復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁したい相手が存在して、復縁したいという気持ちはあるのだけれど、正直復縁していいものなのか?復縁しても意味がないのではないか?という半信半疑で復縁を考えている気持ちもがある人も中には存在することは事実です。

このように、復縁したいという気持ちはありながらも、心のどこかで「復縁しても別れそうだし、結局意味のない復縁なのかもしれない…」と考えてしまっている方は少なからずいるようですね。復縁する意味の有無の判断基準はどこにあるのでしょうか。

これに関しては、別れを告げられ振られてしまったあなた自身が復縁したいと思ってはいる相手と、復縁しても意味ないと思ってしまう原因、理由を真剣に模索することが非常に重要になってきます。

その他、自分自身傷つくのが怖くて行動を恐れてしまう方や、離れている時間が怖くてつい衝動的になってしまう方、しかし、これが一方通行の思いになってしまうと、残念ながら復縁したい相手に負担を感じさせてしまう事もあるのです。

復縁しても意味がないと考える理由」⇒「結局別れてしまう」であろうと考えてしまう原因ということになります。

ではどうして復縁したいと思っている相手と切に願っていたであろう復縁が叶ったとしても結局、別れるんではないか?と考えてしまうのか?その疑問をとにかく気持ちを絞り出すようにして考えることが重要です。

復縁しても、結局別れに至ってしまう方達の共通点というものがあります。

「復縁」の意味のありなしを判断する基準として、復縁しても別れると思ってしまう原因を真剣に考えるべきであると伝えました。

何故、こういったことを考える必要があるのかというと、運よく復縁して、結局別れに至っている方達はほぼ共通して、根本的である「別れた原因を解決できていない」といったまま間違った復縁をしているからなんです。

別れる前は相手に対して本当に嫌悪感を抱く事だったとしても、いざ別離ということになってしまうと、その嫌悪感が嘘のように美化されて全く気にならなくなる事があるようです。そして、嫌いになった相手であるのにも係わらず相手に好意を再度持つことで復縁するという方達は少なくありません。

しかし、このようにお互いが、何の成長もしないまま、過去の思い出が美化されたという理由で復縁した場合の殆どが、一度目とまったく同じ理由で別れてしまっているという事実があります。

勘違いしてはいけないのが、何も復縁自体が意味ないということではありません。

実際に、復縁から結婚までたどり着いたカップルはたくさんいます。ただ、そこまでたどり着けるカップルのほとんどは、過去別れた原因をしっかりと認識し、反省をし、改善する努力を怠らずきちんと見直して成長しているから意味のある復縁が出来ているのです。

だからこそ、別れるかもしれないという理由をしっかりと把握し、そこを改善してお互い成長していく必要があるということをしっかり認識し、理解する事がとても重要になります。

原因を解明し改善するなんて面倒」とか「自分は悪くないから変わる必要はない」と考えるのであれば、復縁を考える必要はありません。自分の変化を復縁したい相手に感じさせる事ができなければ何の意味もありません。。

それに対し「過去を振り返って自分が悪かったところをしっかり改善していきたい!」と思えたのであれば、絶対にあなたは意味のある復縁ができます!

ですので、あなたが『あの人との復縁は意味ないんじゃないか?』と思っているのであれば、別れてしまった原因をきちんと考え、それを改善していこうと思えるかを一度自分で自分に問いただしてみてください。

そうすればきっと、あなた自身が復縁したい相手と復縁するべきかそうでないかをしっかり認識する事が出来るはずです。

また、相手にも未練が残っていたり、別れてからあなたの大切さに気付いてくれた場合を除き、何かをしただけで一瞬で人の気持ちが変わることはありません。

しかし、一度本気で別れを決めた相手の気持ちは、時間を掛けてでも少しずつ取り戻すしか方法は見当たりません。

根本である別れに至った原因や相手の性格、付き合っていた期間、別れてからの期間、現在の関係性など、それぞれ状況が違うので、自分に必要な行動を理解して、正しい判断で様々なことを積み重ねる事が大事です。

コミュ障でも復縁できるか?

復縁出来るから努力する!!ではない