復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

何事も「石橋を叩いて渡る」ということわざがあるように、地道にコツコツと進んでいくことが大切です。これは、復縁活動においてはとても大切なことだといえるのではないのでしょうか。

復縁するにはとても高いハードルを越えていかなくてはなりません。とても困難で険しい道のりと言っても過言ではないでしょう。

そんな難しいとされる復縁を、何の準備もなく、闇雲に実行しても、余程の運や能力の持ち主でなければ、まず正しい方向に進めることはありません。

復縁は特にいえることで、いきなり元カレ・元カノに「復縁してほしい」と自分の想いを一方的に伝えてしまうだけでは、失敗する可能性は非常に高く、いや厳しい言い方をすると、復縁が叶うことはありません。

万が一、復縁を望んでいるあなたが、復縁したいと考えている相手とメールやLINEあるいは電話なりの連絡手段があるのであれば、少なくともまだ復縁の可能性があるとは言えます。

しかし、元カレ・元カノとの関係がそれほど悪くないそんな場合でも、身勝手な想いで一人先走ってしまう行動を起こす事で、元カレ・元カノとの距離感はさらに広がる事は言うまでもありません。最悪、音信不通になってしまう可能性も十分に考えられます。

復縁したいと望む人によくありがちなことは、元カレ・元カノとはとっくに別れているはずにも係わらず、未だにまだ付き合っている感覚のままであるということです。

この邪魔な感覚は一刻も早く取り除くことと、すでにパートナーとは決別してしまっている事実、そしてもうパートナーではないという事実をしっかり自覚しなければなりません。

元カレ・元カノと復縁を望む自分は、もう同じ方向で同じ道を歩んでいるのではなく、現在元カレ・元カノは、違う道を選択し進んでいるのです。元カレ・元カノの気持ちは、復縁を望む人と同じところには既にありません。

つまり、別れてしまった後は、もう復縁したい相手のことを干渉することは出来ませんし、別れた当時の相手ではないということです。

復縁に焦りは禁物とされています。

それは、パートナーと破局した直後からは、別々の人生がスタートしたことを意味し、復縁を目指すのであれば、1度距離を取り、元カレ・元カノとの心の距離を少しずつ埋めていくといったつまりは、いきなり復縁するのではなく、新たなパートナーとして付き合うように、時間をかけてアプローチしていくことが重要なのです。

正しい方向に、正しい考えを持って、正しい方法で真剣に復縁を目指すのであれば、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルで全力でサポート致しますので、現在復縁したいと悩んでいる方、まずはご相談下さい。

■⇒縁を切りたいときに使える、別れさせ工作

■⇒復縁工作だけでは復縁は望めません