本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへの復縁相談が増加している状況で、大切な相手との破局を経験し、その相手と復縁を強く望まれている方達には共通した事があります。

相手の立場に立って物事を考える事が出来ていたのか?」という問題です。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに相談される全ての方に当て嵌まるというものではありませんが、少なからず相手に別れを告げられた方の多くはこのように復縁したい相手の立場にたって物事を考えられずにいたと仰って、後悔している方が大半でした。

自分中心いわゆる「自己中」の考え方しか持ち合わせていないとなると、他人の気持ち(特に復縁したい相手)がわからず、人間関係には支障をきたすことは間違いありません。

しかし、自分のことだけでキャパオーバーだったり、人の気持ちを読み取ろうとする心遣いや読み取ることが苦手だったりすると、いつまでも「相手の立場にたった考え方」が身に付ける事はできないでしょう。

相手の立場に立った考えができないと言う事は、復縁したいと強く望む相手に対しても出来る事は無いということですから、「復縁」となると?がつきます。

復縁できるのならば、一生懸命努力するという発言する方もいますが、復縁できるのであればではなく、復縁したいのでその努力を惜しまない強い気持ちが必要なのではないのでしょうか?

苦手」なのならば、苦手を克服することが重要です。苦手の克服は簡単な事ではありません。

では、相手の立場に立って物事を考えられるようになるためにはどうしたら良いのか?
自分自身の成長の為、復縁に向けてのヒントになれば幸いです。

相手の立場にたって物事を考えられない、考えようとしない人には、「人の話を最後まで聞かない」という共通点があるんではないのでしょうか。

相手の話を最後まで聞かないうちに、相手に断りもなく勝手に口を挟んだり、自分の思い込みや主観で勝手な話をしてしまう傾向があるので、今相手が何を伝えようとしているのか?を理解しようともしてないので、いつまで経ってもわかることがません。

この段階ですでに判断出来ると思いますが、結果的に、相手の立場に立って物事を考えられないのです。

相手が話をしているわけですから、まずやるべき事は「相手の話を最後まで聞く」ではないんでしょうか?

自分の意見は、相手の話を聞いてからのはずなんですね。相手の話を聞いてあげることすら出来ないとなるとある意味重症です。相手はあなたの話を聞きたいのではなく話をまずは聞いて欲しいのですから。

これを改善するためにはまずは、相手の話に耳を傾けることを習慣付けることが重要です。相手が話している時に、横から口を挟みたくなっても我慢するしかありません。

実際に、心優しい、相手を思いやることのできる人というのは、常に相手を優先に考え、自分のことは後回しにしようとします。

相手が話している時は「まずは話を聞く」ということに集中し、頭の中に色んな考えが浮かんでも、「話を聞く」ということを優先するようにすることが大切です。

意識して習慣付ける」ことを実行していくことで、「相手が自分に何を伝えたいのか?」というのが見えてきて、相手の立場に立った考えが少なからず理解できるようになってくるはずです。

相手のために生きるということは、習慣付けられてない人にとってはとても苦しいことでもありますが、やはり人としてそのように生きることは美徳と言えるんではないですか?

復縁したい相手と本気で復縁したいのであれば最低限、相手の話を聞ける人になれるよう努力することが必要です。

申し訳ありませんが、相手の話を聞けることができれば復縁できると考えているのであればそれは誤った認識です。話を聞くことはさほど難しいことではありません。この先が大事になってきます。さらに努力する必要不可欠なことは山ほどあります。

次回、この先に必要なことを書かせていただきます。

■⇒会話が続かないアプローチを改善する

■⇒復縁したかったらコレをしなさい!!