復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁を望む

復縁屋別れさせ屋ジースタイルでは、復縁したい相手に新たな恋人がいてどうしていいのかわからず相談してくるお客様も増えてきました。

確かに、どんなに長年付き合っていたとしても、結婚して夫婦関係であったとしても、別れてしまえば、相手が他の異性と親しい関係になったとしても、復縁したいからといっても一切口出しする事はできませんし、その領域に踏み込むことをしてはいけません。

復縁したい相手が他の異性と連絡を取ろうが、誰と付き合おうが、それは復縁したい相手の求めていることで自由なのです。復縁したいからといってその人の行動に制限させることは不可能なんです。

別れてそんなに経過していないにも係わらず、すぐに新しいパートナーができる人もいます。時間が経緯しているのであれば、その可能性は十分あってもおかしくはありません。

自分が復縁したいからといって、新たな気持ちで充実した毎日を過ごしている復縁したい相手の気持ちを取り戻すことはできません。仮に、焦って連絡をしたり、そこで復縁したい旨を伝えたり、必死に引き止めようとすることで、印象だけが悪くなり、確実に嫌悪感をもたれるに違いありません。

では、復縁したい相手にパートナーがいた場合どうすればいいのか?

復縁したい相手に恋人がいたとしても、復縁までの道は困難ではありますが、可能性がゼロではありません。

タイミングを見極め、状況に応じた正しい進め方をすることで、復縁までの道筋をつけることは可能なんです。しかし、その為に少しずつ復縁に向けての土台作りを慎重にしていかなければならないことは事実です。

冒頭で述べたように、復縁したい焦りから、復縁したい相手の状況を考えず自分本位の自分勝手な考えで行動することで復縁できる環境さえ整えることが難しくなります。
というか、復縁できる可能性が低くなってしまうでしょう。

たとえ復縁したい相手と連絡手段があり連絡可能だからといって電話やLINEで復縁に繋げようとしたとしましょう。すると、復縁したい相手には恋人いるわけです。まず一番に考えるのはその恋人なんです。中には罪悪感から元彼、元カノと言うことで警戒心がうまれてきますして避けるようになります。返信が来なくなるだけでなく、「恋人に悪いから、もう連絡できない」とはっきりと決別の可能性も拭えません。

この事実を受け入れたくない気持ちは理解できますが、一方的にメールやラインを送る形になってしまえば、最悪の場合、受信拒否やブロックをされる可能だってあります。

事実、弊社の相談者には連絡手段が無くなってしまった方からの相談は多くあります。

このような状態で相談に来られた場合、時間的な問題や費用の負担がお客様にのしかかってくる事となります。

その為には、まずはしっかりと復縁するための準備をすること、そして連絡が取れる状況を作っていることが絶対条件にはなります。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、復縁工作は勿論の事、復縁を可能にする為には、復縁したい相手とのパートナーとの関係を終わらせる事が最重要課題になります。その為に弊社では別れさせ工作という特殊工作も扱っているんです。

別れ工作はあくまで、復縁する為の道筋をつけるプロセスの一環です。

弊社に復縁相談に来るお客様の中には、復縁を目的とするのではなく、復縁したい相手に対しての恨みや復讐心から別れさせ工作を依頼しようとする方もいらっしゃいますが、弊社としてはそのような目的の方の依頼についてはお断りさせて頂いています。

あくまで、復縁する為の過程での工作であって、復縁を本気で望む方の切実な要望で初めて別れさせ工作というものがいきてくるものです。

恋人への罪悪感を感じさせない距離感が重要になる、重要なのはそのあとの行動です。

復縁したい相手に恋人がいる場合は、一気に距離を縮めようとする事は厳禁ですので「定期的に連絡が取れる距離感」を意識するようにする事が重要です。

当然、弊社でも復縁したい相手との関係を保っていく為、復縁したい相手に恋人への罪悪感を感じさせないようにやり取りをするの適切なアドバイスをしていきます。
元恋人としてではなく、あくまでも友人関係として連絡をしているという感覚を復縁したい相手に持ってもらうようにしていきます。

復縁したい相手に対し誤解を与えるような内容さえ送らなければ、恋人がいても、「友達としての連絡で問題なし」という言い訳を与えることができますし、その過程でやり取りをすることの楽しさを感じさせ、付き合っていた頃の良い印象を抱かせたり、正しく変化を伝えることをさせることで、自然と復縁したい相手の中であなたの存在も大きくなっていきます。

最初の距離感を間違えなければ、あとはタイミングを見極めながら正しく距離を縮め、あなたの大切さに気付いてもらえるようにアプローチをしていくだけです。

復縁したい相手に恋人の存在があったとしても焦らずに、常に復縁したい相手の立場になって考えるようにする事が大切だという事をご理解下さい。

復縁したい相手がいる、その相手に恋人がいるということであれば、復縁屋別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

■⇒復縁したい相手が復縁を望まない事には・・・

■⇒自己中を認識できない相談者