復縁を強く望んでいる人にお尋ねします。心の底から復縁したい相手を信頼していましたか?

復縁屋ジースタイルには、好きな相手との別離を経験され、復縁したいと強く望む方から相談を日々頂いています。復縁したい相手からの信頼を失い、別れを告げられるといった経緯を辿っている方が殆どではないんでしょうか。

ではどうしてそのような別れを告げられる結果になってしまったのか?この事実と正面から向き合っている人が少ないという事実があります。相手からの信頼を得る事、相手を信頼をする事は、恋愛や人間関係において、非常に大切なことです。

言うまでもありませんが、恋愛や人間関係というものは、「信頼」の上に成り立っているといっても言い過ぎではありません。

「恋人から裏切られるなんて考えられない」という安心感が、お互いの安定をもたらす基礎になるのですし、この信頼というものはお互い2人で構築するものであり、片方の信頼だけでは本当の関係を育むことはできません。

好きな相手であるのに、お互いの関係が終わってしまったということは、お互いの信頼関係が全く築くことができていなかったということの表れなのです。

付き合っている相手から復縁したい相手に変わったことはとても溝は深いと考えて間違いありません。

復縁したい相手に相談者であるあなたのことを信頼してもらえるように、まずはあなたが「信頼されるに値する人間」になる必要性があり、その為には自分の言動、行動、考え方、1つとってもすべてに誠実であることが必要となります。

恋愛を成就させていくときに、相手のことを信用できないというときがありませんか?付き合っている相手を信頼できない為に、「相手の嫌がるであろう、言動・行動を躊躇なく取ってしまう方」も多くいらっしゃいます。

言っていることとやっている行動が違う「言行齟齬」であったり、嘘をついたりするような偽者との人間関係は、言動や信念が一貫していないので一緒にいても落ち着かないもので、信頼に値しないわけです。

では、信頼できない相手と人間関係を築くには、どのようにすれば、良好な人間関係が構築できるのでしょうか?

信用できないには必ず理由が存在する

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

信用できない人と信用できる人、その違いは自分が相手を理解できるかできないか?になってきます。

話す度に矛盾に満ちた話をしてくれば、こちらは当然話の内容が理解できず、相手を信用できません。意図的な場合もあれば、平気で嘘をつく人もいます。

このような振る舞いをする人の多くは、相手のことを考えるよりも、自分優先に考える為、話を上手に組立てる事ができず、矛盾に満ちた話になってしまうという場合があります。

復縁したい相手との関係を振り返ってみて下さい。当て嵌まる事はありませんか?

人と会話の経験が少なすぎで、どう言えば相手にどう伝わるかがわからない場合も、会話が支離滅裂になることが多々あるんです。

または、自分に自信が無いので、事実よりも大きなことや小さなことを相手に言ったりすることで、
阿諛追従 (あゆついしょう)(相手に気に入られようと、こびへつらい、おべっかを使うこと)のように、自分に都合の良いように相手に思ってもらおうとして、事実から乖離した話しをする人もいます。

しかし、嘘や矛盾というのは、続けていれば、人間関係で大事な信頼がどんどん失われていきます。信頼の無い人間関係ほど、続けていく上で疲れるものもありません。

信頼を失うようなことをしてしまったときに、反省していて、一生懸命関係を修復しようとしてくれれば、もう一度信頼できる関係になることも可能なんです。

しかし、信用できないようなことを繰り返し、こちらがその行動を理解できないと主張しても、なおも続ける場合には、もう相手を信頼できないという思いが、心の中で強くなるだけでしょう。

信頼できる関係を作るには、信用できる自分になること

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

信頼できる関係を作るには、客観的に自分を見る事をして、その自分を信用できるかを考えてみると良いでしょう。

勿論信頼出来る関係を構築したい相手とは復縁したい相手ですよね?しかし、復縁したいはあなたであって、復縁したい相手は現在復縁を考えている訳ではありません。

もう一人の自分を客観的に想像することで、信用おけない自分がいる場合、どこが信用できないと思うのか?を考える、信頼されるには、どのような改善を加えれば信頼に値するようになるのか?ということを真剣に考えてみることが必要です。

嘘をつく愚かな言動、行動を行っていた人は、愚かな嘘をつく事をやめることで信用を得れるものと単純に考え、全てのことでバカ正直になることがありますが、誤解しないで頂きたいのですが、嘘をつかないということと、マナーを厳守することは、違うということです。

頭で考えていることであっても、相手を不快にさせない為に、思ったこと以外の言葉を投げかけることも少なからずあるはずなんです。

マナーとは、相手を不快にさせないという意図で行われるものです。別れを告げられてしまった方は、復縁したい相手の事を気遣いもせずに、馬鹿正直に手当たり次第自分の思ったことを伝えて不快にさせたということはありませんでしたか?

ただし、相手を不快にさせないと考えた時に、全て嘘をつかないように話しをしてしまうと、マナーが成立しないこともあります。

相手が完璧な人間であれば、考えていることと発する言葉が一致することでしょうが、世の中決して完璧な人間というのは存在しませんし、好みがある以上相手の捉え方は違うものですが、視野を広く同じものを見ていくと、段々とバランスはとれてくるものです。

信頼できる人間関係を作るには、まず自分が信頼できる人間になって、信頼できる人間はどのようなものかを知れば、信頼できないと思う相手との人間関係を築かなくなっていくことができるので、必然的に、周囲から信頼できない人間関係は無くなっていきます。

復縁したい相手を変える?という考えではなく、まずは自分の変化することで復縁したい相手を信頼することもできるようになってくることでしょう。

何度もお伝えしますが、復縁したい相手がいると言う事、これは、大切なパートナーを失ったということです。失う事になった原因を真剣に考えて下さい。

なぜそのような結果になってしまったのか、真摯に考える事が重要です。考える事もせずに前に進む事はありえません。

何を考えるか?」を考えるのも、復縁したいと強く望んでいるあなたです。

悩みぬいた上、どうしていいのかわからなければ、復縁屋ジースタイルにご相談下さい。弊社で復縁に向けて全力でサポートさせて頂きます。

電話相談後、その先が重要 その2

復縁した後の事考えてますか?