復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁した後の事を考えずに復縁したいと目先の復縁ばかりを気にしてしまうのが人間です。

目先の復縁を気にしてしまえば自分が復縁出来るかどうか?ばかりを気にしてしまい、もっと目先の問題につまづいてばかりで復縁には至りません。

復縁を目指す人は冷却期間という言葉を一度は目にした事があるかと思いますが、別れてから連絡を取る期間までを冷却期間と捉え、復縁するまでの期間を冷却期間と捉える事が出来ない人が多くいます。

復縁したいから冷却期間を設けるという図式がいつのまにか連絡を取るまでの期間を冷却期間と考えてしまうので冷却期間を設けて連絡をした所で復縁に至る事はありません。

何故冷却期間を設けて、その冷却期間をどの様に活用するのか?そういった事を考えるからこそ冷却期間は意味を成しますが、連絡を取る為の間の駆け引きの様にだけ冷却期間を設けると考える為に冷却期間の意味を良く分かっておらず、冷却期間を空けてもただ連絡をしなかっただけの期間として活用されてしまうだけになります。

冷却期間を知らない人からは復縁までの期間を冷却期間にしたら会えないし、会えなかったり、連絡を取れなければ復縁出来る訳ないじゃないか!!!という声が出て来るかと思いますが、冷却期間は会わない期間や連絡を取らない期間ではなく、頭を冷やす事や改善した自分を見てもらう為の準備期間なので、冷却期間中も連絡を取る事や会う事が悪い訳ではないのです。

ネット上に出回っている冷却期間は相手と連絡を取らない期間を指している事が多いのですが、復縁の為に冷却期間を設けるという事は復縁したい相手に以前とは違う自分を見せる為の期間で、お互いの関係を一旦フラットにしましょうよ。という事を指しています。

しかし、本当の意味での冷却期間が何故か連絡を取らなければ自分の事を気にしてくれるのではないか?という様な都合の良い解釈をする形に取られてしまい、冷却期間の意味を理解していない人達が冷却期間を何か月空ければ復縁出来ます。といった間違った情報が出回り、元々復縁したい人は自分に都合の良い事を取り入れたいと考える為に、その間違った情報が拡散されてしまいました。

冷却期間を設けるという事は復縁したい相手との復縁した後の事までもしっかりと考えるという意味も含まれています。

復縁した後に、どんな関係を作っていくのか?復縁した後に望む関係を作りたい…その為に何をすればいいのか?復縁したい相手との対応の仕方を変えてみるか?まずは連絡をどの様にとるのか?といった事も全て含んで考える期間ですから復縁した後の事までも考えなければなりません。

こういった事を冷却期間を設けているとい人の何%が考えているでしょう?復縁した後の事を考えず、とりあえず連絡するまでの冷却期間だけを考えて駆け引き上手を狙おうとしている目先の事ばかりを考えている人が復縁出来ると思いますか?

復縁したい相手は「復縁したい」と伝えた時に復縁した後の事を考えて、もう一度やり直しても良いかどうか?を検討します。

相手は復縁した後の事を考えて復縁を考える、それに対して自分が連絡を取れるかどうかだけを考えていれば、復縁したい相手は復縁したいとは思ってくれません。

復縁した後にこの人とならもう一度やり直せるかな?と考えてもらうのが復縁です。

それまでの期間に「この人ともう一度やり直しても良いかな?」と思わせなければならないのに、連絡を取る手段だけの期間を冷却期間と仰っていれば復縁は夢の又夢です。

復縁したいのか?連絡を取りたいのか?あなたはどちらを望んでいるのですか?一般的に言う冷却期間は冷却期間の間の一部の期間です。それを冷却期間と呼んでいる内は復縁は難しいと考えなければなりません。

復縁したいから心理学を学ぶ?

嫌われている事を理解しようとしない