の約束を今現在出来ていて、自分は変わった!!!という事を伝える事が出来ていれば復縁を考える必要はないのですが、自分は変わったから復縁工作をして欲しい!!という人はほとんどいません。

復縁したいなら復縁したいなりに出来る事は沢山有りますが、それを考えようとしない事や復縁を簡単に考えていれば、復縁したい時に必要な気持ちの持ち方について何も分かりません。

復縁したい…本当にそう思うのであれば何をどうすれば良いか?ここまで読んでいただければ理解出来るのではないでしょうか?

■⇒復縁するからには認める事が必要

■⇒好きと執着は一緒ではありません。