復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。

甘えや身勝手さに大切なパートナーを失う結果になってしまった・・・

後悔と反省の気持ちを必死で訴えたのに、復縁したい相手の心には響かないようでした。何が悪かったのでしょうか?」等、反省の弁、後悔、自己嫌悪の気持ちを我々相談員に対してとうとうと述べていくる方がいらっしゃいます。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁したいと相談してくる方です。

本気で復縁したいと望むのであれば、別れの原因があるあなたが一番に反省し、変わる事が大切なのはもう理解はしていると思います。

しかし、中々、自分が反省した事を復縁したい相手に伝えようとしても受け入れてもらえない事が多々あります。

口でいくら「ここが悪かったから改める」と言ったとしても、やはり行動、態度で伝える事が一番復縁したい相手にとっては説得力がある反省となります。

復縁したいと望む方からの復縁相談をお受けしていて、自ら「指摘されたこれは直した」「これも直した」などと言っているようではとても反省をしているとは考えられません。

反省をした態度というものは、復縁したい相手が見極めることで自ら伝える事ではありません。簡単に反省したということを口にできるその態度こそ、反省したフリと捉えられるのです。

と考えると、破局に至った理由が、自分勝手な行動をとってしまい、復縁したい相手を幻滅させてしまうといった方が、多いのも頷けます。

厳しい事をいうと、こういった後悔の弁や悲しみの弁「反省します!」といった言葉というものはいずれも、「自分に酔って出てきた言葉」にしか感じとることができません。

可哀想な自分、哀れな自分になって、悲劇を演じ、同情をかっている?そのように感じられるのです。

このように問題点を申し上げると、復縁を望む相談者に申し上げると、感情をむき出しにしてくる方もいらっしゃいます。

本当に反省しているし後悔しています!」「なぜそれを否定するんですか!」と。

完全に否定するつもりはありません。事実、反省や後悔の想いがないとは言いません。実際に悔やみ、自己嫌悪に陥っているのは事実なのですから。

しかし、復縁屋の相談員として長年この業務に従事している関係上、実際のところ、そのように許しを乞い、同情を求める姿は、残念ながら自分が救われたいがための行動としか捉える事ができないんですね。

悲惨な自分を見て欲しい」「自分の苦しみをわかって欲しい」「ここまで落胆し反省しているし復縁してほしい

そういった心情や魂胆が透けて見えてくるように感じます。何がいいたいかと申しますと自己中心的な感じがにじみ出てしまっているということです。
その想いには、復縁したい相手を想いや、自分自身を本気で成長させたいという想いが、残念ながら感じる事ができません。

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁したいと相談してくる方というのは復縁にこれから本気で取り組もうと感じられる方はごくごく少数なんです。

いつまでもこのような考えや態度で、弊社の協力の下であっても復縁する可能性は低いといっても言い過ぎではありませんし、当然、本気で復縁したいと熱を感じることできない方は復縁することが困難であることは間違いありません。

我々、復縁屋としては、一人でも多くの方に復縁して頂ける事が、最大の喜びであり、幸せでもあるのです。ですので、復縁する機会というものはそう何度もあるわけではなく、復縁の失敗だけは回避したい強い気持ちがあります。

しかし、復縁したいと望む本人としては、本気で謝罪しており、反省している《つもり》なのです。ですが、裏を返すと自身の心の中の奥底にある想いは、怒りにも似た不満の気持ち、復縁したい相手への依存した気持ちがある以上、どうにもなりません。

復縁したい相手に許して欲しいのは自分自身が辛いからでは?

「許してほしい、もう一度復縁して欲しい」と願うのは、復縁したい相手の為を思ってですか?

復縁したい相手を失ってしまったという辛さと同等かそれ以上に、自分の価値がないがしろにされた気がして、心に大きなダメージを負っているにすぎません。

あなたの辛さは、復縁したい相手を想ってのことではなく、自分自身が可愛い、自己愛の精神だけで、その自己愛という殻を破ってでも、復縁したい相手をただ純粋に想う感情を発揮しなければ、復縁というものは困難だと理解する必要があるでしょう。

■⇒破局後の「反省、悪い所は直す」は手遅れ

■⇒忘れることができないからこそ復縁したいのに