復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

物事や、何かを人に説明するのを得意という人はあまりいないかもしれません。また自分で説明下手と気付いていない人もいるかもしれません。

復縁したいと強く望んでいる人の考え方で、「自分なりにしっかりと考えている」「間違いないはず」というような事柄であったとしても、その事実が、復縁したい相手に「正しく伝わっていない」「間違って伝わっている」復縁したい相手が「理解出来ない伝わり方になっている

このように、復縁を望んでいる側の考え方、復縁したい相手に対しての伝え方にに問題があることが多々あります。

復縁したい相手に、自分の想いが正しく伝わらないのであればしっかり考えた上であっても復縁したい相手に対して正確に伝わっていないのならば、コミュニケーション自体が成立していないことと同じになります。

復縁したい相手に対し、正確に物事を伝えたいと思って、情報を一つ残らず話し、説明しようとしてしまうことをやってしまいがちです。

情報を一つに絞る事が大事ではないんでしょうか。情報をちりばめてしまうと何が大事なことなのかわからなくなってしまいます。

復縁したいと望んでいる方の陥りやすい復縁したい相手への自分なりの説明であったり、コミュニケーションが相手に伝わらないと誤解や、勘違いといった問題にもなりかねませんし、それがキッカケで復縁も難しいと言う事にもなりかねません。

復縁したいのであれば、そのような問題も少しずつでも改善していかない事には復縁はとても困難になるものと思ってもいいすぎではありません。

説明下手に当てはまらないか確認して見てください。

ものごとを正確に理解しようという意識が弱い

自分が理解していない事は、当然復縁したい相手にも伝えることは出来ることはありません。漠然とした関心で情報をインプットする時点で説明下手は決まってしまいます。

プライドが高い人に限って説明下手

自分に都合の良いように物事を理解し、都合良く人に話すことで正しい情報ではなくなり、真実が伝わらなくなります。偏見やこだわりを持たずに、素直な気持ちで話すことが大切です

主語を抜いて話す
誰が?何を?した。ということは基本中の基本です。

声が小さい
復縁を望む人に多いかもしれませんが、自信のない人にありがちです。会話に集中できなくなります。

「あの~」「えーっと~」「あっ」などの口癖
無意識なので一度自分の話を録音してショックを受けるのが一番の改善方法になるんではないんでしょうか。

完結で分かりやすい方法はよく言われるように5W2H
余計な説明は不要で、これだけで情報は伝わるはずなんです。
「Why(なぜ?)/What(何を?)/When(いつ?)/Who(誰が?)/Where(どこで?)/How(どうやって?)」となります。

結論を意識して話す
結論を導く為に必要な情報だけを伝えるようにする為で、余談はなしです。

復縁したいと望む人は、上記の事についてもっとしっかり考える必要があるんではないでしょうか。

自分ではこう考えている、という事やただ単純に復縁したい、相手と会いたい、という事ばかりを優先し考えていて、そのことが復縁したい相手にどう伝わるのか?相手にどう伝えるか?という事を重要にしていません。それでは、復縁したい相手に誤った情報として伝わるのは仕方がないんでは?

別れてしまったという事実がある以上相手とのコミュニケーションに問題があったことは明らかで、そこから現実をしっかり見つめ直し、改善する必要があるのではないでしょうか?

物事には原因があるから結果があります。

復縁したいと望む人はその原因の部分をもっと真剣に考える必要があります。自分自身がどう思っているかを考えるのではなく、復縁したい相手にどう伝わるか?復縁したい相手がどう感じてくれるのか?

を真剣に考える立場であるということと、本気で復縁を望むのであれば自分自身を見つめ直して改善しなければならないという事を強く認識しなければなりません。

本気の復縁を考えているのであれば、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへご相談下さい。全力でサポートさせて頂きます。

■⇒復縁屋の復縁相談者

■⇒復縁依頼する方の情報は誤りが多い