復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

復縁したい人が一番知りたい事、それは元カレ・元カノの気持ちだと思います。

元カレ・元カノが何を考えているんだろう?自分との復縁を少しは考えてくれているだろうか?復縁に未練を感じてくれてないだろうか?

復縁したいという人の多くは夢見がちです。

元カレ・元カノも自分の事をまだ少しは好きでいてくれてるのではなかろうか?

こういった考え方が出て来てしまう時点で夢見がちですが現実は厳しい事に気付き復縁屋に相談して来るのですが、復縁屋が現実を突きつけるとショックを受けます。

現実を受け入れなければ復縁出来るはずがないのに何故ショックを受けるのでしょう?

現実問題として別れを告げられ、復縁を迫っても受け入れてもらえず、相手があなたの事を好きであれば「友人としては好きだけど…」というレベルであって、「友人としては」という言葉がついているにも関わらず復縁を目指せるレベルと錯覚している方は非常に多いのです。

友人関係を築き上げていく事で復縁を目指すという部分においては間違っていませんが、友人として好きレベルを復縁出来るレベルの好きレベルと誤解したまま復縁を目指しても復縁出来るはずもありません。

元カレ・元カノの言う「友人としては好き」という言葉は「あなたの事は友達としては見れない」という言葉の裏返しであり、そこからどうにか復縁しても良いかな?と思わせる様に進めていく事が出来なければ復縁に辿り着く事はないのです。

友人として好きレベルを恋人の好きと錯覚したままに元恋人と接してしまい、嫌われてしまうケースは多く、そこにも気付けない人が何故1人で復縁を目指して成功するのだろう?という疑問を相談員は抱えてしまいます。

 

  • 復縁したいなら現実を見て下さい。
  • 復縁したいなら現実逃避しないで下さい。
  • 復縁したいなら現実を理解して下さい。

 

今、復縁したいという状況に陥っているのなら確実に元恋人はあなたの事を「恋人として好き」とは思ってくれていません。

復縁屋復縁相談に来る人全員にその現実を理解していただいていますし、現実を理解出来なければ復縁に辿り着く事はないのです。

悪質な復縁屋によっては現実を教えてくれず復縁工作をすればあたかも復縁成功率が上がるかのように話す復縁屋もあるようですが、復縁工作で如何にあなたの事を良く言ったとしても現実的に元カレ・元カノが別れた時のあなたと何も変わっていない事を知ったら復縁しても良いかな?と思ってくれる事はありません。

最終的に復縁するかどうかは現実のあなたを知って、現実のあなたと復縁しても良いかな…という判断をされてから復縁に繋がるのです。

今のあなたは胸を張って別れた時とは違う!!!と言えますか?

もしも言えるのであれば今スグに元カレ・元カノの所に行って「今の自分を見て下さい」と伝えてみて下さい。

相手から返ってくる言葉はきっとこうなります。

何にも変わってないよ。別れて正解

現実を分かっていない状態でいつまでも夢を見ていれば復縁が近づく事はありません。

本当に復縁したいと心から願うのであれば、あなたが復縁出来ない理由を良く考えてみて下さい。

現実を理解する事が復縁への第一歩である事は間違いないのですから。

■⇒長期的視点で、相手主体に考える

■⇒やってもらう事が快感と言う人