復縁相談に来る人の中には復縁したい相手の気持ちが分かっているという人と、復縁したい相手の気持ちが全く分からない…という人がいます。

復縁したい相手の気持ちが全く分からない…という人は改善しやすいのですが、「私は復縁したい相手の事を分かっている」という人は自己改善がしづらいという傾向があります。

復縁したい相手の事を分かっているという人は何故別れたのでしょう?

相手の事を分かっているのであれば別れに繋がりませんし、復縁したい相手の気持ちを分かっているという事に矛盾を感じていない時点で疑問を感じなければなりません。

疑問を感じずに自分は復縁したい相手の気持ちを分かっている。という疑いを持たずに進んでしまえば方向性が見えてこないのは当然の事かと思います。

復縁したい相手の気持ちを知る事が出来れば復縁出来るのか?と言われれば必ずしも復縁出来る訳ではないのですが復縁したい相手の気持ちを理解しようとする気持ちがなければ復縁には届かないので必要です。

では復縁したい相手はどんな気持ちを持っているのか?

特定の人はどんな気持ちを持っているのか?特定の部分に関してはお伝えする事は出来ませんが、復縁したい相手が共通して持っている気持ちは復縁したくないという気持ちになります。

復縁したくない気持ちを持っているのが復縁したい相手の気持ちです。

その気持ちを変えさせるのは好きな人を初めて振り向かせる時と同様です。

あの人カッコいいな、あの子可愛いなという要素にプラスして「良い人だな」というものがなければなりません。

付き合う前に自分を磨く時、良い人になろうとしたり、優しさを出したり、気遣いをしていませんでしたか?

そういった部分を理解してもらう事が出来たので付き合うに至ったのではないかと思います。

復縁したいと思う時に人は何故か自分がしてきた事を忘れてしまいます。

復縁したい相手に対する良い人というアピールを自分は相手の事を知っているから…と思い込んでいる為に相手が望むであろう事を間違った解釈で相手に伝えてしまいます。

復縁したい相手の気持ちを理解するからこそ、復縁する為にどんな良い人になればいいのか?を考えていかなければならず、復縁したい相手の気持ちを全て分かっていると勘違いしないからこそ新鮮な気持ちで初めて告白する様な気持ちをもって挑まなければなりません。

無意識の行動は大問題です

冷却期間に鍛えるべき”聴く力”