復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの岩山です。

復縁を望む人は復縁したい旨の相談を色んな人に相談するようなのですが、共通の友人、知人は心配して一応耳は貸すことはしてくれますが、復縁に対しては非協力的で、「今は距離を置いた方が良いんじゃない?」「復縁は出来ないんじゃない?」等、何の根拠も無くアドバイスにならないアドバイスをするらしく復縁したいと望む人の想いがどれ程のものなのかは全く理解しようとはしてくれません。

結局自分自身で復縁の道筋をつけるしか方法がみつからないということが多いようです。

弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルへ復縁相談にこられる方にも友人等に相談したが、復縁に対しての温度差を感じているようで、プロである弊社へ相談してくるといった流れになるようです。

復縁するというのは、復縁を望む人と元カレ・元カノの問題です。

復縁を望む人の考え、想いは「元カレ・元カノともう一度よりを戻したい」になります。

その為には、元カレ・元カノともう一度良好な関係を築いてもらわなければなりませんし、当然その方が復縁の可能性が高くなることは言うまでもありません。

しかし、復縁を望む人の復縁に向けた行動というのは褒められたものではありません。むしろ復縁とは正反対の行動をとっていることに気付いていただきたいと思います

復縁という目的がありながら、何を望んでそのような行動にでてしまうのか?目的を見失っているのではないか?と理解できない行動をしている人が多過ぎるのも事実です。その結果、復縁したいと考えている相手との関係悪化につながり状況を悪くしてしまい復縁の可能性すら失ってしまっているのです。

元カレ・元カノにとりあえず自分の想いを伝えることが先決だ!、その想いを伝える為に連絡してみる、とりあえずもう一度会て話がたい、という行動は元カレ・元カノにもう一度好きになってもらうための行動ではなく、元カレ・元カノに自分に対しての情が少しでも残っていれば何とかなるのでは?と相手の情に縋る行為です。

この行動というのは、元カレ・元カノからは間違いなく嫌悪感を与える可能性が高く、仮に復縁したい相手に愛情?情?が残っていたとしても、それは破局前の話であって、破局後にとる行動ではないのです。

自身で復縁の為の行動を起こす人は、復縁が目的であると仰りながら元カレ・元カノに敬遠される行動、もしくは無意味意味な行動を復縁する方法として選択してしまっているのようです。

ですので、復縁を望みながら、状況が全く好転しなかったり、あるいはより状況を悪化させてしまうということになります。

元カレ・元カノに「泣いて縋る行為」「友人関係」「いつまでも待っている」という事を復縁を望む人は元カレ・元カノに切々と伝えます。

このような言動が、元カレ・元カノに響くと思っているのであれば大変な勘違いであることをわかって下さい。

元カレ・元カノに好きになってもらうための行動でもなんでもなく、元カレ・元カノの情に縋る行為であるということを。

むしろこういった行動のどこに相手に好きになってもらう要素があるのでしょうか?

復縁を望む人の考える復縁に向けた行動というのは既に元カレ・元カノに復縁してもらうための行動ではなく、元カレ・元カノの情に縋るための行為でしかありません。

本気で復縁したい覚悟があるのであるならば、元カレ・元カノにもう一度好きになってもらうためにはどうしたらいいかを真剣に考えなければなりません。

本気で復縁を望むのであれば、弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルで全力でお手伝いさせて頂きますので、ご相談下さい。

■⇒復縁を妨げる悲劇のヒロイン症候群とは

■⇒溝を深める喧嘩を回避する