復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへの復縁したい方からの相談が日々増えているわけですが、大切な相手との破局を経験し、その相手と復縁を強く望まれている方達には共通した事があります。

それは「相手の立場に立って物事を考える事が出来ていたのか?」という問題です。

先日、相手の立場にたって物事を考えられない、考えようとしない人には、「人の話を最後まで聞かない」という共通点があることをお伝えいたしました。
下記参照
↓↓↓↓↓
復縁したい相手の立場に立って考えられる人に①

相手の話を最後まで聞くことをしないことは、相手が今何を伝えたいのかを知る事ができません。相手の気持ちを知る事が出来なければ相手とのコミュニケーションが取れるはずが無いわけです。コミュニケーションが取れないということは関係が上手く行くわけありません。

以上のことを踏まえ、相手(復縁したい相手)の立場にたった考え方ができない原因をあげてみます。

何事にも自分のことを最優先にする人(自己中)は、他人の気持ちを考えることが出来ていません。つまりは、「相手がどう思うのか?」ということを、想像することができないということです。

例えば、「こういう言動した場合、相手がどう感じるだろう?」という想像力が欠如していることによる、「想像力の欠如」というものが考えられます。

復縁したい相手であろうが、その他、会話をしている相手の立場に立とうと考えたとしても、実際にどうしたら良いのかという発想ができないのですね。

事実、この発想が欠落しているのでは相手との会話が成立する事が少ないはずです。

他人の気持ちを考えることができないために、自分の気持ちを優先してしまうわけで、自分以外に意識を向けることができれば、自己中な性格も改善することができますし、想像力というものを少しでも働かせることができれば、他人の立場に立つことができるはずなんです。

これができないと、思ったことを何でも口に出してしまい、身勝手な言動してしまいます。言いたいことをズバズバ発言することで稀に好感を得る場合もなくはありませんがトラブルになる方が圧倒的に多いでしょうね。

復縁したい相手とはどうでしたか?破局に至るということはこのような言動を取っていたんではないですか?

相手から意見を聞かれた時に、それ相応の答えを導きだす事ができないのであれば、信頼を得ることもないのではないのですか?当然ですよね、相手の話には耳を傾けていないと同じなのですから。

復縁を強く望み、自身でこれを改善するためには、意識的に想像力を鍛える必要性があります。

ここで重要なのは、相手の気持ちを当てるということではなく、相手の気持ちを想像することです。

つまり、的外れでもいいので、周りの人に意識を向けることが大切なんですね。まぁ、あまり的外れすぎるとそれはそれで問題ではあるんですが。

しかし、このような相手の気持ちに意識を向けるだけでも、自己中心的な性格はかなり改善されるはずです。

自己中・・・他人に迷惑をかけても自分を優先する

マイペース・・・他人に迷惑をかけない範囲で自分に集中する

全く異なりますよね。人に迷惑掛ける自己中には全く持って共感できる人なんていません。

想像力を鍛えるために重要なことはいくつかあります。

相手の反応をよく観察をするということ

自分の感覚を参考にする

自分の感じ方とは、人によって捉え方や感じ方は異なりますが共通する事のほうが圧倒的に多いはずなのです。

例えば、自分が傷つく事は、相手も必ずいい気はしないと思います。傷つかなくとも嫌な気持ちになるはずですよね?ですので自分の感覚は非常に大事ではあります。

相手の反応を観察する事は、自分の言葉に対し相手がどういう感情を抱いているのかをしぐさや表情から読み取るようにします。感情をあからさまに出さない相手であっても少なからず情報は得ることはできます。

即効性のある方法ではありませんが、普段から心がけて地道に行うことによって、確実に想像力が鍛えられていけると思います。

意識して習慣付ける」ことを実行していくことで、「相手が自分に何を伝えたいのか?」というのが見えてきて、相手の立場に立った考えが少なからず理解できるようになってくるはずです。

様々な角度から物事を見るという習慣が付いているので、相手の立場を考えて行動することが当たり前の行為として身に付いていただければ幸いです。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、依頼者様の自己改善も同時並行して協力させていただいてます。

復縁を強く望み、復縁する為の自分自身の自己改善をも考えているのであれば、悩まずご相談下さい。