出来る人と出来ない人の差を知ってますか?

復縁出来る、復縁出来ないではなく、何事にも「出来る人」、何事も「出来ない人

出来る人と出来ない人の差は自分が出来る人だと思っているか?そうでないか?の違いがあります。

出来る人ほど自分は「出来ない人」だと認識しています。出来ない人ほど自分は「出来る人」だと認識しています。

出来る人は自分に対してストイックで、出来ない自分だからこそ必死に出来る様になろうと努力をします。

逆に出来ない人は自分は出来ると今の状況に甘んじてしまい、「本気を出せば出来る」「周りが気付いてくれない」と言い訳ばかりを行い、努力を怠ります。

復縁出来る人の特徴として自分に非がある…と認める事が出来る人は比較的復縁しやすい傾向にあり、自分に非はない…と認める事が出来ず、復縁したい相手の所為にする人は復縁出来ない傾向にあります。

もちろん自分に非はない…という人も一瞬は自分に非はある…と認める事もありますが、自分に非があると考えるのは本当に一瞬で、すぐに誰かの所為にしたり、本質的な部分で自分に非はないと思い、上っ面だけ自分に非はあると考えている人もいます。

復縁に限らず、出来る人は継続する事が出来ます。そして出来ない人は継続させる事が出来ません。

1つの事に気付いた後に気付いた事を「自分が出来ない人」だから努力を重ねなければならない…と考える。

だからこそ、その努力が身に付き、身に付いた努力が周囲の人からの評価となり、出来ないと思っている人は出来る人になります。

気付いた事をそのままにせずに自分の身に付ける事が自己改善にも繋がり、出来る人は復縁出来る人にもなり、出来る人は、そもそも復縁したいという状況に追い込まれ辛いという事もあります。

もちろん別れという経験を経て、どうしても復縁したいという気持ちを捨てきれない為に、復縁に関して出来る人に変わる事もあります。

復縁に関して出来る人は復縁したいという気持ちを強く持たなければ出来る人にはなれません。

復縁屋にしてみれば復縁工作をしても依頼者が何もしなければ復縁成功率は下がりますし、復縁成功率を上げる為には復縁したいと強い気持ちを持って挑むつもりでいなければなりません。

復縁したいという気持ちが強くなければ復縁工作の意味がなくなる事もありますが、復縁までの険しい道程で挫折してしまう事が多々あります。

復縁したいというのは一言ですが、その一言にシッカリと気持ちを乗せて復縁成功まで続けられる気持ちを持たなければなりません。

あなたは復縁出来る可能性がある人なのか?それとも復縁出来ない人なのか?

復縁についてのお悩みは復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

■⇒依頼者と対象者が入れ替わるケース

■⇒復縁工作、別れさせ工作は犯罪?